伊勢安土桃山文化村 園内の見どころからお得な割引情報まで徹底解説

  • 1356 |

三重県伊勢市にある伊勢安土桃山文化村は、織田信長や豊臣秀吉が活躍した安土桃山・戦国時代の雰囲気が楽しめる大型レジャー施設です。施設内には、織田信長が築城した幻の安土城を中心に、当時の町並みが忠実に再現されており、まるでタイムスリップしたかのような体験ができると、多くの歴史好きが全国から訪れます。また、妖怪屋敷や忍者屋敷、ゲームコーナーなど、体験型のアトラクションも満載。親子やカップルで1日中遊べるスポットです。今回は、そんな伊勢・安土桃山文化村の魅力や割引・クーポン情報をご紹介していきます。

伊勢安土桃山文化村のお得なチケットはコチラ!

伊勢安土桃山文化村とは?

伊勢安土桃山文化村は、伊勢神宮からすぐの場所にある、安土桃山時代の歴史と文化が体感できるテーマパークです。1993年、伊勢戦国時代村という名前で日本最大級の時代劇テーマパークとしてオープンしました。

かつては、欽ちゃんことタレントの萩本欣一さんが名誉村長を務めており、その名残でちょんまげワールド伊勢という別名でも知られています。

村内は、織田信長が建てた幻の城「安土城」を中心に情緒ある町並みが広がります。入口の戦国大門をくぐると、もうそこは織田信長や豊臣秀吉でお馴染みの戦国時代。タイムスリップ気分を楽しめます。

さらに、忍者アクションショー「大忍者劇場」などの観劇をはじめ、火縄銃・手裏剣・弓矢・吹き矢などといったゲームコーナーや、妖怪屋敷や忍者屋敷など、子供から大人まで楽しめる多彩な施設が備えられており、県外からも多くの人が訪れる人気観光スポットです。

忠実に再現された安土城

村の中心となっているのは、宮上茂隆安土城天守復元案を元に、レプリカ建築としてほぼ忠実に再現した安土城。本能寺の変の後に焼失してしまった幻の城「安土城」の姿を眺められるだけではなく、実際に入り、天守閣まで登れるのが最大の魅力です。

さらに、各階には桶狭間の合戦や本能寺の変など、歴史の教科書でお馴染みの様々なシーンを再現したジオラマ、金箔で覆われたまばゆいばかりの「黄金の間」などがあり、見どころも満載です。

広大な敷地で安土桃山時代にタイムスリップ

敷地面積は約10万坪。駕篭バスが走るほど広大な敷地内には、原寸大の安土城を中心に洛中洛外、楽市楽座、戦国砦など、安土桃山時代の街並みが時代考証に基づき再現されています。本物さながらの忍者、戦国武将、花魁、町奉行や、イメージキャラクターの「にゃんまげ」が、観光客を出迎えてくれるのもポイント。衣装をレンタルして村内を歩きまわるのもおすすめです。伊勢安土桃山文化村では、タイムスリップ体験を思い切り楽しみましょう。

伊勢安土桃山文化村の料金

ここでは、伊勢安土桃山文化村の料金についてご紹介していきます。村内では、よりタイムスリップ気分を楽しめるよう、「円」ではなく「両」が使用されています。「円」と「両」は同じ単位を指していますので、1円=1両とお考えください。

入村手形(入村のみ)

  • 大人(18歳以上):2,500両
  • 中人(中高生):1,200両
  • 小人(小学生):900両

通行手形(有料館セット券)

通行手形は、入村と安土城・劇場での観劇・体験館がセットになったチケットです。アトラクションを目いっぱい楽しみたい方におすすめです。

  • 大人(18歳以上):3,900両
  • 中人(中高生):2,500両
  • 小人(小学生):2,000両

個別料金(入村手形の場合)

入村手形のみで入村しますと、有料館は以下の個別料金が必要となります。

300両

  • 伊賀忍者妖術屋敷
  • 妖怪屋敷
  • 怨霊首無寺
  • 忍者修行砦
  • ニャンまげ劇場
  • ちょんまげ3Dっぽい劇場

500両

  • 山田奉行所
  • 大江戸劇場紅屋
  • 忍者からくり迷路
  • 安土城

600両

  • 大忍者劇場

伊勢安土桃山文化村の割引・クーポン

お得に伊勢安土桃山文化村を楽しみたい方のために、ここでは割引・クーポン情報をご紹介します。

ネットで事前購入!スマホを見せるだけの便利な電子チケット

伊勢安土桃山文化村では、2種類の電子チケットを販売中。事前購入チケットなので、当日入場する際もスマホを提示するだけとスムーズです!内容は、フリーパスと遊戯券に手裏剣体験または弓矢体験が付いているプランの割引、入場券と遊戯券に手裏剣体験または弓矢体験が付いているプランの割引となっています。せっかく伊勢安土桃山文化村を訪れるなら、お得に楽しみましょう!

