名古屋市科学館 世界最大の名古屋・プラネタリウムがギネスに登録

  • 50969 |

名古屋に、ギネスブックにも認められた世界最大のプラネタリウムを有する名古屋市科学館があるのをご存知ですか?名古屋市科学館は、天体に興味がある人だけでなく、学校での勉強について理解を深めたい子どもたちや、有名なプラネタリウムを目当てに来るカップルなど様々な人が利用しています。ここでは新しくリニューアルされ、設備も充実した名古屋市科学館の魅力を紹介します。

名古屋市科学館とは?

PIXTA

名古屋市内にある世界最大のプラネタリウムが特徴の科学博物館で、総合的にいろいろな角度から科学を楽しめます。さまざまな水のかたちを再現させる「水のひろば」や、人工竜巻、マイナス30℃の体験ができてオーロラ映像が楽しめる「極寒ラボ」、電気エネルギーを目に見える形で再現する「放電ラボ」といった大型展示も人気を集めています。

名古屋市科学館のプラネタリウム「ブラザーアース」とは?

PIXTA

愛知県名古屋市に行ったら、ぜひ足を運んでほしいのがブラザーアースです。名古屋市科学館内にあるプラネタリウムで、屋外には全長57メートル、直径約5.2メートルのロケット「H-IIB」が展示されています。宇宙への興味がある人だけでなく、あまり宇宙に詳しくない人でも楽しめる内容になっています。神秘的な宇宙をぜひ体感してみてください。

プラネタリウム「ブラザーアース」の特長・見どころ

リニュアルされた名古屋市科学館での目玉は、なんといっても内径が35メートルある巨大な球体です。このドームは、ギネスブックに世界最大のプラネタリウムとして登録されています。館内もとても良く整備されており、リクライニング可能な快適なシートで見学できます。その他様々な展示もされているので、家族連れやカップルで一日充実した時間を過ごすことができます。

プラネタリウムは非常に人気が高く、土日祝日や春・夏・冬休み期間は午前中でプラネタリウムの観覧券が売り切れてしまうこともあります。開館時間の9時30分から当日のすべての回の観覧券が売りだされます。確実に見たい人は、まず開館時間に合わせて行って、観覧券を買っておくことをおすすめします。

名古屋市科学館へのアクセス方法

名古屋市科学館へは、バスか地下鉄を利用します。バスの場合は市バスの広小路伏見で降り、そこから南へ5分ほど歩きます。

名鉄バスの白川公園前で降りて、そこから北に向かって歩く方法もあります。地下鉄の場合は東山線に乗り、伏見駅で下車します。4番5番出口に向かい、そこから南に向かって歩けば名古屋市科学館へ行くことができます。

いかがでしたか?名古屋市科学館にぜひ出かけてみてください。

詳細情報

名称:名古屋市科学館
住所:愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号 芸術と科学の杜・白川公園内
電話:052-201-4486
公式HP:http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

ページTOPへ

このページのTOPへ