石ノ森萬画館 漫画家・石ノ森章太郎の想いが詰まったミュージアム

  • 1350 |

石ノ森萬画館は、漫画家・石ノ森章太郎が生み出した「サイボーグ009」や「仮面ライダー」などの数多くの作品を中心に、広くマンガ文化を伝承するマンガミュージアムです。2011年3月11日の東日本大震災で一度は閉館せざるをえなくなってしまった同館ですが、多くの人々の想いから2012年11月17日に再びオープン。そんなたくさんの人の想いが詰まったミュージアムをご紹介します。

石ノ森萬画館のお得な入館チケットはコチラから!

石ノ森萬画館とは?

石ノ森萬画館は宮城県石巻市にあるマンガミュージアムです。館名に冠されている通り、館内では漫画家・石ノ森章太郎の作品にまつわる数々の展示を見ることができます。

石ノ森章太郎の作品の世界観を色濃く伝えるミュージアム

石ノ森萬画館で注目したいのは、まずその建物自体です。石ノ森章太郎自身が考案したデザインは、まるで「サイボーグ009」の作中に登場しそうな宇宙船のような形をしています。

このデザインには、行政が作る従来の”箱モノ”とは異なる物にしたいという想いや、遊び心を強調したいという、石ノ森章太郎の想いが込められています。その結果、石ノ森章太郎の世界観にどっぷりと浸かりながら作品や展示を楽しめる空間が誕生しました。

石ノ森萬画館の「萬画」とは?

お気づきの方もいるかと思いますが、石ノ森萬画館は「漫画」ではなく「萬画」と表記されています。これは石ノ森章太郎の表現で、1989年に石ノ森章太郎が提唱した「萬画宣言」に基づいたものです。石ノ森章太郎は、「漫画」に込められたメディアとしての無限の可能性を表現する言葉として、万物を表現できるという意味から「萬画(よろすが)」と呼んだのです。

石ノ森章太郎とは

石ノ森章太郎は、1938年1月25日に宮城県登米郡中田町に生まれました。その後、1954年に「二級天使」で漫画家デビュー。以降、「サイボーグ009」や「仮面ライダー」など、今もなお人気を誇る不朽の名作を世に送り出してきた漫画家です。特に代表作「サイボーグ009」や「仮面ライダー」などは、誰でも一度はふれたことのある作品なのではないでしょうか。

石ノ森萬画館の入館料金

ここからは石ノ森萬画館の入館料をご紹介していきます。【】内は20名以上で訪れる際に適用される団体料金です。

入館料金

  • 大人:800円【640円】
  • 中高生:500円【400円】
  • 小学生:200円【160円】
  • 小学生未満:無料

入館料金(常設展示のみ)

企画展示を入れ替える時期には、常設展示のみの見学となります。その際の料金は以下の通りです。

  • 大人:600円【480円】
  • 中高生:400円【320円】
  • 小学生:200円【160円】
  • 小学生未満:無料

年間パスポート

石ノ森萬画館では年間パスポートを発行中。公式HPから申込書をプリントアウトし、記入したうえで持参してください。

  • 大人:2,000円
  • 中高生:1,000円
  • 小学生:500円

石ノ森萬画館の割引クーポン

せっかく石ノ森萬画館に訪れるなら、お得に楽しみましょう!ここからは割引クーポン情報をご紹介します。

ネットで事前購入!スマホを見せるだけの便利な電子チケット

こちらでは、入館料が最大20%オフになる電子チケットを販売しています。事前購入チケットなので、当日入場する際もスマホを提示するだけとスムーズ!浮いたお金でジュース1本買えちゃいますよ。ぜひご利用ください。

宮城県の学生向けパスポート

こちらのお得なパスポートは、宮城県圏域に居住または通学する小・中学生、県立養護学校の小学部・中学部に向けて配布しているものです。これらは学校に入学する際に渡されるものなので、失くしてしまった場合は先生に相談しましょう!利用する時は受付で提示して下さい。

パスポート種類

  • どこでもパスポート
  • ゆうゆうパスポート
  • AZ9パスポート
  • 大崎ゆめっこパスポート
  • とめジュニアパスポート
  • くりはらグリーンパスポート
  • フリーパスポート

対象日

  • 土曜日、日曜日、国民の祝日
  • 学校の長期休業の日

石ノ森萬画館の営業時間

ここでは石ノ森萬画館の営業時間をご紹介します!

営業時間

3月~11月

  • 9:00~18:00(チケット販売時間は17:30まで)

12月~2月

  • 9:00~17:00(チケット販売時間は16:30まで)

休館日

  • 3月~11月:毎月第3火曜日
  • 12月~2月:毎週火曜日

石ノ森萬画館のアクセス

ここでは石ノ森萬画館へのアクセス方法をご紹介します。

電車を利用する

  • 仙台駅からJR仙石東北ライン、またはJR仙石線を利用し石巻駅で下車。そこから徒歩で約12分、またはタクシーで5分

所要時間

  • JR仙石東北ライン(仙台から石巻):約60分
  • JR仙石線(仙台から石巻):約90分

高速バスを利用する

  • 仙台駅前高速バス乗り場(さくら野百貨店前33番)から石巻行き高速バスで約90分。石巻駅前で下車。

バスの時刻表はコチラ!

