神戸海洋博物館 神戸港のシンボルで海・船・港の魅力を満喫!

  • 851 |

兵庫県神戸市中央区のメリケンパークにある神戸海洋博物館は、神戸港の歴史、船の魅力や仕組みについて楽しく学べる博物館です。クルーズ客船など、様々な船舶模型のほか、ロープワークやあし舟、ゴンドラなどの実物展示、さらには、実際に座れる0系新幹線やモーターサイクルやジェットスキー、 触れることのできる大型ヘリコプター実物など、お子様と盛り上がれる展示が盛りだくさんのスポットです。今回は、神戸海洋博物館の魅力からお得なクーポン・割引情報まで詳しくご紹介します。次回のお出かけの参考にしてくださいね。

【最大20%OFF】神戸海洋博物館 前売り入館チケットを確認する

神戸海洋博物館とは?

神戸海洋博物館は、「海から港から神戸が始まり、未来に船出する。」をコンセプトにした博物館です。1868年の近代神戸港の開港から120年目に当たる、1987年に「神戸開港120年記念事業」としてオープンしました。

帆船の帆と波をイメージした白いスペースフレームの大屋根が特徴的な建物で、ポートタワーとともに神戸港のシンボルとして親しまれています。

夜にはライトアップされ、カップルのデートスポットとしても大人気。赤いポートタワーと対照的な色合いがとても美しく、ロマンチックなムードが楽しめます。

館内では、航海計器や船具の実物やジオラマ模型、映像、グラフィックなどの様々な展示を通して、時代とともに移り変わる港と街の様子をわかりやすく紹介。

さらに、実験レベルの未来船なども屋外に展示されており、海・船・港の「過去」「現在」「未来」を、より深く知ることができます。

また、1階にある川崎重工業の企業博物館「カワサキワールド」では、神戸の地で生まれ1世紀以上の歴史を持つ川崎重工グループの、陸海空わたる製品が多数展示されています。

0系新幹線やモーターサイクル、ジェットスキー、 大型ヘリコプターの実物展示などがあり、楽しく学び且つ遊びながら、技術の素晴らしさや、ものづくりの大切さを実感できるスポットとなっています。

神戸海洋博物館の入場料金

ここでは、神戸海洋博物館の入場料金についてご紹介します。なお、「大人」は高校生以上、  「小人」は小・中学生です。

神戸海洋博物館 / カワサキワールド入場券

  • 大人:600円
  • 小人:250円

神戸ポートタワー入場券

神戸海洋博物館のすぐ隣にあるのは、「鉄塔の美女」とも評され、日本の高層タワーの中でも、特に美しいタワーと言われる神戸ポートタワーです。こちらの入館チケットも博物館の入口で購入できます。展望台からは360度の神戸市街の風景が楽しめますよ。また、日が沈んだ後は神戸の美しい夜景も鑑賞できます。併せて立ち寄ってみてください。

  • 大人:700円
  • 小人:300円

共通券

海洋博物館とポートタワーがセットになった入場券も販売されています。神戸ポートタワーにも行かれる方は、こちらのチケットがお得です。

  • 大人:1,000円
  • 小人:400円

神戸海洋博物館の割引・クーポン

スマホで事前購入できる、お得な電子クーポン

神戸海洋博物館では、スマホで事前購入できるお得な電子クーポンが販売されています。電子クーポンなので、ペーパーレスで発券の手間もかかりません。また利用方法は、スマホの購入画面を受付で提示するだけと入場もスムーズ。更に料金も通常より割引となりますので、ぜひ活用してみては。

神戸海洋博物館の営業時間

神戸海洋博物館の営業時間をご紹介します。毎週月曜日と年末年始が定休日となっていますので、お出かけの際はご注意を。

営業時間

  • 10:00~17:00(最終入館は16:30まで)

休館日

  • 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館翌日振替休館)
  • 年末・年始(12月29日~1月3日)

神戸海洋博物館の所要時間

神戸観光や関西観光と一緒に神戸海洋博物館を訪れる際、気になるのが所要時間。

神戸海洋博物館とカワサキワールドを一通り鑑賞するのに必要な所要時間は、約1時間半です。実際に触れられる展示も多いので、お子様連れの方や乗り物好きの方、お土産などをじっくり選びたい方などは、約2時間~3時間ほどを見ておきましょう。ぜひ、参考にしてくださいね。