公式サイトのクーポンを利用する

公式サイトの「料金・入村案内」のページを見てみてください。ページの「割引について」欄にある、「インターネット特別優待券」、「ご家族割引券」、「ペア割引券」のいずれかを選んでクリックし、人数と住んでいる地域を入力して「この内容でクーポンを作る」ボタンをクリックします。すると別画面でクーポンが表示されますので、プリントアウトして持参、もしくはスマホや携帯電話でクーポン画面をご提示ください。

なお、iPhoneユーザーはiPhoneの標準ブラウザ・Safari以外のブラウザやアプリなどでアクセスした場合、クーポンが正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。

インターネット特別優待券

入村手形・通行手当てが、通常料金より10%OFFになります。

ご家族割引券

大人2人と小学生1人の組み合わせで、2,000円割引になるお得なクーポンです。小学生2人以上は、1人追加ごとに1,800円プラスになります。

ペア割引券

大人2人で1,500円の割引となります。ペア割引券は同性同士でも利用できます。

伊勢安土桃山文化村の営業時間

伊勢安土桃山文化村の営業時間・定休日についてご紹介します。最終入場時刻は閉門の1時間前です。なお、時期によって営業時間が異なるので、お出かけ前には必ずチェックしてみてください。

3月17日~11月15日

  • 9:00~17:00 

11月16日~3月16日

  • 9:30~16:00

定休日

  • 年中無休 

※冬期に数日間、施設メンテナンスのための休村日があります。
※貸切営業のため休村の場合があります。

伊勢安土桃山文化村の所要時間

伊勢安土桃山文化村をはじめ、伊勢神宮、志摩スペイン村やミキモト真珠島など、魅力的な観光スポットが揃う志摩半島。伊勢安土桃山文化村には、志摩半島観光の1つとして訪れる方も多いはずです。その際に知っておきたいのが所要時間。

伊勢安土桃山文化村での滞在時間の目安は2時間から3時間。アトラクションや観劇、食事などをゆっくり楽しみたい方は4時間以上見ておきましょう。効率よくまわりたい方には、園内を走る無料バスの利用もおすすめです。

伊勢安土桃山文化村の天気

お出かけの際に天気予報が気になる方は、下記のリンクから、伊勢安土桃山文化村のピンポイント天気を確認することができますので、ぜひご活用ください。現在の天気から週間天気までチェックできますよ。

伊勢安土桃山文化村の天気を確認する

雨でも楽しめる?

伊勢安土桃山文化村は屋外テーマパークなので、雨の日には傘などの雨具が必要です。ただし、村内にあるほぼ全てのアトラクションや観劇施設は、屋内に備えられていますので、一度各施設に入ってしまえば雨を気にすることはなく快適に過ごせます。また、施設間の移動には「駕籠バス」という無料の村内バスもありますので、こちらをうまく活用しましょう。

伊勢安土桃山文化村のアクセス

こちらでは、伊勢安土桃山文化村へのアクセスや駐車場情報をご紹介します。

車を利用する場合

http://www.ise-bunkamura.co.jp/

大阪方面から(吹田ICより)

名神高速で「草津JCT」へ。その後、新名神高速を通り「亀山JCT」で東名阪道・伊勢道に入ってください。最寄りICである「伊勢IC」からは、有料道路・伊勢二見鳥羽ラインをご利用ください。

  • 所要時間:約130分

もしくは、近畿道で「松原JC」Tへ。その後、西名阪道を通り「天理IC」から名阪国道・伊勢道に入り、「伊勢IC」からは、有料道路・伊勢二見鳥羽ラインをご利用ください。

  • 所要時間:約170分

名古屋・東京方面から(名古屋西ICより)

