箱根駒ケ岳ロープウェーで楽しむ7分の空中散歩!大パノラマを見に行こう

  • 1602 |

芦ノ湖畔の複合リゾート施設・箱根園と箱根駒ケ岳山頂を結ぶ、箱根駒ケ岳ロープウェーを紹介します。料金やアクセス、レストラン、ロープウェーからの景色などをチェックしましょう。お得な割引・クーポン情報もありますよ。

【最大100円OFF】箱根駒ケ岳ロープウェー・往復割引チケットはこちら

箱根駒ケ岳ロープウェーとは?

箱根駒ケ岳ロープウェーは全長1,783mあり、麓にある箱根園内の乗り場から駒ヶ岳山頂までを約7分で結びます。

運行開始は1963年。開始当初から伊豆箱根鉄道が運営していましたが、2016年1月からはプリンスホテルの箱根園に運営が移りました。搬器の定員は101名。団体で訪れても、みんなで乗車できますね。

大きな窓からは眼下に広がる絶景を眺められます。かつては駒ヶ岳ケーブルカーも運行していましたが廃止されたため、現在では箱根駒ケ岳ロープウェーが駒ケ岳山頂にいたる唯一の交通手段となりました。

駒ケ岳山頂には箱根神社の奥の院、箱根神社元宮があります。

山頂の標高は?

箱根駒ケ岳の標高は1,327m。周囲には神山(標高1,438m)、冠ヶ岳(標高1,412m)、上二子山(1,090m)もそびえます。麓の乗り場と山頂の高低差は590.8mです。

箱根駒ケ岳ロープウェーはペットと乗れる?

箱根駒ケ岳ロープウェーは、愛犬と一緒に乗車することができます。ただし、押さえておきたいルールやマナーがあります。

乗車ルール

  • 狂犬病・混合ワクチンを接種していない犬は乗車不可。
  • 乗車の際はキャリーなどに入れること。
    ※乗り場で小型犬用のキャリー4つを貸し出しています。
  • 山頂到着後は、リードを付けた状態でのみ、キャリーなどから出すことができます。
  • 抱っこ紐を使う場合は、ほかの乗客に顔が近づかないように配慮すること。
    ※混雑時は抱っこ紐での乗車ができません。
  • 山頂到着後はリードを離さず、排泄物の始末を必ずしましょう。
  • 犬同士やほかの乗客とのトラブル、加害事故の責任は飼い主にあります。

※乗客の安全や運行上の秩序が守れないと判断されると、乗車を断られる可能性があります。

愛犬を抱きかかえるだけでは乗車できないので、キャリーを準備しましょう。ルールを守って、ペットと一緒に箱根駒ケ岳ロープウェーを楽しみたいですね。

箱根駒ケ岳ロープウェーの料金

普通運賃

片道

  • 大人:640円
  • 子ども:330円

※障がいがある方の料金は、大人540円、子ども270円です。障がいがある方1人につき、付き添いの方も1名まで同額で乗車できます。

往復

  • 大人:1,080円
  • 子ども:540円

箱根駒ケ岳ロープウェーの割引・クーポン

駒ケ岳ロープウェーでは、往復運賃が100円割引になるクーポンが販売されています。スマホで購入でき、利用時もスマホの購入画面を提示するだけとスムーズです。お得に駒ケ岳の絶景を楽しみたいなら、前売りチケットがおすすめですよ。

箱根駒ケ岳ロープウェーの営業時間

始発

上り下りともに9:10が始発です。
※初日の出客が訪れる元旦は、早朝特別運行をおこない、5:30ごろに始発が出ます。

最終

上り:16:30
下り:16:50
※花火大会などで夜間特別運行をおこなう場合があります。

運転間隔

20分間隔で運行します。多客時は10分間隔の運行ですが、それでも行列ができることも。

運休日

無休。点検や荒天の場合は運休あり。公式サイトで運行状況が分かります。

箱根駒ケ岳ロープウェーのアクセス

電車を利用する場合

  • 東海道新幹線「小田原駅」下車。伊豆箱根バスで1時間20分。
    ※運賃はおとな¥1,270、こども¥640
  • 小田急ロマンスカー「箱根湯本駅」下車。伊豆箱根バスで1時間5分
    ※運賃はおとな¥1,150、こども¥580

