ザ・テラスクラブ アット ブセナに宿泊してきた!ホテル内を徹底紹介

  • 15129 |

「何もしないをする」贅沢を味わえるリゾートへ!

たまの休みはついついいろんなところに出かけたり、体験したり、動きまわったりしてしまいます。でも、たまには「何もしないをする」という超贅沢な時間の使い方をしてみたい!というわけで、asoview!スタッフが沖縄に行って「何もしないをする」をしてきました。大人の休日を味わえる、贅沢なリゾート体験レポートをお届けします!

13歳以下お断り、大人のための空間

今回滞在したのは「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」。2002年に沖縄サミットが行われた際に各国の首脳が滞在した「ブセナテラス」と同じ敷地内に立つ高級リゾートです。

ブセナテラスが広々とした空間を持ち、ファミリーでも楽しめるリゾートになっているのに対して、ザ・テラスクラブ アット ブセナはプライベート感を大事にした滞在型リゾート。なんと13歳以下お断り、まさに「大人のための空間」です。

敷地内には宿泊者以外原則入れないルールです。

開放的な雰囲気が別世界へ誘う

エントランスを入ると、海までまっすぐ開放的に開かれた空間が広がります。ソファーに座り、ウェルカムドリンクを飲みながらチェックイン。

宿泊棟への廊下は白で統一され、南国の気持ち良い風が吹き抜けます。

鍵にはかわいいイルカのキーホルダーがついていました。木の感触が手によくなじみます。

ずっといたくなる、居心地のいい部屋

今回泊まった部屋は「クラブデラックス・サンセット」。L字型になっている建物で、海が全面に見える「クラブデラックス・オーシャン」よりも少しお手頃な部屋です。といっても、正規の宿泊プランを利用すると、安くても1泊1人3万円ほど。贅沢な滞在です。

部屋を入ると、その広さ、統一の取れた雰囲気にまず感激。

すわり心地の良いソファ。

真っ白なリネンが気持ちいいベッド。セミダブルを2つつなげてあるので、かなり広いです。

そして特別感があるのが、このバスタブ。
窓をあけて外の景色を見ながら入浴することもできます。なんともラグジュアリー…

水にもテラスホテルズオリジナルのロゴが。
2本無料で置いてありますが、クリーンサービスなどのたびに補充されます。

コーヒー、紅茶、緑茶と、沖縄のハーブ「月桃」のお茶もあります。
これももちろん無料です。

アメニティも充実。
海洋植物などのエキスを配合した自然派「THALGO」を使用しています。

青いチューブは

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • シャワージェル
  • ボディーローション

の4種類。

スキンケア用として、白い箱のなかに

  • クレンジング
  • ローション(化粧水)
  • ミルクローション(乳液)

が用意されています。

その他入浴剤、歯ブラシ、シェーバー、シェービングフォーム、バス用タオル、シャワーキャップと、必要なものはひと通り揃っています。

窓からの眺めです。
左に見えるのが、ブセナテラスの建物。
青い海、青い空に赤瓦・白壁の建物がマッチし、沖縄らしい美しい景色を作り出しています。

廊下からは中庭が見えます。
プールもありますが、4月はいい天気とはいえ、水温はまだ少し冷たく感じます。さすがにまだプールで泳いでいる人はいませんでした。

「クラブサービス」でワンランク上の滞在

ザ・テラスクラブ アット ブセナの特徴が、すべての部屋に「クラブサービス」がついていること。
これは

  • 24時間問い合わせや要望を受け付けてくれる「バトラーサービス」がある
  • 就寝前に部屋を整えてくれる「ターンダウンサービス」がある
  • 14:00~16:00には「アフタヌーンティー」を楽しめる
  • 17:00~19:00にはシャンパンと軽食を楽しめる

という、滞在をさらにワンランクアップしてくれるサービスです。

テラスホテルズは

  • ザ・ブセナテラス
  • ジ・アッタテラス クラブタワーズ
  • ジ・アッタテラス ゴルフリゾート
  • ザ・ナハテラス
  • ザ・テラスクラブ アット ブセナ

と5つのリゾートを持っていますが、すべての部屋の宿泊者がこのサービスを受けられるのは、テラスクラブ アット ブセナのみなんだそうです。

18時頃ラウンジに降りて、シャンパンと軽食を楽しみました。
海を見ながら、ジャズの生演奏を聞きつつ、のんびりとシャンパングラスを傾ける…。

こんなにゆったりと贅沢な時間を過ごしていいんだろうか、なんてことも思ってしまうぐらい、素敵な時間です。

この日は夕日が落ちる様子も見られました。
やわらかな光があたりを包み、ゆっくりと昼が夜へと変わっていきます。

太陽の光が残る空。
海岸に出て、波の音を聞きながら夜になっていくまでぼーっとしていました。

夕食はテラスクラブのレストランの他、ブセナテラスのビュッフェや中華、イタリアン、鉄板焼きなど、さまざまなレストランから選べます。
この日はビュッフェにしたのですが、夢中になってしまい写真を撮り忘れてしまいました(汗

ヘルシーな朝食で、体がすっきり目覚める

テラスクラブ アット ブセナの宿泊プランは、基本的にすべて朝食付き。
この朝食がとてもヘルシー!沖縄ならではの「島野菜」や、南国らしいフルーツなど、体に嬉しい食材がたっぷり。好みで組み合わせて好きなメニューを食べられます。

旬のもずくもありました。

もちろんパンも種類豊富。

私の選んだメニューです。
どっさりの野菜サラダに、くずきり、フルーツ、搾りたてのオレンジジュース。
前の日に食べ過ぎてしまったので、あえて炭水化物はほとんど採らず、さっぱりしたメニューを心がけてみました。

海を見ながら外で食べることもできます。
暑すぎず、寒すぎず、とても快適な気候です。

「タラソプール」で体を整える!

そしてこのリゾートの目玉でもあるのが、「タラソプール」。
33度~36度に温めた海水のプールです。

このプールは細かくいろいろなゾーンに分かれており、ジェット水流で肩や腰、足など、全身のあらゆる場所を刺激できるようになっています。
凝り固まった体をほぐすマッサージとしても効果あり。水の中で体を動かすので運動効果も期待できます。

これが本当に!本当に気持ちよく、東京にあったら絶対通うのに…と思ってしまうほど。
さらに撮影禁止、電子機器持ち込み禁止と、徹底的にリラックスできるように配慮されています。(画像は公式サイトより)

www.terrace.co.jp/clubatbusena/

日常の疲れをリセットして、また明日から頑張れそう 

ヘルシーなご飯を食べて、運動して、本を読んで、ちょっとお昼寝して…
そんな感じでのんびりと過ごせた2泊3日。夢のような時間でした。

日常から離れて心と体をリセットできた、贅沢な滞在。うん、ここにまた来ることを目指して、日々頑張るのも悪くない、と思えます。

「何もしない」をしたくなったら、選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか?

 

ブセナ海中公園にある海中展望塔のレポートはこちら!
ブセナ海中公園で海底探検!海中展望塔の見どころ徹底解説

ページTOPへ

「名護・本部」周辺の関連記事

このページのTOPへ