東名阪道を通り「伊勢西IC」へ。その後、伊勢道に入り「伊勢IC」からは有料道路・伊勢二見鳥羽ラインをご利用ください。

  • 所要時間:約100分

電車を利用する場合

http://www.ise-bunkamura.co.jp/

大阪方面から

近鉄大阪「上本町駅」から近鉄特急に乗車し、「宇治山田駅」で下車。「宇治山田駅」からは、タクシーまたは無料送迎バスをご利用ください。

  • 所要時間:約105分

名古屋・東京方面から

近鉄「名古屋駅」から近鉄特急に乗車し、「宇治山田駅」で下車。「宇治山田駅」からは、タクシーまたは無料送迎バスをご利用ください。

  • 所要時間:約80分

もしくは、JR「名古屋駅」から、JR快速みえに乗車し「二見浦駅」で下車してください。「二見浦駅」からは、タクシーまたは無料送迎バスとなります。

  • 所要時間:約90分

駅からは無料バスが毎日運行!

近鉄「鳥羽駅」から伊勢安土桃山文化村までは、無料バスが毎日運行していますので、こちらを利用するのもおすすめです。9時40分に近鉄「鳥羽駅」を出発すると10時に伊勢安土桃山文化村に到着します。

フェリーを利用する場合

http://www.ise-bunkamura.co.jp/

中部国際空港より

津エアポートライン(高速船)に乗船し、津なぎさまちで下船。その後、連絡バスでJR「津駅」まで行き、そこからJR快速みえに乗車し、「二見浦駅」で下車してください。「二見浦駅」からは、タクシーまたは無料送迎バスとなります。

  • 所要時間:約70分

伊良湖港より

伊勢湾フェリーを利用し、「鳥羽港」へ。「鳥羽港」からは、車でR42を経由、有料道路・伊勢二見鳥羽ラインに入ってください。

  • 所要時間:約70分

伊勢安土桃山文化村の駐車場

伊勢安土桃山文化村には1,500台の車を駐車できる巨大駐車場があるので、週末や連休中でも安心です。また、終日無料なので時間を気にすることなく、閉園まで伊勢安土桃山文化村を満喫できますよ。

忠実に再現された幻の名城「安土城」は必見!

伊勢安土桃山文化村の目玉は、織田信長が1579年に琵琶湖のほとりに築いた幻の名城「安土城」。5層7階の大型の天主を初めて持った城として知られており、金の鯱(シャチホコ)を初めて乗せたのも安土城だと伝えられています。ヨーロッバや中国文化の影響を受けた色彩豊かな名城として天下にその名を轟かせましたが、完成からわずか3年後に焼失してしまい、現在はその姿を見ることはできません。また、当時の安土城についての文献はあまり残されておらず、幻の名城と呼ばれています。

その幻の名城を、建築史家の宮上茂隆氏による復元案をもとに原寸大で再現したのが「伊勢安土桃山文化村」の安土城天守閣。外観の瓦層は5層なのに対し、地下1階、地上6階と全7階で構成。この内外の不一致な階数が大きな特色です。

さらに外壁は3層目までが黒、4層目が朱、5層目が金箔。屋根瓦も赤・青・金箔瓦が使われており、当時の桃山文化を代表する豪華絢欄な建築物がそのまま再現されています。中でも、7階の一面金箔張りの「黄金の間」は一見の価値があります。高さは本丸地表より43m。日本初の高層建築とも伝えられる安土城天守閣から、伊勢湾を一望できるのも大きな魅力です。織田信長が生きていた時代に想いを馳せながら、ゆったりと見学しましょう。

安土城 各フロアの見どころ

それでは、各フロアの見どころをご紹介します。1階が「桶狭間の合戦空間」、2階「稲葉山城の攻防」、3階「小谷城の攻防」、4階「本能寺の変」、5階「信長バテレン会談」と、信長が活躍した歴史の名シーンがジオラマで鑑賞できます。そして6階が伊勢湾を一望できる「展望台」。最上階は、一番の見どころ一面金箔張りの「黄金の間」となっています。

1階 桶狭間の合戦空間

1560年、2万5千の大軍で尾張に侵攻した今川軍に対し、織田信長が10分の1の軍勢で今川軍の本陣を強襲し今川義元を討ち取った、日本の歴史上で有名な戦いがジオラマで再現されています。この戦いの勝利により、織田信長は一躍近隣諸国に注目され、戦国大名として大きな一歩を踏み出しました。

2階 稲葉山の攻防

1567年、斉藤氏の居城・稲葉山城を織田信長が攻め取った攻城戦がジオラマで再現。この戦の後、信長は稲葉山城を岐阜城に改名し、居城として天下統一を目指します。また、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が出世した戦と伝えられています。