東京駅から小田原駅までは約1時間20分、新宿駅から小田急ロマンスカーを利用して箱根湯本駅までは約1時間40分です。

バスを利用する場合

箱根駒ケ岳ロープウェーがある箱根園へは、周辺の駅から伊豆箱根バスが運行しています。

  • 小田原駅東口から伊豆箱根バスで箱根園へ(通常所要時間80分)。運賃1,310円。
  • 熱海駅から伊豆箱根バスに乗車。十国経由で箱根園へ(通常所要時間80分)。運賃1,310円。

    ※混雑時は遅れることがあります。

伊豆箱根バス問い合わせ先

小田原駅前案内所

  • 電話番号:0465-22-3166

熱海営業所

  • 電話番号:0557-81-8231

公式サイト

車を利用する場合

2011年から通行無料となったので、小田原方面からは箱根新道の利用がおすすめです。

  • 東名高速道路厚木I.C.から小田原厚木道路を経由して、52km(通常時1時間5分)。
  • 東名高速道路御殿場I.C.から乙女峠を経由して24km(通常時45分)。

駐車場情報

箱根駒ケ岳ロープウェーへ車で行く場合、箱根園の駐車場を利用します。箱根園の駐車場は平日無料、ゴールデンウイークや夏休み、年末年始などは有料になります。事前に箱根園に確認しましょう。

箱根園駐車場

  • 駐車台数:乗用車300台、バス15台
  • 駐車料金:平日無料
    ※有料の日は乗用車1,000円、二輪車200円、二新車(50cc以上)400円、マイクロバス2,000円、大型バス無料
    ※いつ有料の日にあたるかは、箱根園にお問い合わせください。
  • 電話番号:0460-83-1151

箱根駒ケ岳ロープウェーの混雑状況

混雑が予想されるのはゴールデンウイークやお盆休み、新緑や紅葉のシーズンです。都内から日帰りで行ける距離なので、ふだんの土日祝日もにぎわっています。もっとも混雑するのは元日。駒ケ岳で初日の出を見るため、毎年たくさんの人が訪れます。元日は早朝から特別運行が実施されます。2016年は5:30が始発しでした。夏の花火大会でも夜間特別運行があり、かなりの人出です。

箱根駒ケ岳ロープウェーの天気

ロープウェーや山頂からの眺めを満喫するなら、晴れた日に出かけたいですね。下記から駒ケ岳の天気予報をピンポイントで確認できるので、お出かけの参考にしてみてください。

駒ケ岳の天気を確認する!

荒天の場合、箱根駒ケ岳ロープウェーは運休します。台風接近時などは箱根園のホームページで運行状況を調べてください。

箱根駒ケ岳ロープウェーへはどんな服装でお出かけしたらいい?

標高1,327mの駒ケ岳山頂は夏でも涼しく、避暑に最適。もっとも暑い8月でも気温は20度前後です。季節を問わず、サッとはおれる上着があると安心。

春や秋は軽装では肌寒いくらいの日もあり、冬は氷点下の日が続きます。防寒対策は万全にしてください。

また、山頂は舗装されておらず、箱根神社本宮へは石段を登ります。スニーカーなど歩きやすい靴を用意しましょう。

箱根駒ケ岳 山頂からの絶景を楽しもう!

箱根駒ケ岳ロープウェーの楽しみといえば、絶景!ロープウェーや駒ケ岳山頂からはそびえる富士山、駿河湾、伊豆半島、伊豆七島、湘南海岸、天気がよければ房総半島まで見渡すことができます。特に雄大な富士山の姿は圧巻。冬は晴天の日が多く、空気が澄んでいるので絶景のベストシーズンといえるでしょう。

日が短くなる10月末から翌1月末にかけては、最終運行の時間帯と日没のタイミングが重なります。沈みゆく夕日が峰々と芦ノ湖を染め、静かに宵闇が広がっていくのを眺めましょう。

もちろん春、夏、秋にもそれぞれ見どころがありますよ。季節ごとに紹介します。

四季折々の美しい景色

駒ケ岳の山腹は草原になっているため桜はありませんが、周囲の山々が桜や新緑におおわれ、春らしい眺めが広がります。4月中旬ごろに訪れるならロープウェー乗り場の近く、芦ノ湖畔に面した芝生の広場に咲く「湖畔の一本桜」が必見です。ぜひ立ち寄ってください。

初夏から盛夏にかけては、山頂付近の高山植物が見ごろを迎えます。「ハコネサンショウバラ」にはじまり、ピンクの小花が可憐な「シモツケソウ」、「ホタルブクロ」などが次々に開花。晩夏になると駒ケ岳でしか見られない「ハコネトリカブト」が美しい紫色の花を咲かせます。また、夏だけの絶景は山麓の箱根園でおこなわれる花火大会。8月20日ごろ開催され、箱根駒ケ岳ロープウェーが夜間特別運行。夏の夜空を彩る花火を山頂で鑑賞しましょう。

