イングランドの丘 一面のひまわり畑とコアラに会いに行こう!

  • 1769 |

兵庫県南あわじ市、淡路島のちょうど中央に位置する自然と動物のテーマパーク「淡路ファームパーク イングランドの丘」。イギリスののどかな田園風景を思わせる丘が広がる広大な敷地の中では、農業体験や酪農体験、手作り体験を楽しむことができます。たくさんの動物ともふれあうことができ、特にオーストラリアから来たコアラに会えるコアラ館は大人気です。ここでは、イングランドの丘の魅力やお得なクーポン情報をご紹介していきます!

【最大11%OFF】淡路ファームパーク イングランドの丘 お得な入園料割引券+500円分売店利用券はコチラ!

イングランドの丘とは?

農業振興と地域活性化を目指して、平成13年(2001)年にオープンした「淡路ファームパーク イングランドの丘」。甲子園球場14個分もの広大な敷地の中では、農業体験や酪農体験、パンやバターなどの手作り体験、クラフト体験など、さまざまな体験教室が開かれており、訪れる人に人気です。 

園内は、イギリスの湖水地方をイメージして造られた「イングランドエリア」と、動物とのふれあいを楽しめる「グリーンヒルエリア」に分かれおり、それぞれで違った魅力を楽しむことができます。

「イングランドエリア」では、ジャガイモやさつまいも、とうもろこしなどの野菜の収穫体験が楽しめる野菜畑、イチゴ狩りやトマト狩りを楽しめる温室、イングリッシュガーデンをイメージしたバラ園、夏には満開のひまわり畑となる大花畑などが見所。

また、ヒツジやヤギとのふれあいを楽しむことができるエリアや、ゴーカートやサイクルボート、乗馬などが楽しめる広場もこのエリアに作られています。 

「グリーンヒルエリア」には、イングランドの丘で大人気のスポット「コアラ館」をはじめ、様々な植物が生い茂る「大温室」「ロックガーデン」や、パンやバターなどの手作り体験が楽しめる体験教室

ウサギやモルモットとの触れ合いを楽しめる「ラビットワーレン」、鳥やリスザルがいる「バードケージ」、色とりどりのインコに会える「いろとりどり舎」など、鳥や小動物が住むエリアが点在しています。

いろんな体験や動物・植物とのふれあいが、とても大きな規模で経験できる「イングランドの丘」。淡路島観光では外せないスポットのひとつです。

イングランドの丘の入園料金

まずはイングランドの丘の入園料金をご紹介していきます。

通常料金

  • 大人(中学生以上):800円
  • 小人(4歳~小学生):400円
  • 3歳以下:無料

団体割引

15名以上でイングランドの丘を訪れる場合に適応される1人分の料金です。学校行事における引率の先生の入園料は無料になります。

  • 大人(中学生以上):600円
  • 小人(4歳~小学生):300円
  • 3歳以下:無料

障がい者割引

障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は、本人と介護者の方それぞれ1名まで割引を受けることができます。当日は手帳を持参するか、公式HPから申請書をダウンロードし、記入したうえでお持ちください。

  • 大人(中学生以上):400円
  • 小人(4歳~小学生):200円
  • 3歳以下:無料

イングランドの丘の割引クーポン情報

せっかくイングランドの丘を訪れるなら、お得に楽しみましょう!ここからは割引クーポンの紹介です。

ネットで事前購入!最大11%割引のお得な前売りチケット

こちらでは、入園料と500円分の売店利用券が付いたセット券が最大11%オフになる、前売り電子チケットを販売しています。当日入場する際もスマホを提示するだけとスムーズです!お得に簡単に、イングランドの丘を楽しんでみてはいかがですか?