3階 小谷城の攻防

3階のジオラマは、1573年の浅井長政と織田信長の戦いが再現されたものです。小谷城は、信長の妹・お市の方と、その夫・浅井長政との悲劇の舞台として知られています。

4階 本能寺の変

4階にあるのは、1582年、信長の有力家臣・明智光秀が謀反を起こし、主君の信長と後継者の信忠を襲い自害に追いやった、教科書でもお馴染みの本能寺の変のジオラマ。信長の無念が伝わってくるかのようです。

5階 信長バテレン会談

活発な南蛮貿易をはじめ、畿内でのキリスト教布教を許したことで知られる織田信長。ポルトガル人宣教師のルイス・フロイスとの会見の様子などがジオラマで再現されています。

6階 展望台

安土城の6階は展望台。43mの高さから伊勢湾を一望する絶景ポイントとなっています。信長になった気分で下界を見渡してみましょう。絶景を眺めるのと同時にもう1つ注目してもらいたいものがあります。それは、瓦屋根に置かれている金箔13万枚が張られた金の鯱です。展望階から間近に鑑賞できますので、じっくりと観察してみてください。

7階 黄金の間

7階まで上ると、壁や天上すべてにまばゆいばかりの金箔が貼られた「黄金の間」が姿を現します。全体が金色に光輝くこの部屋は、築城当時の安土城を再現したもの。ここでしか見ることのできない豪華絢爛な「黄金の間」は必見です。

信長おもしろ歴史ガイドツアーも毎日開催!

教科書に載っていない歴史をテーマに、歴史案内人が面白おかしく城内を案内してくれる参加型ツアー「信長おもしろ歴史ガイドツアー」も毎日開催されています。安土城の秘話や先人の知恵などが、楽しく、わかりやすく学べますよ。所要時間は約30分。時間に余裕がある方は参加してみてはいかがでしょうか。

迫力のライブパフォーマンスに感動!観劇どころ

伊勢安土桃山文化村では、プロの役者による笑いと感動が溢れるお芝居が鑑賞できます。現在は、名奉行として名高い大岡越前をモチーフにした「山田奉行所」、江戸の華・花魁たちが登場する「大江戸劇場紅屋」や、「ちょんまげ3Dっぽい劇場」、「大忍者劇場」、さらには、伊勢安土桃山文化村のマスコットキャラクター・ニャンまげが登場する映画「ニャンまげ劇場」の5つのショーが定期的に上演。迫力あるパフォーマンスと役者たちとのふれあいが楽しめます。

山田奉行所

名奉行と名高い大岡越前が登場するお芝居「山田奉行所」。江戸町奉行になる前、ご当地伊勢にて山田奉行を務めていた、若き日の大岡越前の名裁きが間近で鑑賞できます。

なお、この演劇を見る際の心得は3つ。1つ目は劇中は静かに見ること。ただし、おもしろい時は大声で笑うこと。2つめは拍手を忘れないこと。最後の心得は、カメラ・ビデオカメラ撮影は周りに迷惑がかからないように行うことです。

大江戸劇場紅屋

諸芸百般に優れており、高い教養も身につけ、江戸の華と呼ばれた花魁(おいらん)たちに焦点を当てたお芝居です。豪華絢爛な花魁たち、中でも吉野太夫の美しさは別格。大いに見とれてください。

また、観劇中には観客の中から男性1人が舞台に上がるようになっています。運が良ければ、選ばれるかもしれません。なお、「山田奉行所」同様に、カメラ・ビデオカメラ撮影は自由に行えます。

ちょんまげ3Dっぽい劇場

「ちょんまげ3Dっぽい劇場」は、通常の3D映像とは少し異なる、ちょんまげワールド風3D劇場です。人気キャラクターの「まげdeっち」や忍者が繰り広げる笑いのエンターテイメントになっており、お子様にも好評のお芝居です。こちらのお芝居は、カメラ・ビデオカメラの撮影は禁止されていますので、ご注意ください。

大忍者劇場

忍者たちが舞台と客席を縦横無尽に駆けめぐり、迫真の演技と迫力あるアクションを披露する「大忍者劇場」。真剣な中にも笑いがあり、子供から大人まで楽しめます。なお、演出中はフラッシュ効果が使われ、明るくなったり暗くなったりが連続することがあるので、小さなお子様連れの方はお気を付けください。また、忍者の死闘上映中は、カメラ・ビデオカメラ撮影はできないことになっています。

