沖縄三越が大変身!国際通りに笑いの聖地誕生!

  • 1275 |

国際通りの中心にあった沖縄三越。
牧志公設市場につながる市場通りの向かいにあり、
国際通りのシンボルともいわれていました。

たくさんの人が訪れた三越ですが、時流の波に乗り切れず、
経営不振により、2014年9月21日に閉店しました。

三越の跡地は、2015年3月12日に「HAPINAHA(ハピナハ)」として生まれ変わりました。
「ハッピー」と「那覇」をかけた名前です。
「いつでも、だれにでも楽しい、どこを切ってもエンターテイメントな商業施設」がコンセプトです。

ハピナハの目玉は、吉本興業の常設劇場「よしもと沖縄花月」と、
「沖縄おもろおばけ屋敷」。
せんべい焼き体験ができる「ばかうけサーカス」などユニークなお店も出店します。
その他、「石垣島ラー油」で有名になった「辺銀食堂」の新業態の店舗、「ぺんぎんデリ」、
泡盛を自分でブレンドできるショップや、バーベキューエリアなど、
沖縄ならではの飲食エリアもあります。

国際通りがまた賑やかに、華やかに!
沖縄に行ったら行きたい場所がまた増えました。

ハピナハ
http://hapinaha.com/

ページTOPへ

「那覇・首里」周辺の関連記事

このページのTOPへ