日本一美しいドライブスポット!沖縄の海中道路を見に行こう!

  • 1546 |

沖縄に行ったら、移動は車がメイン。
運転しやすい道で、ドライブを思う存分楽しみましょう。

海の上を走る!海中道路

沖縄ならではの光景を楽しめるのが、海中道路。
沖縄県うるま市にある道路です。

勝連城がある与勝半島の北岸と、金武湾に浮かぶ平安座(へんざ)島を結びます。
平安座島を経て、浜比嘉島、宮城島、伊計島にもアクセス可能です。
道は海をつらぬき、まっすぐにのびています。
全長は4.7km。
通行は無料です。

晴れた日のドライブは最高!
車を走らせていると、まるで海の上を飛んでいるような気分にもなってきます。

道路の両側は白い砂浜。
砂浜では春は潮干狩りも楽しめます。
地元の人がビーチパーティー(BBQ)をしている姿もちらほら。

 

海中道路のみどころ紹介

海中道路の途中には「海の駅あやはし館」があり、
沖縄の特産品を買ったり、食事を楽しんだりできます。

橋を渡った先の平安座島は、島のほとんどが大規模な油槽所となっています。
その先の宮城島のトンナハビーチは、穴場の美しい海。
さらに北に進んだ奥の伊計島には、リゾートホテルもあります。
平安座島の東に橋でつながっている浜比嘉島は、神の住む神聖な島としても知られています。
琉球を作ったと伝わるアマミキヨ・シネリキヨが住むと伝わる「シルミチュー」、
大きな御嶽「シヌグ堂」などがあり、島全体が拝所のような雰囲気を感じさせます。

島に流れる空気はとても穏やか。赤瓦の街並みが残り、どこか懐かしい雰囲気を感じさせます。

北部の本部半島にある古宇利島に渡る古宇利大橋でも、
海に伸びる橋からの絶景を堪能できます。

ドライブの際は、ルートに組み込んでみてはいかがでしょうか?

アクセス情報

海中道路についての詳細情報はこちらです。

  • 住所:うるま市与那城屋平
  • アクセス:沖縄北ICより車で30分
  • 通行料:無料

 

ぜひ出かけてみてくださいね!

ページTOPへ

「沖縄」周辺の関連記事

このページのTOPへ