イングランドの丘の営業時間

次にイングランドの丘の営業時間をご紹介していきます。

営業時間

春・夏(3月~10月)

  • 【平日】9:00~17:00 【土日祝】9:00~17:30

秋(11月)

  • 【全日】9:00~17:00

冬(12月~2月)

  • 【全日】10:00~17:00

※最終入場は閉園30分前
※ゴールデンウィークやクリスマスなどには時間が変動する場合あるので、公式HPや電話で確認の上お出かけください。

定休日

  • 年中無休

イングランドの丘の混雑状況

お出かけする際に気になるのが混雑状況。イングランドの丘は都心の遊園地のような混雑はありませんが、イチゴ狩り体験や、ひまわり畑の開花シーズンの休日、またゴールデンウィークなどは混雑が予想されます。特にこの期間中、お昼時は園内にあるレストランが大変混雑するので、混雑が嫌いな方は、少し時間帯をずらすなどの工夫が必要です。

また、ゴールデンウィークには専用駐車場が満車になるため、施設から離れた場所に臨時駐車場が開放され、シャトルバスの送迎が行われます。

イングランドの丘へのアクセス方法

ここからはイングランドの丘へのアクセス方法をご紹介!お出かけ前はぜひ参考にしてみてください。

公共交通機関を利用する

イングランドの丘へのアクセス方法は、電車・バスを利用する場合「洲本バスセンター」まで行き、そこから路線バス「福良行き」に乗車し「淡路ファームパーク」で下車。そこから徒歩という形が基本です。

http://www.england-hill.com/

大阪駅(JR)・【梅田駅(阪急)】

  • 乗り場:大阪駅JR高速バスターミナル、【大阪梅田(阪急三番街)】
  • バス:かけはし923号、【淡路交通 大阪・洲本線】
  • 所要時間:約2時間35分、【約2時間】
  • 運賃:2,350円、【2,350円】

※【】内は大阪梅田から出発する便です

大阪梅田(阪急三番街) バス時刻表はコチラ!

大阪駅JR高速バスターミナル バス時刻表はコチラ!

なんば駅

  • 乗り場:湊町バスターミナル(OCAT)
  • バス:かけはし923号
  • 所要時間:約2時間20分
  • 運賃:2,350円

バス時刻表はコチラ!

新神戸駅

  • 乗り場:新神戸駅
  • バス:かけはし17号
  • 所要時間:約1時間45分
  • 運賃:1,850円

バス時刻表はコチラ!

三ノ宮駅前

  • 乗り場:神姫バス三ノ宮バスターミナル、【 三宮バスターミナル】
  • バス:神姫バス 三ノ宮・洲本線、【かけはし17号】
  • 所要時間:約1時間30分、【約1時間30分】
  • 運賃:1,850円、【1,850円】

※【】内は三宮バスターミナルから出発する便です

神姫バス三ノ宮バスターミナル 時刻表はコチラ!

三宮バスターミナル 時刻表はコチラ!

学園都市駅

  • 乗り場:学園都市駅
  • バス:淡路交通 学園都市・洲本線
  • 所要時間:約1時間15分
  • 運賃:1,600円

バス時刻表はコチラ!

徳島・鳴門

  • 乗り場:徳島駅前
  • バス:淡路交通 淡路・徳島線
  • 所要時間:約1時間25分
  • 運賃:1,650円

バス時刻表はコチラ!

神戸三宮駅(阪急・阪神)

  • 電車で「舞子駅」まで行き、バス乗り場「高速舞子」に移動。
  • バス:神姫バス 三ノ宮・洲本線、かけはし915号
  • 所要時間:【電車】約25分【バス】約1時間
  • 運賃:【電車】300円【バス】1,550円

西明石駅

  • 電車で「舞子駅」まで行き、バス乗り場「高速舞子」に移動。
  • バス:神姫バス 三ノ宮・洲本線、かけはし915号
  • 所要時間:【電車】約10分【バス】約1時間
  • 運賃:【電車】180円【バス】1,550円

高速舞子 時刻表はコチラ!

洲本バスセンターからは福良行き路線バスに乗り換え「淡路ファームパーク」で下車。バスの所要時間は20分、停留所からイングランドの丘までは徒歩1分です。

車を利用する場合

  • 淡路鳴門自動車道「洲本IC」からは、国道28号線を福良方面へ向かい、県道126号線を経由。所要時間約13分
  • 淡路鳴門自動車道「西淡三原IC」からは、県道477号線を州本方面へ向かい、県道478号線・126号線を経由。所要時間約13分

駐車場情報

イングランドの丘では、無料駐車場1,520台分を完備しています。 ゴールデンウィークなどには満車になる場合もあり、この時期にあわせて臨時駐車場も用意。臨時駐車場はイングランドの丘から少し離れた場所となり、シャトルバスが運行されます。

イングランドの丘の見どころを紹介!

