水温は?気をつけることは?12か月・沖縄の海の表情まとめ

  • 6096 |

サンゴに囲まれ、エメラルドグリーンの海が広がる沖縄。
きれいな海を見ると、ついつい入りたい、と思ってしまいます。
沖縄といえども四季があるので、冬の時期はさすがに泳げません。

海の様子を月ごとにご紹介します。

1月

水温は24度ほどとだいぶ冷たいため、水着では泳げません。
ほとんどのビーチはクローズ。
砂浜でのんびりとしたり、海に足をつけたりぐらいならできますが、
海のそばは風が強く、寒く感じることも。
スキューバダイビングやシュノーケリングなどの海のアクティビティでは、ウェットスーツを着用します。
ウェットスーツの中にさらにインナーで濡れてもいい服や、フードつきのウェットスーツを着ると暖かいです。

2月

海水の温度が下がるため、プランクトンが減少し、海の透明度が高くなります。
水温が低いため、水着で海水浴をすることはできません。
ウェットスーツを着用してダイビングやシュノーケリング、サーフィンなどを楽しむことができます。
カヤックなどから海の中に泳いでいる魚や海底のサンゴを見ることもできます。
また、クジラが繁殖する時期でもあるため、ホエールウォッチングもおすすめです。

3月

気温は上がりますが、海はまだ冷たいです。
特に3月上旬は、ウェットスーツなしで海に入るのは厳しいです。
ダイビングやシュノーケリングのほか、SUPやバナナボート、カヤックなど、
ずっと海に入っていなくてもいいマリンスポーツがおすすめです。

石垣島では3月中旬に、日本一早い海開きが行われます。
沖縄本島の海開きはだいたい4月に入ってからですが、
早いビーチだと3月最終週に海開きを行うところもあります。
とはいえ、水着だとまだ少し水は冷たく、陸に上がると寒く感じるでしょう。

4月

4月中旬までにほとんどのビーチが海開きを終えます。
海開きが行われると、ビーチハウスがオープンし、ビーチにライフガードが常駐します。
海水浴も安心して楽しめます。
マリンスポーツなども本格的なシーズンを迎えます。
とはいえ、まだ水温が低いため、ずっと海に入っていると寒さを感じます。
長時間の遊泳の際はウェットスーツを着たほうが快適です。

5月

まだ少し水温は低いですが、海で遊べます。
長時間海に入っているときは、ウェットスーツを着たほうがベターです。
沖縄にはあらゆるマリンスポーツが揃っています。
バナナボートやシュノーケルリング、ウェイクボード、フライボードなど、
親子でも、友達同士でも満喫できるものばかりです。

6月

梅雨の時期は雨や風などで海が少し荒れることもあります。
梅雨明け後は水温も上がり、海水浴のシーズンに入ります。
海に入って思いっきり遊びましょう!
沖縄の日差しは刺すように強いので、海に入る際は日焼け止め必須です。
日焼け止めを塗らないとやけどのようになってしまう場合もあります。

7月

輝く太陽の下で、海水浴やマリンスポーツをおもいっきり満喫できます。
ダイビングやシュノーケリングなど、海に入って楽しむもよし、
カヤックやバナナボートなどで海上散歩を楽しむもよし。
釣りやBBQなども人気です。
海で遊ぶ際は、日焼け止めは必須。
何時間も太陽の下にいると、軽いやけどのようになってしまう場合があります。
長時間遊ぶ際は、ラッシュガードなどの長袖を着用したり、
海からあがっている時はパラソルなどの下で日射しを避けるなどの注意が必要です。

8月

平均水温は30度にもなり、海水浴やマリンスポーツ真っ盛りとなります。
日射しが非常に強く、熱せられた砂の上を裸足で歩くと火傷してしまうほど。
基本的には安定してどんな遊びでも楽しめますが、台風が近づくと海が荒れて、
さまざまなマリンスポーツが中止になります。
雨が降っていなくても、風が強ければ海に出るのは危ないです。
台風が遠ざかったあとも海が濁っていたりするので、
ダイビングやシュノーケリングなどをする際は要注意です。
砂浜では現地の人がビーチパーティーを楽しんでいる光景が見られます。

9月

まだまだ暑く、夏の雰囲気。
マリンスポーツもオンシーズンです。
大学生は夏休み期間なので、大人数で楽しめるバナナボートやBBQなどの人気も高いです。
砂浜でパラソルを借りてのんびり過ごすのもおすすめです。
台風の前後は海が荒れ、海で遊ぶのは難しい状態になります。
その際は無理せず、室内での遊びを探すようにしましょう。

10月

海水浴は10月下旬まで楽しめます。
日射しが和らいでくるので、海にいても暑さが辛いと感じることは少なく、
快適に過ごすことができます。
徐々に水温が下がり、天候によっては海に入ると冷たく感じることもあります。
観光客は夏のハイシーズンと比べるとぐんと少なくなるので、
のんびりゆったり過ごせます。

11月

ビーチのほとんどは10月末で遊泳期間を終え、クローズします。
水温は25度以下となり、足をつけると冷たく感じられます。
水着のままで海に入るのは寒く、難しいです。
ダイビングやシュノーケリングなど、通年でアクティビティを行っているショップもありますが、
海に入る際はウェットスーツを着用します。

12月

風向きが北風になり、海はシケの日が多くなります。
カヤックやSUPなど、海にはいらないアクティビティでも、
海の状態によっては中止となる場合があります。
冬は海の透明度が高くなるのでダイビングにはおすすめです。

ページTOPへ

「沖縄」周辺の関連記事

このページのTOPへ