那須サファリパーク 野生のような動物たちの迫り来る迫力を体感せよ!

  • 386 |

日本有数の観光地栃木県那須にある動物園、那須サファリパーク。動物たちがすぐ目の前に迫ってくるサファリ体験ができるとあって、那須エリアの中でも大変人気のあるスポットです。那須サファリパークの動物たちはサファリゾーン内で放し飼いにされており、まるで野生のような迫力を感じられるのが魅力となっています。また、普段滅多に見ることのできない動物たちの夜の姿を観察できる「ナイトサファリ」があるのも特徴。ここでは、子供から大人までが大はしゃぎできる那須サファリパークの魅力について迫ります!

那須サファリパークとは?

www.facebook.com

栃木県那須郡にある体感型サファリパーク、那須サファリパーク。世界の動物たちが約70種700頭羽飼育されています。

那須サファリパークの魅力は、なんといっても動物たちがほぼ放し飼いにされていることです。道路をゾロゾロと集団で渡っていく様はまるで野生動物のよう。ライオンなどの肉食動物は迫力満点で圧倒されること間違いありません。また草食動物たちへは餌やりが可能で、餌を見せるとすぐさま周りを囲まれます。

www.facebook.com/

さらに那須サファリパークは、夜行性動物の生態が垣間見られる「ナイトサファリ」を実施しているのも魅力。夜にしかみられない動物たちの貴重な姿をぜひ実際に見てみてください。

そんな魅力溢れる那須サファリパーク周辺は、「那須ハイランドパーク」「那須オルゴール美術館」「那須ガーデンアウトレット」など、観光スポットも目白押し。栃木県那須観光の際はぜひ、那須サファリパークと一緒にたくさんの場所を巡ってみてはいかがでしょう。

那須サファリパークの料金

入場料金

  • 大人(中学生以上):2,600円
  • 小人(3歳~小学生):2,100円

年間パスポート

  • 大人(中学生以上):7,000円
  • 小人(3歳~小学生): 4,000円

那須サファリパークの割引・クーポン情報

公式サイトのクーポンを利用する

那須サファリパークでは不定期で「埼玉・茨城県感謝月間」や「東京都民感謝月間」、「冬の大感謝祭」などのキャンペーンを開催しており、条件に当てはまる方は入場料が半額、もしくは30%オフなどになる場合があります。

詳しくは公式サイトに情報が載っているので、ぜひ活用してみてください。

公式サイトのクーポン詳細はコチラ!

那須サファリパークの営業時間

平日

  • 8:30~17:00(入園受付16:30)

土・日・祝

  • 8:00~17:00(入園受付16:30)

定休日

  • 年中無休

那須サファリパークへのアクセス

公共交通機関を利用する

JR東北新幹線「那須塩原駅」でJR東北本線に乗り換え「黒磯駅」で下車。そこから東野交通バス「那須ロープウェイ・那須湯本」方面バスに乗り「那須サファリパーク入口」バス停で下車します。

所要時間

  • 「黒磯駅」から「那須サファリパーク入口」までバスで約17分
  • 「那須サファリパーク入口」から徒歩約5分

東野交通バスの時刻表はコチラ!

那須観光周遊シャトルバス「キュービー号」を利用する

道の駅那須高原友愛の森を起点に、那須の主要観光スポットを周っています。運行は朝9時から。フリーパスを買えば乗り降りが自由なので、お得に那須周辺を巡ることができるのも魅力です。

運行時間

  • 9:00~17:23

料金

  • 1日フリーパス:大人1,000円 / 子供500円
  • 1回乗車券:大人・子供350円

那須観光周遊シャトルバスの時刻表はコチラ!