神戸海洋博物館のアクセス

ここからは、神戸海洋博物館へのアクセス方法をご紹介します。

公共交通機関を利用する

  • 山陽新幹線を利用する場合、「新神戸」駅より車で約15分
  • JRもしくは阪神を利用する場合、「元町」駅より徒歩約15分
  • 阪急を利用する場合、「高速花隈」駅より徒歩約15分
  • 神戸市営地下鉄西神・山手線を利用する場合、「県庁前」駅より徒歩約20分
  • 神戸市営地下鉄海岸線を利用する場合、「みなと元町」駅より徒歩約5分

車を利用する

  • 阪神高速道路3号神戸線・京橋出口から約5分、柳原出口より約10分です。
  • ハーバーハイウェー・新港ランプから約5分です。

駐車場

神戸海洋博物館には、駐車場がありません。周辺にある市営駐車場を利用してください。

普通車

  • メリケンパーク駐車場もしくはメリケンパーク南一般車駐車場 30分毎200円

バス

  • かもめりあバス駐車場(17台)
  • メリケンパーク西バス駐車場(11台) 1回・2時間以内 1,500円。以後1時間毎に500円加算

バイク    

  • メリケンパーク駐車場 1日/1回 100円

海洋博物館内の見どころを徹底解剖!

海洋博物館内は、1階から2階までの2フロアと屋外展示場から構成されています。館内では、「現在から未来の神戸港」および「歴史から見た神戸港」をテーマに、それぞれの時代の最先端技術を駆使した陸・海・空に関わる代表的な製品が展示。航海計器や船具などの実物を間近で鑑賞できます。さらに、ジオラマ模型や船舶模型、3Dハイビジョンシアターなど、大人もワクワクするような展示が勢揃いしています。

ほかにも、屋外展示場では未来の船・超電導電磁推進船「ヤマト1」や「TSL(テクノスーパーライナー)疾風」なども鑑賞できます。

鑑賞後は館外で、実物のコンテナターミナルやコンテナ船、クルーズを鑑賞し、比較できるのも大きな魅力です。海・船・港が、日常生活に深く関わっている事を実感する事ができること間違いありません。

また1階には、川崎重工グループの企業博物館「カワサキワールド」が併設。歴代マシン、レース車、オートバイなど、川崎重工の代表的な製品がずらりと並んでいます。0系新幹線や大型ヘリコプターなどには、実際に触ったり、乗ったりすることができる、お子様にも人気のスポットです。こちらにもぜひ立ち寄ってみてください。

1F エントランス・ロビー

エントランスでまず目に飛び込んでくるのが、1868年の近代神戸港開港をその号砲で祝ったイギリス軍艦ロドニー号の巨大な模型です。縮尺1/8スケール・長さ12メートルの模型は迫力満点。海運の歴史を彩り活躍してきた様々な船をモチーフにした陶板製のレリーフと一緒に来訪者を出迎え、海・船・港の壮大な歴史の旅へと誘います。

さらに、日本で初めてイタリアの「水の都」ベニスから輸入され、実際に結婚式などの祝事に使われていた、6人乗りの大型ゴンドラの実物や、帆船時代に航海の安全を願って舳先に信仰の対象や魔力を持つものの像を取り付けた船首像(フィギュア・ヘッド)などの展示が楽しめます。

また、神戸港に入港したクルーズ客船の写真や世界に広がる姉妹・友好港も紹介しています。

そのほかにも、エントランスでは、特別展や写真展、ボトルシップ新作発表会なども楽しめます。

1F 展示室「現代から未来の神戸港」

1階展示室では、「現代から未来の神戸港」テーマに、船のしくみやクルーズ客船の魅力、神戸港の施設・役割を紹介。神戸港の主要施設はじめ、神戸港で取り扱われている身近な輸出入品など、海・船・港のあらゆることを、航海計器の実物、ジオラマ模型、映像、グラフィックなどでわかりやすく解説しています。