車を利用する

  • 三陸自動車道「石巻河南IC」で一般道に降り、石巻市街地方面へ約15分

駐車場

石ノ森萬画館は、萬画館を通り過ぎた場所に乗用車130台分の無料臨時駐車場を完備。また、石巻市内にある指定された10ヶ所の駐車場にとめても、1時間の駐車無料券をもらえます。ぜひご利用ください。

駐車場一覧

  • 駅前カープラザ(石巻市穀町12-3)
  • 保原屋パーキング(石巻市鋳銭場4-16)
  • アイパル駅前パーク(石巻市鋳銭場6-39)
  • 丸勝パーキング(石巻市鋳銭場2-3)
  • オークパーキング(石巻市立町1-7-23)
  • アサノ駐車場(石巻市千石町2-5)
  • 駅前ヤマトパーキング(石巻市穀町1)
  • リオモールパーキング(石巻市立町2-6-27)
  • 立町ヤマトパーキング(石巻市立町1-7-7)
  • 中央駐車場(石巻市中央1-8-15)

石ノ森萬画館の館内を見てみよう!

石ノ森萬画館は、1階から3階までの3フロアで構成されています。それぞれのフロアの展示や特徴を覗いてみましょう。

1階 無料で楽しめる楽しい展示がいっぱい!

マンガを創り出す手

正面玄関から中に入ると、マンガ家たちの手形が飾ってあります。代表作はルパン三世の「モンキー・パンチ」さんや、マーガレットちゃんでお馴染みの「よこたとくお」さん、仮面ライダーSPIRITSで知られている「村枝賢一」さんといった、有名な漫画家さんたちの手形がズラリ。

眺めているだけでも楽しい展示です。

石ノ森の手

一通り見終わると、最後に石ノ森氏の原寸大の手があるのでぜひ握手してみてください。

空飛ぶロボコンとフラッグ

ここでは、プロペラぐるるんと空を舞うロボコンが、音楽と一緒に喋り始めます。

石ノ森ビオグラフィー

入口から向かって正面左手に見えてくるのが「石ノ森ビオグラフィー」です。石ノ森先生の作品年表とともに、青春時代を過ごしたトキワ荘の15分の1スケール模型や映像コンテンツが楽しめます。ちなみにトキワ荘とは、石ノ森先生の他に、手塚治虫さん、藤子不二雄さん、赤塚不二夫さんなど、日本の漫画界を語るには欠かせない人物が住んでいたことで有名です。

映像ホール

石ノ森萬画館の見所のひとつに「映像ホール」があります。ここでは、毎時10分と40分にオリジナルムービーを上映。「龍神沼」、「消えた赤ずきんちゃん」に加え、平成仮面ライダーシリーズのスタッフ陣とキャストにより制作された石巻のヒーロー「シージェッター海斗」のオリジナルムービーが楽しめますよ。石ノ森先生の世界観をさらに楽しめるとあって、大人気です。

スカルマン

入口から向かって左を見てみると、スカルマンがガラスをすり抜けている展示が見られます。スカルマンとは、あの国民的ヒーローアニメ「仮面ライダー」の元になったキャラクターなので、ぜひ仮面ライダーファンにも見てほしい展示。一緒に記念撮影をしてくださいね!

2階 人気作品の世界に飛び込もう!

企画展示室

企画展示室では、過去に「東村アキコ原画展」や「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」、「攻殻機動隊原画展」などが行われてきました。また原画展だけでなく、ミニコンサートや朗読ライブなども行わています。これからどんな企画展が開催されるか楽しみですね。

サイボーグ009の世界

また常設展示コーナーへ入ると、そこにはサイボーグ戦士たちの研究所が広がっています。音と映像演出によって見事な世界観を作り上げ、一気にサイボーグ009の世界へ引き込まれてしまいます。

仮面ライダーの世界

サイボーグ009の隣には、仮面ライダー1号から現在放映中の最新のライダーまで、歴代ライダーのマスクがズラリと並んでいます。マスクの近くにはモニターが設置されており、それぞれのライダーのオープニングムービーを楽しめるのが魅力。ファンにはたまりません!

また仮面ライダーに変身して敵を倒すというアトラクションも追加され、子供たちに大人気となっています。もちろん、子供の頃仮面ライダーに憧れた大人も一緒にやって大丈夫ですよ!

