北原ミュージアム(河口湖) レトロでノスタルジックな世界へトリップ

  • 811 |

山梨県南都留郡にある河口湖 北原ミュージアムは、ブリキのおもちゃコレクターとして知られる北原照久氏のコレクションを展示する美術館です。ブリキのおもちゃやミニカー、一昔前のスターのレコードなど、思わず笑顔がこぼれ、幸せな気持ちになるようなレトロでどこか懐かしい展示物で溢れるスポットとなっています。今回は、そんな河口湖北原ミュージアムの魅力やお得なクーポン情報を紹介していきます。周辺にはラベンター畑・高原リゾート・温泉などもあるので、週末のお出かけにもぴったりですよ。ぜひ参考にしてくださいね。

【最大100円割引!】河口湖北原ミュージアム・割引前売り券はこちら!

河口湖 北原ミュージアムとは?

河口湖 北原ミュージアムは、「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士や、横浜ブリキのおもちゃ博物館館長、株式会社トーイズ代表取締役でもお馴染みの北原照久氏が40年以上にわたって収集した数々の愛蔵品を展示するミュージアムです。

「幸せな時代の物たち」をテーマに、ブリキのおもちゃはもちろんのこと、キャラクター人形、ミニカーなどのおもちゃ、さらに昭和のレコードや企業広告物、ファッション関連、現代作家の作品と、北原コレクションのほぼすべてのアイテムが勢揃いしています。

昭和生まれの方はもちろんのこと、平成生まれの方でもどこか懐かしさを感じてしまう、河口湖の人気観光スポットとして、週末や夏休みなどは多くの人で賑わいます。

さらに、約3ヶ月ごとに異なったテーマの企画展が開催されており、常設展示と併せて鑑賞できます。

また、施設内には、カフェ「Happy Days Cafe」も併設。喫煙・ペット同伴が可能なテラス席も用意されており、河口湖や富士山など、最高のロケーションを眺めながら、のんびりとランチやお茶を楽しめます。

河口湖 北原ミュージアムの入館料金

ここでは、河口湖北原ミュージアムの入館料金についてご紹介します。なお、「大人」は高校生以上、  「小人」は小・中学生です。

入館料金

  • 大人:800円
  • 小人:400円

団体料金

15名以上のグループには団体料金が適用されます。

  • 大人:600円
  • 小人:300円

河口湖 北原ミュージアムの割引・クーポン

河口湖 北原ミュージアムでは、入館料金が通常よりもお安くなる、お得な電子前売りチケットも取り扱われています。スマホで簡単に購入でき、入館時も購入画面を提示するだけなのでスムーズです。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

河口湖 北原ミュージアムの営業時間

ここでは、河口湖北原ミュージアムの営業時間・定休日をご紹介します。時期によって営業時間が異なりますので、行かれる際には必ずチェックしてくださいね。

3月20日~11月30日

  • 9:00~17:00

12月1日~3月19日

  • 平日:10:00~最終入場16:00
  • 土日祝日:9:00~17:00

定休日

  • 年中無休

河口湖 北原ミュージアムのアクセス

ここでは、河口湖北原ミュージアムへのアクセスや駐車場情報についてご紹介します。

公共交通機関を利用する場合

電車を利用する場合

  • 新宿駅から:JR中央本線(特急約60分)→大月駅。富士急行線に乗り換え(約60分)→河口湖駅下車。駅からは、レトロバス・タクシーなどで美術館へ(約30分)

バスを利用する場合

  • 新宿駅から:中央高速~富士五湖道路(約105分)→河口湖駅下車。その後レトロバス・タクシーなどで美術館へ(約30分)
  • 横浜駅から:東名高速~富士五湖道路(約105分)→河口湖駅下車。その後レトロバス・タクシーなどで美術館へ(約30分)

車を利用する場合

  • 新宿から大月I.C.経由:中央高速自動車道(約105分)→河口湖I.C.(約15分)
  • 名古屋~富士I.C.経由:中央高速自動車道(約105分)→富士I.C. →国道139・707号線(約50分)
  • 横浜~御殿場I.C,経由:東名高速道路(約60分)→御殿場138号経由→富士吉田I.C.(約40分)
     

駐車場

  • 河口湖北原ミュージアムには駐車場は用意されていません。車で行かれる際は、美術館正面にある大池公園駐車場を利用してください。なお、駐車場料金は無料、収容台数は105台となっています。

河口湖 北原ミュージアムの展示物

館内には、ブリキのおもちゃコレクターとして世界的にも知られる北原照久氏が40年以上にわたって収集したおもちゃの数々が展示されています。ブリキのおもちゃをはじめ、一昔前のスターのレコード、セルロイドのおもちゃやキャラクター人形、ミニカーなど、その数は約8,000点にも及びます。

おもちゃのほかにも、懐かしのポスターや戦前の少年雑誌の付録、レコード盤など、豊富な展示アイテムが揃っています。「幸せな時代の物たち」と銘打った、レトロで魅力あふれる品々に昭和世代は懐かしさを覚えること間違いなし。運が良ければ、昔遊んだおもちゃにも再会できるかもしれませんね。同世代の友人たちと一緒に盛り上がるのもよし、ファミリーで訪れるのもよし、様々な楽しみ方ができるスポットとなっています。

また、古き良きアメリカを象徴するブリキのクラシックカーやポスターを展示する「アメリカングラフティ展」や「懐かしの広告キャラクター展」など、様々なテーマを設けた企画展が、3か月ごとに開催されています。何度訪れても、新しい発見と感動を得ることができるのが魅力です。