注目は、大小200点以上が展示されている船型模型。古いものは昭和初期に製作されたものもあり、国際港湾都市として発展した神戸と神戸港の歴史と当時の賑わい・迫力を体感することができますよ。

また、クルーズ客船の船内をイメージしたコーナーでは、クルーズ客船の楽しみ方や、船内での過ごし方などをグラフィックやビデオなどで紹介しています。

カワサキワールド

1階に併設されているカワサキワールドは、2006年にオープンした川崎重工グループの企業博物館。神戸の地で生まれ1世紀以上の歴史を持ち、造船業から総合重工業へと発展を遂げた川崎重工の陸・海・空に展開される、最新のテクノロジーを見て・聞いて・体験することができるスポットです。

展示の目玉は、2008年まで現役で走っていた初代0系新幹線。客室や運転室、操縦席にも入って、座席に座ったり触れたりできます。

また、大型ヘリコプターの実物も展示。客室はもちろん操縦席も見る事ができ、パイロットとなり、フライトシミュレータを使ってセスナ機の発着を体験することができます。

男性に人気なのが、カワサキ・モーターサイクルの歴代マシン、レース車など、数多くの実車が展示されている、「モーターサイクルギャラリー」。実際触れたり、乗ったり、大盛り上がりのコーナーです。

ほかにも、工場などで活躍している産業用ロボットや、新エネルギー技術や地雷探知除去システムなど、未来の地球環境を考えた新しい取り組みを紹介するコーナー、多彩な製品群をダイナミックな音と6つの大画面映像で紹介する「カワサキワールドシアター」など、小さな子供から大人まで、どの年代の方でも楽しめる趣向を凝らした展示が魅力となっています。

2F 展示室「歴史からみた神戸港」

2階展示室では、「歴史からみた神戸港」をテーマに、古くから天然の良港といわれ、瀬戸内海の要衝として栄えた神戸港の歴史を紹介。時代とともに移り変わる神戸港と街の様子を様々な角度から解説しています。

近代神戸港開港以前を「江戸時代までの船と港」として、奈良~平安~江戸と時代と、時代を辿りながら、ジオラマ模型や和船模型、航路図、グラフィックなどで展示。さらに、「明治時代時代からの船と港」では、1868年の開港とともに、神戸港と世界各国の主要な港の間に航路が結ばれ、西洋文化到来の窓口として港と街の近代化が進み、国際港都の礎が築かれる様子が学べます。

また、NHKの大河ドラマ「平清盛」ゆかりの地として注目を集めた「大輪田泊」「福原京」を、研究資料を基にCGによる再現画像・映像などで、「幻の福原京」コーナーとして展示。その当時の「大輪田泊」の様子や「福原京」の位置関係、日本で初めての「人工島」と呼ばれている「経ヶ島」の埋め立ての様子を知ることができます。

マリタイムシアター

マリタイムシアターは、180インチの大型スクリーンと立体音響システムを備える、全33席のシアター。開館時間内は常に放映しており、館内展示の順路の途中、観やすいタイミングで鑑賞できるのがポイントです。座席は座り心地も良く、足休めにもぴったりですよ。

現在通常放映しているのは、「平清盛の夢~幻の福原京~」「幻の福原京~1180年 平清盛が行った神戸への遷都~」の2本。ほかにも坂本龍馬特別展に合わせて、「港神戸の原点を探る」など、神戸港の歴史、海・港・船をテーマに興味深い映像を放映しています。

大人向け・子供向けの番組で、わかりやすく構成しているのも好評です。家族そろって楽しく鑑賞できますよ。

屋外展示場

屋外には、帆船のマストを思わせる優雅な形の真っ白い海洋博物館の建物を背景にして、実験レベルの未来船や復元された帆船が展示されています。

また震災で得た教訓を後世に伝えることを目的に、阪神淡路大震災で崩れたメリケン波止場の一部を「神戸港震災メモリアルパーク」として保存し、当時の被災の状況や復旧の過程、復興計画のあらましなどを、写真パネル、年表、模型・映像などで紹介しています。

超電導電磁推進船「ヤマト1」

スクリュー式プロペラやウォータージェットポンプなどの従来の船とは異なり、超電導の技術を用いた磁石の力で海水を押し出すことによって前進する船です。世界で初めての実験航走を神戸港で実施しました。CO2の排出もほとんどない未来の船として、全世界で注目されています。