原画展示コーナー

 

こちらのコーナーでは、石ノ森章太郎が描いてきた原画を見ることができます。

石ノ森氏の繊細なタッチや大胆な構成は、出来上がった作品では分からない、その時の石ノ森先生の心情をも垣間見れるかもしれません。

人造人間キカイダーの世界

単純に悪と戦うヒーローではないストーリーに、当時からファンが多い「人造人間キカイダー」。ここでは、キカイダー誕生の瞬間を見ることが出来ます。光と音が交わり、キカイダーが生れる瞬間をその目に焼き付けてください。

HOTELの世界

石ノ森章太郎氏作画の人気漫画「HOTEL」。過去にはテレビドラマ化もされ、大ヒットしたのを覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?その漫画「HOTEL」に登場した「ホテル・プラトン」のフロントが再現されています。ぜひカウンターにある呼び鈴を鳴らしてみてください。

シージェッター海斗の世界

そして常設展示の最後を締めくくるのは、石巻のヒーロー「シージェッター海斗」の展示コーナーです。あまり馴染みの無い方でも、このコーナーを見ればきっと海斗の世界観を知ってもらえると思います。

3階 ライブラリー・マルチメディア工房

石ノ森章太郎の仲間たち

石ノ森氏と親交の深かった漫画家の先生たちや、石巻を応援する先生たちから寄せられたイラスト色紙が飾られています。じっくり見てみると、思わぬ漫画家の先生のサインが見つけられるかもしれませんよ。

マンガ家入門

自分でマンガを描けるのが「マンガ家入門」コーナー。完成するとアニメになり、感動もひとしお!ぜひ一生懸命書いてみてください。

図書ライブラリー

図書ライブラリーには、約6,000冊の漫画や、300本の映像が揃う映像ライブラリーなどがあり、自由に読んだり見たりすることができます。中にはアメリカや中国向けの海外版マンガもありますよ。

マルチメディアでアニメーション

キャラクターの色塗りや動画、映像・音響編集、など、アニメ制作の一連の流れが体験できるコーナーです。将来アニメ関係の仕事を志す子供たちに、ぜひ体験してみてください。

石ノ森萬画館のカフェ

石ノ森萬画館には、石ノ森先生の短編SF漫画「BLUE ZONE」から名前をとったカフェがあります。人気アニメのキャラクターたちとコラボした、美味しいグルメを楽しんでください。

カフェ「BLUE ZONE」

石巻の名所「日和山」と「北上川」の雄大な景色を眺めながら、食事を楽しめるカフェ「BLUE ZONE」。店内は宇宙船のコックピットをイメージしてつくられており、目の前に広がる石巻の街並みとあいまって今にも飛び立ちそうな雰囲気。子供はもちろん、大人もなんだかワクワクしてしまうカフェです。

オススメメニュー

その他にも楽しい美味しいメニューが盛りだくさん!

  • アカレンジャーのミートソース:650円
  • ミドレンジャーも大好きなエビピラフ:600円
  • 中華飯店張々湖の新メニュー?!炒飯(スープ付):700円
  • 鯨のづけ丼セット:800円
  • お子様セット:500円

営業時間

  • 10:00~17:30(12月~2月は16:30まで)

定休日

  • 毎月第3火曜日(12月~2月は毎週火曜日)

石ノ森萬画館のお土産

石ノ森萬画館を訪れたら記念にお土産はいかがですか?ここでは、グッズショップ「墨汁一滴」をご紹介します。

グッズショップ「墨汁一滴」

石ノ森萬画館にあるミュージアムショップです。仮面ライダー、サイボーグ009、ロボコンなどの石ノ森章太郎作品に関するオリジナルグッズが購入できます!

他店では買えない商品もあるので、ぜひ足を運んでみてください。

気になる商品をご紹介!

店内では、「文房具」「雑貨」「衣料品」「食品」「書籍類」など、多種多様なグッズが売れられています。表記されている料金は全て税込みです。ぜひ参考にしてください。

文房具

  • マスコット付ボールペン・シャープペン:540円
  • 付箋セット:324円~
  • ブロックメモ:410円~ など

雑貨

  • マスコット付耳かき:378円
  • 爪切りボールチェーン:648円
  • マグカップ:734円~ など

衣料品

  • ミニハンカチ (海斗&ファリンクス):432円
  • ハンドタオル:540円
  • フェイスタオル:772円

食品

  • 石巻カレー全8種:各756円
  • 石巻の恋人-ホワイトラングドシャ-:1,296円
  • 塩セット:756円 など

書籍類

  • シージェッター海斗 マガジン:1,296円
  • 石巻からのコミック&復興情報マガジン「マンガッタン」(全8巻):各500円 など

どれも大人気の漫画やアニメとコラボした商品ばかりなので、気になるものは記念に買って帰ってみてはいかがでしょうか?

©石森プロ
©石森プロ・東映
©石森プロ / 街づくりまんぼう

ページTOPへ

「石巻」周辺の関連記事

このページのTOPへ