ニャンまげ劇場

「ニャンまげ劇場」は、伊勢・安土桃山文化村や日光時代村のマスコットキャラクター・ニャンまげが登場する、ニャンまげファンはもちろん、子供から大人まで楽しめるコミカルCG映画です。

映画として作られているので、「山田奉行所」や「大忍者劇場」などのショーとは一味違った雰囲気が楽しめるのではないでしょうか。ニャンまげ一家を見ることができるのはスクリーンの中だけです。どのような活躍をしているのか、ぜひ確かめてみてくださいね。なお、日によっては、「大阪城炎上」という映画と2部上映となっています。

安土桃山の世界へタイムスリップ!体験どころ

様々な体験型のアトラクションも伊勢安土桃山文化村の目玉の1つ。人間の平衡感覚を利用した「伊賀忍者妖術屋敷」、忍者の修業が体験できる「忍者修行砦」や「忍者からくり迷路」など、好奇心を掻き立てられるようなアトラクションが満載。安土桃山の世界に迷い込んでしまったかのような不思議体験が楽しめます。ほかにも、数々の妖怪が登場するアトラクション「妖怪屋敷」や「怨霊首無寺」など、スリルが味わえるスポットもあります。ぜひチャレンジしてみてください。

伊賀忍者妖術屋敷

「伊賀忍者妖術屋敷」は、忍者の妖術に掛かった摩訶不思議な屋敷。人間の視覚による平衡感覚を利用した錯覚の部屋です。平地にいるのにうまく立てなかったり、水が高い方向に流れたり、驚きの不思議体験が楽しめます。

妖怪屋敷

ちょっとしたスリルを味わいたい方には、日本古来の妖怪たちが住みつく館「妖怪屋敷」がおすすめ。恐怖と戦慄の霊界から、協力し合って抜け出しましょう。

忍者からくり迷路

「忍者からくり迷路」は、11ヶ所の仕掛けがある巨大迷路。忍者になりきって屋敷から脱出しましょう。なお、脱出のヒントはドンデン返しの扉を見つけることです。親子で挑戦してみてください。

怨霊首無寺

戦乱の世に散った武将たちの怨念が宿ると言われる「怨霊首無寺」。織田信長などの武将たちの怨霊がとてもリアルに演出されており、本当に怖いともっぱらの評判です。お化け屋敷などが好きな方にはぴったりのアトラクションですよ。

忍者修行砦

忍者の修行をし、忍術を極めることができるという「忍者修行砦」。揺れる廊下、せまりくる壁と、様々な難関や不思議な現象と遭遇しながら、忍びの術が修行できます。

大人は童心に帰って楽しめるスポットです。

戦国武将や忍者になりきって挑戦!遊びどころ

村内には、ゲームを楽しめる施設もたくさん。家族や友達とワイワイ賑やかに目いっぱい遊べます。ゲームは、火縄銃・手裏剣・弓矢・吹き矢や南蛮渡来のダーツなど、伊勢安土桃山文化村でしか体験できないものばかりです。忍者や戦国武将になりきって、こぞって挑戦してみましょう。

戦国合戦砦 鉄砲体験館

火縄銃に見立てたコルク銃で戦に参加!し、見事に的を射ぬく事が出来れば金貨が貰えます。手に入れた金貨は1枚300両として村内でお土産・お食事に利用できますよ。

戦国腕試し館

戦国武将の腕の見せどころと言えば弓矢です。信長、秀吉の弓大将だった大島光義になった気分で、的を狙い定めて挑戦してみましょう。

鬼泣かせ(伊賀手裏剣道場)

忍者になったつもりで、鬼の的に向かって手裏剣を投げつけましょう。的を射ぬく事ができれば、見事ご褒美が貰えます。

舶来遊戯堂

「舶来遊戯堂」には、サイコロゲームなど、小さなお子様でもチャレンジできる楽しいゲームがいっぱいあります。南蛮渡来のダーツもおすすめです。親子で遊びたい時に、ぴったりのスポットですね。

吹き矢

忍者の飛び道具・吹き矢に挑戦できるゲームもあります。5つ的に命中させるとキャラクターグッズなどの景品がもらえますので、忍者になったつもりでしっかりと的を狙いましょう。