イングランドの丘は、様々な農業体験や手作り体験教室が楽しめるのはもちろんのこと、大温室やロックガーデン、乗馬やゴーカート、おもしろ自転車などのアトラクションも充実し、一日中家族で楽しむことができます。

広さ1,500㎡を誇るバラ園、夏には5万本ものひまわりが咲くひまわり畑、20年以上愛されているコアラ館など、見所も満載です。 敷地内には地元産食材を楽しめるレストランや、手ぶらで楽しめるバーベキュー場など、グルメスポットもたくさん営業しています。

一面のひまわりに感動!イングランドの丘の花

イングランドの丘といえばひまわり畑と言われるほどに、有名なひまわり畑。広大な施設内に点在する10の花畑を利用し、ひまわりの開花時期をずらしながら栽培することで7月中旬から8月下旬まで、大変長い期間ひまわりを楽しむことができます。中でも一番の見頃は8月中旬。メインの花畑となる大花畑では、なんと5万本のひまわりが一斉に咲き乱れます。

それぞれの花の見頃時期

http://www.england-hill.com/

花畑ではひまわりだけでなく、4月は菜の花、8月はひまわり、11月はコスモス、そして1月から2月にかけてはチューリップと、季節に合わせた花が1年中咲き誇ります。 園内ではその他にも、春(5月下旬から6月)と秋(10月から11月上旬)に花を咲かせるバラ園、そしてロックガーデンや大温室などでも、さまざまな花を楽しむことができます。

大花畑・モニュメント花畑

菜の花や、コスモス

ひまわりなど、季節によって様々な花を楽しめる「大花畑・モニュメント花畑」。園内の花畑でも最大の広さを誇り、一面に満開の花が咲き誇る景色は圧巻です。

大温室

グリーンヒルエリアにある大温室。南米の熱帯植物を中心に集めた「高温室」中国区と、オーストラリア原産の植物を集めた「中温室」、そして冷涼地の植物を集めた「低温室」の3つのエリアで構成され、幅広く世界中の植物を楽しむことができます。

ロックガーデン

日本区、アジア区、アフリカ区、オセアニア区、南米区など、世界中の山野草を見ることができるロックガーデン。原種や珍しい植物などもたくさん栽培されています。

バラ園(イングリッシュガーデン)

イングランドエリアにあるバラ園は1,500㎡と広大で、約116品種ものバラが植えられています。毎年5月から6月、9月から10月の2回、満開のバラを楽しむことができます。

入園ゲート花畑

入園ゲートの花畑も決して見逃せません。広さは大花畑に及びませんが、夏のシーズンにはおよそ1万本のひまわりが咲き誇ります。

テーマ花畑

毎シーズン、様々なテーマを元に花が栽培される花壇。撮影スポットとしてもおすすめです。

コアラやワラビーに会いに行こう!イングランドの丘の動物

http://www.england-hill.com/

園内には、大人気のコアラ館を始め、うさぎやひつじ、ワラビーやインコなど、様々な動物が飼育されています。それぞれのエリアでは、動物に合わせて、動物たちと直接触れ合うことができるふれあい時間も設定されています。

コアラ館

イングランドの丘の顔として20年以上愛され続けている大人気施設「コアラ館」。木の上で1日18時間も眠るコアラは夜行性の動物でもあるため、日中はなかなか動いているコアラを見ることができません。狙い目は11時30分にある食事タイムと夕暮れ時です。

コアラを抱っこすることはできませんが、8月31日までの期間限定で、スマートフォンアプリを使ってコアラと記念撮影ができるフォトスポットも設けてあります。

コアラの名前は?

