漁師の強運をおすそわけ!?マグロ漁で有名な青森・大間で開催中のツアーをレポート

  • 1584 |

マグロの一本釣りで名高い青森県下北郡大間町で、漁師ゆかりのスポットを歩く「大間の浜まぢあるき 漁師の強運おすそわけツアー」が開催されています。漁師行きつけのお店でつまみ食いを楽しんだり、勝負強い漁師たちの守り神を訪ねたりして強運を手に入れませんか。

大間の浜まぢあるき 漁師の強運おすそわけツアーとは?

大間町を牽引しているマグロ漁師たちが行きつけにしている浜寿司や一休食堂のほか、勝負強い漁師たちの守り神を祀る神社を巡るガイド付きのツアーです。集合と解散場所は、青森県下北郡大間町の宮野甘盛堂前です。

まず参加者それぞれ、つまみ食い用のお箸を手に出発します。ガイドを務めるのは、地元をこよなく愛するYプロジェクト株式会社のスタッフや、おおまエスコートクラブのメンバー。自然豊かな大間を訪れてハマの様々な魅力に触れてみませんか。ここではツアーの一部をご紹介します。

最初は、漁師の大好物のパンをパクっ。大間の漁師の元気のもとは、アブラパン!?

テレビにも出演したことがある浜寿司のオーナー。その腕はもちろん一流です。職人が握った極上のお寿司をいただきましょう。

大間の住民が足繁く通う一休食堂。元気な女将さん目当てで遊びに来る方もいるのだとか。楽しくおしゃべりしながら味わう逸品に舌鼓。

おでんの中には、サザエやアワビが!舌の上でエキスがじわっと広がります。

地元の漁師たちが中心となって新築した龍神様に参拝もできます。信心深い漁師たちの強運の神様です。

ツアーのほんの一部をご紹介しました。函館や大間に旅行を計画中の方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
下のボタンから詳細をチェックできます。

「大間の浜まぢあるき 漁師の強運おすそわけツアー」の詳細はこちら!

料金や参加方法は?

ツアーは通年開催されています。曜日は月曜から土曜までで、9月と10月は毎日行われています。ツアー時間は11時20分からと13時半の1日2回で、所要時間は約1時間半です。ただし日によって立ち寄り先が変更になるため、多少変動する場合があります。

参加料金は1人2,500円(税込)です。料金には、つまみ食い代とガイド料、保険料を含んでいます。5歳以上から参加可能で、最小催行人数は2名からとなっています。10名以上での参加は問合せが必要です。受付時間は平日の9時から14時の間で、締切は前々日の13時までです。食物アレルギーのある人は、申し込み時に伝えておきましょう。

大間へのアクセスは?

函館からフェリーに乗って行く方法

函館から9:30と16:30の1日2便(2016年8月時点)でているフェリーで大間に行くことができます。詳しくは公式サイトをチェックしてみましょう。函館旅行を満喫した後に大間へフェリーで遊びに行ってはいかがでしょうか。フェリー乗車の当日にツアーに参加される場合は、9:30の便に乗るようにしましょう。

青森駅から電車やバスまたは車で行く方法

JR青い森鉄道「青森駅」より「野辺地駅」まで約50分、JRで「下北駅」まで約60分、そこから下北バスを利用すると大間町まで約100分、車を利用すると大間町まで約60分です。青森駅から下北駅まで直通のリゾート列車「リゾートあすなろ」も利用できます。運行日は公式サイトで確認しましょう。

周辺の見どころスポットは?

写真撮影にピッタリの「ここ本州最北端の地」と彫ってある石碑や、マグロの実物大モニュメント、日本の灯台50選にも選ばれている大間埼灯台、函館の夜景を横から一望できる西吹山展望台など見どころもいっぱいです。また、マグロ漁の最盛期、9月10月の毎週日曜日に「日曜日はマグロだDAY!」というマグロ解体ショー&即売が「大間港特設会場」で開催されます。

せっかく青森に行くのなら、ツアーの後に立ち寄ってみませんか。

ページTOPへ

「青森」周辺の関連記事

このページのTOPへ