ブルーシールアイスパーク オープン!沖縄の人気アイスの秘密がわかる体験型ミュージアム

  • 1601 |

2016年9月20日、沖縄県浦添市に体験型ミュージアム「ブルーシールアイスパーク」がオープンしました!訪れれば、沖縄で愛されているアイスクリームブランド「ブルーシール」の秘密がわかりますよ。ミニプラントをのぞいたり、アイスバー作りを楽しんで、美味しいアイスクリームを食べましょう。ブルーシールアイスパークの見どころを紹介します。

沖縄の味!ブルーシールとは?

ブルーシールが沖縄に誕生したのは、1948年。当時はアメリカ軍基地内の店舗でしたが、1963年には基地の外に「ブルーシールBigDip牧港店」をオープン。以来、沖縄の人はもちろん、沖縄を訪れる観光客にも支持されるアイスクリームブランドへと成長していきました。高温多湿な沖縄の気候に合わせ、植物油脂を使ったアイスクリームは軽い口どけのサッパリした味わい。常時30種類以上並ぶ、豊富なフレーバーも人気の理由です。

ブルーシールアイスパークで「ICE DREAM」を実現!

「食べるだけのアイスから、楽しむためのアイスへ」「ICE CREAMからICE DREAMへ」がブルーシールアイスパークのコンセプトです。ブルーシールの歴史や美味しさの秘密を知るだけでなく、アイスバー作りにもチャレンジ。実際に体験して楽しむタイプのミュージアムです。また、「沖縄の次世代を担う子どもたちに、アイスクリームを通して夢を与えられる施設にしていきたい」という願いから、子どもたちが喜ぶミュージアムになっています。アイスクリームをイメージしたポップでカラフルなミュージアムは、家族での旅行やレジャーにピッタリです。

4つのゾーンをめぐろう!ブルーシールアイスパーク施設概要

ブルーシールアイスパークは、4つのゾーンで構成されています。各ゾーンの概要と見どころをチェックしましょう。入館料は無料。ヒストリーゾーン、コミュニティーゾーンはフリースペース、ミニプラント、アイスバー体験、冷蔵庫体験、ソフトクリームによるミニパフェ作りは「体験ゾーン」となり、有料(1,000円)です。

ヒストリーゾーン

1948年のブルーシール誕生から現在までの歴史が分かるミュージアムスペース。ブルーシールの歴史にとどまらず、時代とともに移り変わってきた沖縄の人たちとブルーシールの関係にも焦点を当てて紹介しています。古いパッケージやモノクロ写真を使った展示は大人にとっては懐かしく、子どもにはめずらしく見えるでしょう。ヒストリーゾーンの観賞を通じ、親子や祖父母と孫の対話が生まれます。幅広い年代の人が興味をかきたてられる展示内容です。

コミュニティゾーン

明るくポップな色使いの空間に、アイスクリームを模したかわいい椅子とテーブルが並ぶコミュニティゾーン。体験ゾーンで作ったアイスバーを食べたり、ガラス越しに体験ゾーンを見学したり。撮影コーナーが設けられ、だれでも自由に使うことができます。これからアイスバーを作るなら、コミュニティゾーンでデザインを描いておくのがおすすめ。定期的に開催されるイベントの舞台にもなるそうです。

体験ゾーン

「アイスクリエイター」になって、世界で1本だけのオリジナルアイスバーを作ろう!好きなフレーバー、トッピングを選んで自由に組み合せてアイスバーを作りましょう。体験には事前予約が必要です。

アイスバーの作り方

「ねこ」「スマイル」「ハート」の3つから好きな形をチョイス。フレーバーはバニラ、チョコ、べにいも、マンゴーから選べます。沖縄らしいフレーバーもそろっていますね。さらにチョコレート、ストロベリー、ホワイトチョコのいずれかでコーティングしたら、チョコペンやマシュマロ、キャラメルクランチなどでデコレーションして完成!オリジナル保冷バッグに入れて持ち帰れますよ。

オリジナルアイスバー作り体験詳細

開催時間(1日3回):10:00~11:00、13:00~14:00、16:00~17:00
受付時間:9:30開始、最終受付16:00 ※事前予約制
定員:1回あたり32名(10組まで) ※10歳以下は保護者の同伴が必要です。
料金:1,000円 ※オリジナルアイスバー1本の体験料、オリジナル保冷バッグが含まれます。
予約方法:電話または公式サイトの予約システムから

ミニプラントゾーン

ガラス張りのミニアイスクリーム工場で、普段なかなか見られないアイスクリームを作る様子をのぞいてみましょう。ブルーシールの秘密がわかるかも!?

アイスクリームになった気分!?冷凍庫体験

ブルーシールアイスパークには4つのゾーンに加え、マイナス20度の世界を体験できる冷凍庫があります。常夏の沖縄で寒さに震える場所はここだけかも!?保管されるアイスクリームの気分を味わえること請け合いです。

ソフトクリームでミニパフェ体験

体験コーナーで作ったアイスは固まるのに1時間ほどかかるので、すぐには食べられません。せっかく来たんだからアイスをここで食べたい…!という気持ちに応える、ミニパフェ作り体験があります。ソフトクリームを自分で巻いて、アイスバーを作るときに余ったトッピングをつけて、ミニパフェの完成!自分で作るとなんだか美味しく感じるかも?

遊んだあとは隣のブルーシール牧港本店へ!

ブルーシールアイスパークはブルーシール牧港本店に隣接しています。思いっきり遊んだあとは牧港本店でひと休みしませんか?真っ赤なソファが印象的な店内は、「古き良き沖縄の中のアメリカ」をテーマに造られています。カウンターは1970年代のものを再現。レトロアメリカン、レトロポップな雰囲気です。メニューはアイスクリームだけでなくソフトクリームやパフェ、焼き菓子、ホットドッグ、バーガーもそろっています。小腹が空いたときにも便利ですね。また、ギフトの地方発送も可能。沖縄旅行のお土産にブルーシールのアイスクリームを送ると喜ばれますよ。もちろん自分用のお土産もお忘れなく!

ブルーシールアイスパークは国道58号線沿いにあります。那覇市内からは国道58号線を北上して車で30分ほど。バスなら第一牧港バス停で下車して、徒歩で約2分です。沖縄の新スポット、ブルーシールアイスパークで美味しくて楽しいひとときを過ごしましょう!

こちらも合わせてチェック!

ブルーシール アメリカ生まれ沖縄育ちのアイス専門店の魅力を大解説!

https://asoview-trip.com/article/8892/

■スポット詳細
名称:ブルーシール アイスパーク
所在地:沖縄県浦添市牧港5-5-6
アクセス:那覇市内から車で国道58号線を北上して約30分、バスの場合は第一牧港バス停から徒歩2分
営業時間:9:30~17:00
料金:入館無料 ※体験ゾーンは事前予約と料金1,000円が必要です。
電話番号:098-988-4535
公式サイト:http://icepark.blueseal.co.jp/

ページTOPへ

「沖縄中部」周辺の関連記事

このページのTOPへ