イングランドの丘では「ひかりちゃん」「みどりちゃん」「ゆめちゃん」「のぞみちゃん」と今は体調管理の為バックヤードにいる「みなみちゃん」の5匹のメスと、オスの「ゆうきくん」「だいちくん」をあわせた7匹のコアラを見ることができます。

ラビットワーレン

グリーンヒルエリア、コアラ館の手前にある「ラビットワーレン」では、イングリッシュアンゴラ、イングリッシュロップ、ジャージーウーリー、ベルジアンヘアーなどのさまざまな種類のうさぎたちと、モルモットやプレーリードックに出会うことができます。

うさぎやモルモットとは毎日ふれあえるのが魅力。ふれあい時間はうさぎが11時から12時。モルモットは13時30分から14時30分です。最終受付は終了時間の10分前までとなっています。

バードケージ

さまざまな種類の鳥とリスザルが一緒に住んでいるバードゲージ。羽を広げると直径2mにもなるインドクジャク、赤い頬とアフロヘアのようなトサカが特徴のカンムリヅル、南アメリカの森に暮らすコモンリスザルを見ることができます。

ひつじのくに

広大な放牧場には、30頭のひつじのほかロバ、西暦700年から800年ごろに大陸から日本に渡来したと言われているヤクシマヤギなどに会うことができます。ふれあい時間は毎日10時から16時です。

ワラビー広場

カンガルーの仲間では最も足が速いベネットアカクビワラビーと一緒に、世界で二番目に背の高い鳥エミューや、堂々とした美しい姿のモモイロペリカンなどが一緒に暮らしています。

いろとりどり舎

いろとりどりのインコに出会える「いろとりどり舎」。世界一美しいオウムといわれているクルマサカオウムや、フライトトレーニングもやっている鷹ハリスホーク、大型ですがたいへん人懐こいベンガルワシミミズクなど、さまざまな鳥を見ることができます。

ふれあいイベントも開催!

土日限定で開催される「動物もっとふれあいタイム」では、普段はふれあいが出来ない動物たちとのふれあいや写真撮影を楽しむことができます。普段はそれぞれの厩舎にいる動物たちが、この時だけは芝生広場にやって来ます。

※夏季限定中は酷暑の為、一時中止しています

乗馬やゴーカートでおもいっきり遊ぼう!イングランドの丘のアトラクション

http://www.england-hill.com/

イングランドの丘ではイングランドエリアを中心に、ゴーカートや乗馬、グランドゴルフなど様々なアトラクションを楽しむことができます。中央の池ではサイクルボートも楽しめますよ。

ゴーカート

二人乗りのゴーカートで、1周650mのスリル満点のコースを楽しむことができます。140㎝以上の身長制限がありますが、140cm以下でも助手席に乗ることができます。

料金

  • 1台2人乗り1周700円

営業時間

  • 開園~16:45

ユメハニー号

イングランドエリアの池の周囲をぐるっと1周するユメハニー号。イングランドエリアをゆっくりと散策するので、歩くのにちょっと疲れたときにはとても便利です。

料金

  • 1回300円(4歳以上)

営業時間

  • 開園~16:30

アクアロール

水中に浮かぶロールに入って遊べるアクアロール。走ったり寝転んだりと自在に楽しめます。同時に3人まで入ることができますよ。4歳未満の利用は保護者同伴になるので、親子で一緒に遊んでください。

料金

  • 1回3人3分まで、1人500円、2人800円、3人1000円

営業時間

  • 開園~16:45

サイクルボート

イングランドエリアの池で楽しめるサイクルボート。操作も簡単です。お喋りや自然を楽しみながら漕いでください。

料金

  • 1艇3人乗り 20分:900円

営業時間

  • 開園~16:30

おもしろ自転車

全15種類、31台の変わり種自転車を乗り換え自由で楽しむことができます。青い空の下、元気いっぱい走り回りましょう!

料金

  • 1回20分300円(4歳以上)

営業時間

  • 開園~16:30

ストラックアウト

用意された9枚のパネルを、ボールを投げて打ちぬくアトラクションです。狙いをすまして投げてみましょう!パネルを6枚以上打ちぬくと何かが起こります。

料金

  • 1回9球300円

営業時間

  • 開園~16:45

乗馬

親子で乗れるサラブレッドと、小さい子供一人でも乗れるポニー、好きな方を選ぶことができます。かわいい馬とふれあいましょう!