車を利用する

  • 東北自動車道「那須」出口から那須街道経由で約15分

駐車場

那須サファリパークには、約350台の車を収容する無料駐車場が完備されています。

那須サファリパークの所要時間

那須サファリパークを見てまわる為の所要時間はどれくらいなのか、気になる方もおられると思います。

那須サファリパークのメインスポットとなるのは、たくさんの動物たちが暮らすサファリゾーン。サファリゾーンの所要見学時間は約40分となっており、売店に立ち寄ることも考えれば1時間ほどみておく必要があるでしょう。

また入り口付近にはレストランもあるので、ランチを楽しむ場合約1時間30分あれば那須サファリパークを満喫できるのではないでしょうか。

那須サファリパークの混雑予想

那須サファリパークを訪れる際気になるのが混雑状況。せっかく訪れても混雑していてはあまり気分が乗らないものです。

那須サファリパークはGW(ゴールデンウィーク)や夏休み、特にお盆時期は混雑が予想されます。ですが、那須サファリパークのメインアトラクションであるサファリゾーンは車移動なので、深刻な混雑になることはあまりありません。また、サファリゾーンが渋滞しても動物たちとのふれあいが楽しめるのであまり苦にならないのも確かです。

そしてマイカーで訪れる方に注意が必要なのは、混雑時に予告無くレンタカーの貸出しが中止されること。その時はぜひライオンバスを利用してみてください。

最後に、那須サファリパークがある那須高原は夏の避暑地として有名です。お盆休みの時期には那須街道界隈が車で溢れかえっているので、あらかじめ裏道などを探しておくとスムーズに観光ができるでしょう。

那須サファリパークの天気

那須サファリパークを訪れる際もうひとつ気になるのがお天気状況。スカッと晴れた夏の日に、青空のもとサファリパークを楽しみたいという方が多いのではないでしょうか。

避暑地として有名な那須高原の夏は30℃を超える日もあまりなく、東京と比べても6℃ほど違いがあります。ですが暑くないからといって雨が少ないというわけではなく、那須は7月から本格的な雨季に突入するので、雨が苦手な方は8月以降のお出かけがオススメ。

冬の本格的な雪は標高が高い地域に降ることが多く、那須サファリパークのあるエリアは降ってもシーズンに数回程度です。ですので、寒くても平気な方は、降水量が1番少ない2月に訪れてみるのもいいですね。1年を通して降水量が100mmを下回るのは4月・11月・12月・2月となっています。

那須サファリパークは雪・雨の日でも楽しめる?

那須サファリパークを訪れて雨・雪が降っていても肩を落とす必要はありません。雨・雪が降った場合の一番の魅力はやはり来場者が少なくなることです。

混雑時のサファリゾーンなどでは、後ろの人に気を使って前に進まなくてはならない場面も多々あるかと思いますが、来場者が少なければ気兼ねなく動物たちを見てまわることも可能。

また、那須サファリパークの動物たちは野生に近い放し飼いです。雨・雪が降ろうと関係なくサファリゾーンで生活をしています。雨・雪が気にならない方は、時期にもよりますが晴れている日よりも楽しめるかもしれません。

ですが、台風や大雪などで動物の安全が確保できない場合は一部見られない場合があるのでお気をつけください。

那須サファリパークはペットとお出かけできる?

那須サファリパークでは、犬や猫といったペットと一緒に動物がいるエリアへは行くことができません。それは安全面での問題なので仕方がないこと。ですが一緒に入れなかったペットは、入場ゲートにて無料で預かってもらえるので安心です。

また那須サファリパーク周辺にはペットと一緒に宿泊できる宿もあるので、那須観光の際は問題ありません。ぜひ家族の一員である犬や猫と一緒にお出かけしてみてください。

那須サファリパークの口コミ

楽しいんです!

この近さ..!!

まさに野生..!!

子供と一緒に行けば、素敵な思い出になること間違いありません!

ナイトサファリもオススメです。

栃木観光のひとつに加えてみてはいかがでしょう?

那須サファリパークでの移動方法

那須サファリパークは、動物たちが暮らすサファリゾーンへ車に乗って入って行けるのが魅力です。ではどういった種類の車があるのでしょうか?ここからは那須サファリパークでの移動方法をご紹介していきます。

ライオンバス

ライオンバスは、サファリゾーンをまわる専用サファリバスです。何といっても目を引くのがライオン・ホワイトライオン・タイガーなどの大胆過ぎるデザイン。チビっ子はもちろん、大人もテンションが上がってしまいそうなカッコいいフォルムをしています。

車内には専門のガイドさんが同乗し、音声案内だけではカバーできない動物の情報や旬の情報を聞くことができるのも魅力です。また大型の動物にはちょうど良い具合の場所に窓があり、中型の動物は上から見下ろす形になるので子供でも餌やりがしやすく、たくさんの楽しさと感動を味わえます。