ランチはここで決まり!お食事どころ

伊勢安土桃山文化村には、おいしいグルメも充実しています。お腹が空いたときや、一息つきたい時はお食事処に立ち寄ってみましょう。お食事処には、伊勢・安土桃山文化村の役者が好んだメニューが味わえる「舶来亭」、地元伊勢の食材を使用したメニューが人気の「よってっ亭」や「おいしんぼ」、ラーメンなどの中華料理を頂ける「中国亭」、さらにみたらし団子など甘いものが味わえる「甘々亭」と、ジャンルに富んだ味が楽しめるのが大きな魅力です。

舶来亭

「舶来亭」では、伊勢・安土桃山文化村の役者がこよなく愛したという、ざるそばや、タレが特徴的な伊勢名物・伊勢うどん、いちごミルクのかき氷をいただけます。

人気メニュー

  • ざるそば:600両

  • 伊勢うどん:600両

  • 噂の豚まん:400両

よってっ亭

海の幸御膳や伊勢地鶏卵の親子丼など、伊勢の特産物を使用した料理が用意されています。

伊勢で食べておきたいご当地グルメが満載のレストランです。

人気メニュー

  • 海の幸御前:1,000両
  • 伊勢地元卵の親子丼:1,000両
  • 伊勢志摩風めかぶきしめん:800両

おいしんぼ

伊勢志摩名産の手こね寿司や郷土料理がいただけるレストランです。

てごね寿司・味噌汁・漬物・伊勢うどんがセットになった「おかげセット」など、ボリュームも重視したい方や男性にもおすすめのグルメスポットです。

人気メニュー

  • おかげセット(てごね寿司・味噌汁・漬物・伊勢うどんのセット):1,450両

  • 郷土料理 伊勢エビセット(伊勢エビフライ・ひじきご飯・伊勢エビ汁・小鉢・漬物のセット):2,000両

中国亭

「中国亭」は、安土桃山時代に出現した中華料理レストラン。ラーメンや丼ものなどが味わえます。お子様や男性に高い人気を誇っています。

人気メニュー

  • 江戸定食(ミニちゃーしゅー丼・江戸中華そばのセット):1,200両

  • ねぎ玉豚丼(スープ付き):900円

  • 魚介うま塩、チャーシュー塩ラーメン:1,200円

甘々亭

伊勢安土桃山文化村自慢の甘味処「甘々亭」では、みたらし団子などの甘いものや小腹を満たせるメニューが用意されています。

ランチのあとのデザートにもぴったりですよ。

人気メニュー

  • みたらし団子(3本):400両
  • 五平もち:400両

  • 白玉ぜんざい:500両

ニャンまげグッズも豊富!お土産どころ

安土桃山文化村でゆっくり遊んでグルメも楽しんだら、お土産物も気になるところ。村内にあるお土産物屋の「楽市楽座」と「京乃屋」では、ニャンまげ、まげdeっちなど、ここだけでしか購入できないオリジナルグッズに加え、伊勢志摩の名産品も購入することができますよ。伊勢志摩のお土産選びにもぴったりのスポットなので、ぜひ立ち寄ってみてください。

楽市楽座

「楽市楽座」は、ニャンまげ、まげdeっちなどのユニークなキャラクターグッズや伊勢志摩の名産品を多数取り揃えた村内の総合売店です。お土産選びに迷った時の強い味方です。

京乃屋

和風雑貨や忍者グッズなどがずらりと並ぶお土産処「京乃屋」。村内散策の際には、ぜひ足を運んでみましょう。

伊勢安土桃山文化村の人気お土産

こちらでは、伊勢安土桃山文化村の人気お土産1位から3位までをご紹介。お土産を購入する際の参考にしてみてください。

1位 おぬしも悪よのう(1,230両)

時代劇でよく目にする、悪代官と越後屋のお馴染みのやりとり、「越後屋お主も悪よのう」を再現したユニークな商品です。箱を開け、現れるのは普通の饅頭ですが、その下には小判をモチーフにしたお菓子が隠されています。お土産にも喜ばれること間違いありません。

2位 ニャンまげ チョコクランチ (630両)

伊勢安土桃山文化村のマスコットキャラクターである、かわいいニャンまげの箱を開いてみるとチョコクランチが詰まっています。手土産にもぴったりの商品です。

3位 ニャンまげ煎餅 (450両)

甘いものが苦手な方には、 ニャンまげ煎餅がおすすめ。人気キャラクター・ニャンまげが描かれ、海苔がのった可愛らしい煎餅です。

ページTOPへ

「伊勢神宮・伊勢市」周辺の関連記事

このページのTOPへ