TSL(テクノスーパーライナー)疾風

揚力式複合支持船型の実海域模型船として開発され、神戸港沖の大阪湾において実験航海が行われたテクノスーパーライナーの実海域模型船です。

推進機関はガスタービン駆動のウォータージェットで、船体は上部船体と下部没船体に分かれ、航行中は上部船体の位置が水面よりも高くなり翼走します。

この船は、海上輸送の高速化・効率化を図ることによって、従来のトラック輸送中心の物流から海上輸送へと転換させる目的で計画されたものです。

自律型無人潜水機「マリンバード」

自律型無人潜水機「マリンバード」は、2000年に川崎重工業株式会社で製造された自律型無人潜水機です。様々な観察やデータ採取を無人で行える水中ロボットです。

神戸港震災メモリアルパーク

震災で得た教訓を後世に伝えることを目的に、阪神淡路大震災によって被災したメリケン波止場の一部をそのままの状態で保存し、見学できるように整備した公園です。また、神戸港の被災の状況、復旧の過程など記録した模型や映像、写真パネルなども展示されており、震災すさまじさを間近に見て、肌で感じることができます。

神戸海洋博物館のお土産屋「おみやげ DREAM PORT SHOP」

1階のメインエントランス横にあるミュージアムショップ「おみやげ DREAM PORT SHOP」では、神戸海洋博物館・カワサキワールドの記念グッズが購入できます。神戸観光のお土産選びにも最適のスポットですよ。

人気のお土産

「おみやげ DREAM PORT SHOP」では、神戸海洋博物館のオリジナルグッズや、カワサキ製品に関するグッズ、さらに、港・神戸をイメージした観光土産まで、様々な商品が販売されています。ここでしか購入できないグッズもありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。人気は、カワサキ製品の焼印入りのオリジナル瓦せんべい。12枚入り、18枚入り、27枚入りがあります。手土産にもぴったりですね。

ほかにも、かわいいボトルシップやキーホルダー、携帯ストラップ、キャプテンタワー君のぬいぐるみ、ポストカードも人気商品です。

お出かけ前に知っておきたい!神戸海洋博物館のサービス&設備

こちらでは、神戸海洋博物館のサービスや設備などについてご紹介します。

バリアフリーにしっかり対応!

神戸海洋博物館には、車いすが必要な方や、高齢者、ベビーカーと一緒のママたちも安心して利用できるように、各種設備が整えられています。

スロープ・エレベーター・手すり

建物の入り口付近や展示物の周辺にはスロープ、階段やトイレには手すりが設置されています。2階展示室に行く際にはエレベーター利用してください。また、マリタイムシアターには、車いす席2席が用意されています。

車いす無料貸出し

車いすを利用する方は、1階にあるインフォメーションカウンターまで問い合わせてください。 2台まで無料でレンタルできます。

子供連れに嬉しい設備も完備

館内には、ベビールーム・授乳室、ベビーカーなどが用意されています。小さなお子様連れの方や家族連れの方も、安心して見学できますよ。

ベビールーム・授乳室

1Fロビーには、赤ちゃんとくつろげるベビールームが用意されています。中には、授乳室があり、ベビーベッドと水場、シンク・おむつ替えシートも備えられています。

ベビーカー貸出

博物館では、ベビーカーの無料貸し出しも行っています。 なお、用意されているのは2台で、先着順となっています。

夏休みには「夏休みボトルシップ教室」も開催

神戸海洋博物館では、例年、夏休み期間中に、小・中学生と、その保護者を対象とした初心者向けのボトルシップ教室が開催されています。当日は、神戸海洋博物館ボトルシップ愛好会会員の指導のもと、清涼飲料水のビンの中にかわいい帆掛け船の模型を組み立てます。“ものづくり”の楽しさを体験できる楽しいワークショップです。

そのほかにも、神戸帆船模型の会の会員の指導のもと、初心者向けの帆船模型教室なども行われます。興味がある方は、公式サイトを定期的にチェックしてくださいね。

ページTOPへ

「ポートアイランド・神戸空港」周辺の関連記事

このページのTOPへ