ウェルカムコレクション

メインエントランス入ってすぐ、入口ホールの展示は、定期的にコレクションが入れ替わります。クリスマス時期は、ツリーやサンタの人形などが飾られるなど、季節のイベントにちなんだ展示も楽しめます。

ペダルカー

館内には、1900年代から1950年代の子供用ペダルカー2台が展示されています。1つは、1905年ごろに作られたフランス・ルノー製のもの。もう1つは、1938年にイギリスの自動車職人がレースカーをモチーフにして製作したものです。オイルランプの形やライトにいたるまで、当時走っていた本物の自動車にひけをとらない丁寧な作りで、子供たちにとっては憧れの的だったペダルカー。じっくりと観察してみてください。

ミュージックコレクション

音楽に関する雑誌やおもちゃ、50年代のラジオ、懐かしのドーナツ盤レコードがずらりと並んでいます。レコードは、北原照久氏が所有する約1万枚あるコレクションの一部。石原裕次郎、山口百恵、ビートルズ、スーパーマンなど、日本ポップスや映画音楽を中心に懐かしいレコードが展示されています。その数、およそ180枚。ジャケットを眺めながら、しばしノスタルジーに浸ってみるのもいいですね。また、童謡のレコードも飾られています。表紙に描かれた可愛い絵にも注目してくださいね。

60年代70年代の若者文化

ファッションをテーマにした部屋では、1960年代~70年代にかけて大流行した、石津謙介が手掛けたファッションブランド・VANの貴重なコレクションが展示されています。

キッズルーム

キッズルームには、ディズニーキャラクターを中心に、フィギュアやぬいぐるみ、時計やスキーなど様々なキャラクターグッズを散りばめられています。「トイストーリー」のジョンラセター監督のサインが書かれたウッディ―の大きなおもちゃも飾られています。この部屋は美術館でも特に人気のあるコーナーです。小さなお子様も大喜びすること間違いありませんよ。

ボーイズコレクション

ボーイズコレクションの部屋には、ブリキで作られたロボットや宇宙船、憧れの名車のティントイなど、男性的なコレクションが展示されています。ブリキのおもちゃが好きな方には見逃せないコーナーです。どのおもちゃも、小さなパーツも手抜きがなく作られており、職人たちの物づくりへの情熱が感じられます。

ガールズコレクション

ガールズコレクションのコーナーには、人形や、ままごとのおもちゃ、少女雑誌など多くの女性にとって、ノスタルジーを感じるコレクションが飾られています。巨大なバービー人形やセルロイドで作られたキューピー人形のコレクションは必見ですよ。昭和世代には、お馴染みのりかちゃん人形も勢揃いしています。

現代作家

北原照久氏が応援している現代作家の作品も展示されています。時期により様々な作家の作品が鑑賞できますよ。懐かしいおもちゃと見比べてみるのも面白いですよ。

お菓子おまけ

美術館の一角には、お菓子の缶やパッケージなどを展示しているコーナーも設置されています。戦前のものから1960年代のものまで展示しており、昭和世代には懐かしいグリコのおまけも展示されています。グリコのおまけは、時紙、セルロイド、粘土、木、ブリキ、プラスチックなど様々な素材で作られてきました。冷蔵庫や洗濯機などのおまけもあり、子供たちのお菓子のおまけからも当時の流行を知ることができます

広告物

部屋を出ると、通路そのものが展示室になっています。ここには、昭和初期から30年代にかけての広告ポスターや宝塚のポスターなどが展示されています。古いのにどこか新鮮なグラフィックは要注目です。また、通路の中央には、不二家のキャラクターで知られるペコちゃん人形も多数飾られています。

河口湖 北原ミュージアムのカフェ「Happy Days Cafe」

北原ミュージアムの隣には、直営カフェのHappy Days Cafeが併設されています。展示を一通り楽しんだ後の一服や、ランチにはぴったりのスポットです。もちろんカフェだけの利用もOKです。こちらのカフェの魅力は、目の前に河口湖を望める絶好のロケーション。特にテラス席からの風景は格別ですよ。

反対側を見上げると富士山も鑑賞できます。テラス席では、喫煙、ペットの同伴も可能。愛犬たちと四季折々の風景を鑑賞しながら、のんびりとしたひと時を過ごせます。

なお、10名以上の団体での利用の際は、必ず予約が必要です。お忘れのないようにしてください。

おすすめメニュー

おすすめメニューは、地元の富士桜ポークや甲州ワインビーフを使用したカツカレーやビーフカレー。

ほかにも、地元野菜を使った野菜カレーやロコモコ、パスタなども人気です。メインにはミニサラダがついており、ボリュームも満点。ランチにもぴったりですよ。

また、濃厚なソフトクリームを使用した「ハッピーサンデー」をはじめ、クレープ、パンケーキなどのデザート類も充実しています。

なお、ミュージアムチケットには、お得なドリンク割引券がついています。ぜひ活用してください。

  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:年中無休
  • 座席数:室内 最大26席 テラス 最大56席

河口湖 北原ミュージアムのお土産なら「ミュージアムショップ」へ

館内1階にあるミュージアムショップには、様々なオリジナルグッズが販売されています。ほかにも、ひと昔前のプラモデルや、スターウォーズ、ガンダムグッズなど、おもちゃの美術館ならではの品揃えとなっています。

プリキのおもちゃなど、ここでしか買えない一点物のアイテムありますので、コレクターの方も要チェックですよ。なおショップは、博物館に入館しなくても利用できますので、気軽に立ち寄ってみてください。

ページTOPへ

「河口湖」周辺の関連記事

このページのTOPへ