芦ノ湖がぐるりと紅葉で縁どられ、周囲の山が赤や黄色に染まる秋。1度は訪れたい季節です。駒ケ岳一帯は、10月下旬から11月下旬にかけて紅葉が見ごろを迎えます。紅葉の時期はかなり肌寒くなるため、紅葉狩りは温かい服装で。

寒さは厳しいですが山頂からの見晴らしがよく、富士山がはっきり見えます。1~3月にかけては雪が降ることも。幻想的な眺めを楽しめます。さらに条件が整えば、一面に広がる雲海を見られるかもしれません。駒ケ岳山頂は、初日の出スポットとしても有名です。駒ケ岳山頂からご来光を望み、箱根神社本宮で初詣はいかがですか?

山頂には箱根神社の元宮も

古くから山岳信仰の場であった駒ケ岳。その山頂にあるのが、箱根神社本宮(はこねじんじゃもとつみや)です。箱根神社本宮はふもとにある箱根神社の奥宮。箱根神社は奈良時代初期に創建された、歴史ある神社です。現在の社(やしろ)は1964年に再建されました。神が白馬に乗って降りたった「降神伝説」の馬降石が鳥居脇にあります。

毎年10月24日に燧火(きりび)神事、御神火祭、例祭がおこなわれ、パワースポットとしても人気。ロープウェーを降り、右へ進むと箱根元宮神社参道です。箱根神社、箱根神社本宮、箱根神社脇の九頭龍神社本宮をすべて参拝する「三社参り」をすると運気がアップするとか。

箱根駒ケ岳ロープウェーのお土産

お土産探しは箱根園内のショップが便利。ショップがあるエリアはアーケードになっているので、雨の日でも快適に買い物を楽しめます。

箱根園ショッピングプラザ

幅広い品ぞろえでお土産選びにピッタリな「箱根園ショッピングプラザ」。1階はこだわりのスイーツや地元特産品、2階にはラジコンランドや小田原ちょうちん作りコーナーなども。授乳室完備なので、赤ちゃん連れでも安心してショッピングできますよ。箱根プリンスパン工房とのコラボ商品や「カリントまんじゅう」が人気です。

名産品コーナー

地酒をはじめ、お茶、スイーツ、干物、かまぼこ、漬物など地元特産品がずらり。定番のお土産を買いたいなら名産品コーナーが最適です。サッパリした味わいのジェラートが評判。

箱根駒ケ岳ロープウェーのレストラン

ロープウェー乗車前後に立ち寄りやすい、箱根園内のレストランを紹介します。

ななかまど

箱根園内の食事処「ななかまど」では、広々とした店内から芦ノ湖を眺めながら食事ができます。ラーメン、カレーライス、丼物、うどん、焼肉定食など定番メニューがそろっていますよ。15:00までの営業なので、ランチタイムにどうぞ。

  • 営業時間:11:00~15:00
  • 定休日:無休
  • 電話番号:0460-83-1111

箱根プリンスパン工房

種類も店頭に並びます。イートインスペースは100席ほど設けられ、ドリンクメニューが充実しているので、店内でゆったり食べられます。テイクアウトして外で食べるのも気持ちがいいですね。総菜パン、デニッシュペストリー、ドーナツのほか、「みしまコロッケ」も販売しています。人気はメロンパンや金時豆パン。かわいい見た目の「温泉アザラシパン」は、子どもが喜びそう。ランチやおやつ、お土産に便利なパン工房です。

  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:無休
  • 電話番号:0460-83-1151

カレー&ラーメンショップ 麦わら屋

カレー&ラーメンショップ 麦わら屋は、カレーとラーメンの専門店。食券制でサッと食べられる気軽さが魅力です。ラーメンはつけ麺、チャーシューメン、箱根園ラーメンなど。麦わらラーメンはボリューム満点だから、ガッツリ食べたい人におすすめです。ラーメンは単品のほか、ミニカレー付きのセットもOK!カレーはスタンダードなビーフカレーやカツカレーから、チキンカツカレー、大エビカレーまで。アイスクリームもさまざまなフレーバーから選べますよ。

  • 営業時間:11:00~16:00
  • 定休日:不定休

ページTOPへ

「元箱根・芦ノ湖周辺」周辺の関連記事

このページのTOPへ