沖縄のゆっくり旅なら、路線バスにおまかせ!路線バス達人になる秘訣

  • 4406 |

沖縄は何度か来たし、のんびりしたい。
ふらっと1人旅で、どこかに行きたい。
出かけたいけど、お酒を飲みたい。

そんな時は、気ままな路線バスの旅がおすすめ!
鉄道が通っていない沖縄では、路線バスが非常に発達しています。

沖縄ので路線バスを運行しているのは、計4社。
・琉球バス交通
・沖縄バス
・那覇バス
・東陽バス

系統番号は4社共通なので、安心です。

大きく分けて、市内線と市外線があります

沖縄の路線バスには、大きく分けて2種類あります。
那覇市内を走る「市内線」と、
那覇から各地域、那覇以外の地域同士を結ぶ「市外線」です。
※国際通り内では、市内線と市外線の停留所が異なるので注意が必要です。

・市内線

系統番号:1~19番
拠点:新川営業所、具志営業所、石嶺営業所
運賃:230円均一(ただし一部例外あり)

・市外線

系統番号:20番以降
拠点:那覇バスターミナル
運賃:整理券方式による距離制運賃

乗りたいときは手を挙げます

沖縄のバスは、停留所で待っているだけでは素通りされてしまうこともあります。
乗りたいバスが来た時は、手を挙げて「乗る」という意思表示をします。

スピードはのんびり、ゆっくり

停留所に停まって、また発車して、を繰り返していくため、必然的に通常の車よりもスピードは遅くなります。
急いで移動したいという方は利用しないほうがいいでしょう。

時刻表を手に入れよう

バスターミナルには路線ごとの時刻表が置いてあることもあるので、見つけたらゲットしておくと便利です。

那覇から主要地域までの運賃・時間

・那覇バスターミナル~名護バスターミナル 120番利用の場合 1,900円、150分
111番利用の場合 2,040円、95分
・那覇バスターミナル~真志喜駐車場(宜野湾コンベンションセンター近く)
32番利用 530円、45分
・那覇バスターミナル~読谷バスターミナル
28、29番利用 1,080円、85分
・那覇バスターミナル~糸満バスターミナル
35番利用 580円、55分
・那覇バスターミナル~玉泉洞前
83番利用 580円、60分

120番、空港名護線

参考サイト

・ちゅらバス@なび
http://www.tyura-bus.sakura.ne.jp/bus/index.html
沖縄本島の全路線バス、全バス停の情報を掲載しているサイト。
googleマップと連携し、路線ごとに停留所の位置まで細かくわかります。
乗りたい路線がわかっていればとても便利です。

・バスマップ沖縄
http://www.kotsu-okinawa.org/index.html
沖縄全土のバス路線を掲載しているサイト。停留所の場所もチェックできます。

・那覇バス・琉球バス交通 バスロケーションシステム
http://www.daiichibus.jp/map/
バスの現在位置を確認できるサイトです。地図から検索、50音順から検索、キーワードで検索、路線から検索などさまざまな方法で停留所の位置を検索できます。

・バスなび沖縄
http://www.busnavi-okinawa.com/map/Transit
出発地と目的地の停留所を指定すれば、時刻表・運賃を表示してくれます。

ページTOPへ

「沖縄」周辺の関連記事

このページのTOPへ