料金

  • ポニー(1周)300円
  • サラブレッド(1人)500円
  • 親子乗り 700円

営業時間

  • 開園~16時30分

バンパーボート

池の上をくるくる回るボートです。モーターで動くので漕ぐ必要はありません。

料金

  • 1艇2人乗り5分、1人300円、2人600円

運行時間

  • 開園~16:30

グランドゴルフ

全8ホールのコースを制限時間なしで楽しむことができます。

料金

  • 1セット300円

営業時間

  • 開園~16:30

手作り体験でパンやアイスづくりを体験しよう!

グリーンヒルエリアにある手作り体験教室では、パン作りやアイスクリーム作りから、ジェルキャンドル作りなどのクラフト体験まで、楽しく手作りの体験を楽しめる、さまざまな教室が用意されています。受付はいずれも来園してからの先着順です。季節によって開催の内容が変更されることもあるので、事前に問い合わせるか下記のボタンからご確認ください。

イベントカレンダーはコチラから!

メロンパン作り体験

パン生地を成形し、クッキー生地を使ってメロンパンを作ります。

できあがったメロンパンはその場で試食!美味しくできるか楽しみですね。

開催時間

  • 要問合せ

所要時間

  • 100分

参加費

  • 1,000円

パン作り体験

オリジナルのパンが作れるパン作り体験。

好きな形に成形したパン生地を焼き、焼き上がりをその場で味わいます。とても簡単に作れるので、小さい子供でも安心して楽しむことができます。

開催時間

  • 要問合せ

所要時間

  • 90分

参加費

  • 900円 ※200円プラスすればバター作り体験も一緒に楽しめます。

アイスクリーム作り

淡路島牛乳を使って作るアイスクリームづくりです。

開催期間は6~9月。二人一組で参加する体験教室となっています。出来上がったら美味しいアイスを楽しみましょう!

開催時間

  • 要問合せ

所要時間

  • 約30分

参加費

  • 600円 

ジェルキャンドル作り

ガラスの器に好きな色の砂とガラス細工を入れて透明のジェルを流し込み、オリジナルのジェルキャンドルを作ります。キャンドルが固まるまで少々時間が必要ですが、その間はワクワクして待ちましょう!

所要時間

  • 約120分(待ち時間60分)

参加費

  • 1,480円~

気軽にBBQを楽しもう!イングランドの丘のグルメ

イングランドの丘には、淡路牛を使用した「島バーガー」や石釜で焼いた本格的なピザを楽しめる「石窯ピザ工房」、地元産食材をふんだんに使った料理を楽しめる「ファーマーズキッチン」など、個性豊かなレストランが点在します。イングランドエリアの池を見下ろす絶好の景色を見ながら手ぶらでバーベキューを楽しめる「MooMooバーベキュー」も大人気スポットです。

MooMooバーベキュー

淡路産牛肉や、イングランドの丘で作られた自家製品などの食材をバーベキューで楽しむことができるお店です。手ぶらで訪れてもOK。選んだ食材を自由に焼き、片付けを心配する必要ありません。室内にもバーベキュー施設があるので、天候を気にすることなく楽しめるのも魅力です。

メニュー

  • ファミリーセット:2,500円
  • 淡路牛と玉ねぎのランチセット:1,700円
  • 淡路牛ヘレ:1,300円
  • 海鮮セット:480円 など

営業時間

  • 平日:9:00~17:00(ラストオーダー15:00)
  • 平日冬季:10:00~17:00(ラストオーダー15:00)
  • 土日祝:9:00~17:30(ラストオーダー15:30)

予約は15名からの受付となります。食材を持ち込んでのバーベキューはできませんのでご注意ください。

ファーマーズキッチン

地元食材を使用した和洋様々なメニューを楽しむことができるファーマーズキッチン。淡路島ならではの地元食材を満足がいくまで堪能できるレストランです。

メニュー

  • 生しらす丼:1,300円
  • 牛重:1,600円
  • 淡路玉ねぎの冷製パスタセット:1,080円
  • 淡路鳥の島ごはん丼セット:1,350円

営業時間

  • 平日:9:00~17:00(ラストオーダー16:00)
  • 平日冬季:10:00~17:00(ラストオーダー16:00)
  • 土日祝:9:00~17:30(ラストオーダー16:30)

コアラ島バーガー

淡路牛を使用した島バーガーや、イングランドの丘の名物とも言われる「淡路島牛乳ソフト」が販売されています。メニューには「第4回淡路島バーガーフェスタ 2014」で見事1位を受賞したこともある、絶品バーガーもラインナップ。ぜひその味を堪能してください。

メニュー

  • 島オニオンステーキバーガー:850円
  • 島テリヤキバーガー:780円
  • 島チーズバーガー:880円
  • 島ベーコンバーガー:830円

施設詳細

  • 平日:9:00~17:00(ラストオーダー16:30)
  • 平日冬季:10:00~17:00(ラストオーダー16:30)
  • 土日祝:9:00~17:30(ラストオーダー17:00)

石窯ピッツァ工房

石窯を使い、1枚1枚薪で火を起こして焼き上げる本格的ピザを味わうことができます。注文を受けてから生地を伸ばして焼き上げる、出来立てホヤホヤピザは絶品ですよ!

メニュー

  • 淡路牛と淡路玉ねぎのマルゲリータ:1,280円
  • マルゲリータ:980円
  • 淡路島牛乳ソフト:350円

営業時間

  • 平日9:00~17:00 ラストオーダーなし
  • 土日祝9:00~17:30 ラストオーダーなし

ミルクハウス

コアラ島バーガーとともに園内で名物「淡路島牛乳ソフト」を販売するミルクハウス。季節に合わせたスイーツも楽しめます。

メニュー

  • コアラと島プリン:300円
  • コアラと島ヨーグルト:160円
  • 島チーズケーキ:240円 など

営業時間

  • 11:00~

※閉店時間は季節・天候により変わります

収穫体験でフルーツや野菜を収穫!

イングランドエリアの温室と野菜畑でたのしめる収穫体験。1年を通して、さまざまな果物や野菜の収穫を楽しむことができます。

温室

広大な温室の中で育つ温室野菜の収穫を楽しむことができます。なかでもイチゴの収穫体験はゆめあまか、紅ほっぺ、あきひめ、あすかルビー、さちのか、とちおとめと、6品種ものいちご収穫体験をたのしめ楽しめることから大人気の収穫体験となっています。

やさい畑

大根、白菜、サニーレタス、ほうれん草、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、ピーマン、オクラ、ししとう、さつまいも、とうもろこしと、季節に合わせてあらゆる野菜の収穫体験を楽しめる野菜畑。イングランドの丘の大人気スポットです。

お土産ならここ!人気のおみやげをチェックしよう

イングランドの丘を訪れたらせっかくなのでお土産を買って帰りませんか?ここではお土産情報をご紹介していきます。

コアラ店長のおみやげやさん

エントランス近くにある「コアラ店長のおみやげやさん」。園内に入らなくても買物が出来ます。

おすすめ商品をご紹介

店内にはたくさんのコアラグッズと共に、自家製品や淡路島の特産品などが充実しています。特に淡路島産の玉ねぎの商品が豊富です。よりどり3点が1,000円で購入出来る淡路島近海の海産加工品なども人気です。

玉ねぎせんべい(550円)

淡路島産玉ねぎを使った玉ねぎせんべい。サクッとした食感と玉ねぎの豊かな風味が楽しめます。おやつにもお酒のつまみにもよく合う商品です。

オニオンスープ(550円)

淡路島産玉ねぎをふんだんに使った本格オニオンスープ。レトルトタイプで玉ねぎのソテーもそのまま入っています。

ファーマーズおいしい工房

イングランドの丘のなかでも一番大きなショップです。園内の工房で作られた自家製品が大変充実しています。

オススメ商品をご紹介

焼きたての石窯パンやコアラの形をした可愛いパンなどが並びます。自家製ソーセージも大人気商品です。

あわぢびーる(550円)

淡路島を代表する地ビールとして親しまれている「あわぢびーる」。熱処理をせずに作ることで、生きた酵母の味と豊かな香りが楽しめるビールに仕上げられました。

レアチーズ大福(800円)

もっちりとした和の素材お餅と、洋の素材チーズの甘酸っぱい濃厚なチーズクリームを組み合わせた味わい深いスイーツです。冷やして食べるとさらに美味しくなりますよ。

ページTOPへ

「淡路島」周辺の関連記事

このページのTOPへ