定員はなく必ず乗車できますが、混雑時は少し待つ場合もあるのでお気をつけください。

運行時間

  • 平日:30分〜40分間隔(冬期は除く)
  • 土日祝日:20分〜30分間隔

料金(入園料別)

  • 大人:1,100円
  • 小人:600円

サファリレンタカー

サファリレンタカーでは、サファリカラーが施されたレンタカーでサファリゾーンを楽しむことができます。種類は5人乗りの普通車と8人乗りの1BOXカーを用意。

野生に近い動物たちが暮らしているサファリゾーンでは、餌やり時などに動物のエキスが付いたり、場合によっては車の部品を壊されたりしかねません。サファリレンタカーはそういった心配をすることなく楽しめるのが魅力です。

なお、連休や夏休みなどの混雑時には貸出しが中止される場合もあるのでお気をつけください。

料金(入園料別)

  • 普通車:2,000円
  • 1BOX車:3,000円

マイカー

www.facebook.com

来園した際の自家用車でもサファリゾーンを見学できます。気軽に楽しめるのはもちろん、自家用車でまわることによって那須サファリパークの思い出がたくさん詰まった車になるのも魅力。

サファリゾーンの出口に洗車場が設けられており、園内を走行中についた汚れなどに関しては綺麗にすることができますが、傷や破損については自己責任になるので注意が必要です。

また背面スペアタイヤが付いている車はスペアタイヤを取り外す必要があるのと、トラック、オープンカー、車高の低い車、一部改造車などはサファリゾーンへ入園できないのでお気をつけください。

料金(入園料別)

  • GPS音声ガイド:500円

那須サファリパークのサファリゾーン

サファリゾーンでは、約70種700頭羽の動物たちが主に「肉食動物ゾーン」と「草食動物ゾーン」に別れて暮らしています。全ては紹介しきれませんが、ここからは那須サファリパークのサファリゾーンにいる動物たちとサファリゾーンで楽しめるアクティビティをご紹介していきましょう!

肉食動物ゾーン

アフリカライオン

www.facebook.com

アフリカライオンはトラと並んでネコ科最大の動物です。生息地はサバンナ。1万年前までライオンはヒトに次いで広く分布する大型陸上哺乳類でしたが、北アフリカや西南アジアでは有史時代に姿を消し、インドにいるインドライオンも絶滅が危惧されています。今や徐々に希少な存在へと変わりつつあるのです。

また捕食者の頂点であり、強さの象徴的な存在として君臨するライオン。世界的に「百獣の王」として知られているその猛々しい姿をぜひ那須サファリパークで見てみてください。

ホワイトライオン

生息数は、世界でも300頭ほどしかいないとされているホワイトライオン。もともと2万年前の氷河期に敵から身を守る際、黄色のライオンよりもカモフラージュに適しており、その時の遺伝子が今でもわずかながら残っているため、時折白いライオンが生まれるといわれています。

また、アフリカでは神の使いとする伝承があるホワイトライオン。その神秘的な姿は訪れる人に大変人気です。

ベンガルトラ

ベンガルトラはネコ科の動物で、トラの仲間のなかでも大型の部類に入ります。生息地は主にインドやネパール、バングラデシュなど。シカやイノシシ、ヤマアラシに爬虫類、魚などなんでも食べるのが特徴です。

また力がとても強く、180kgほどの牛やスイギュウ、ツキノワグマなども倒してしまうことがあるほど。近年ではベンガルトラをはじめ、トラの仲間はかなり減少しており絶滅危惧種に指定されています。

ムフロン

www.facebook.com

ヒツジの原種といわれているムフロン。草、木の葉、果実、樹皮などを食べる草食動物です。主にコーカサス地方やイラク、イランなどに分布しており、海岸、標高5,000メートル以上の山地、断崖など、様々な環境に生息しています。

雄と雌で別々のグループを作り、通常50から100頭程の群れで生活。雄のグループ内では角の大きさが強さの順位を決める大きな要素になっています。

草食動物ゾーン

アミメキリン

アミメキリンは、体の斑紋がはっきりとした濃い色で整然とした網目を感じることからこの名がつけられました。主に高い木の葉や小枝を食べ、1日18時間食事に費やしているといわれています。また野生のキリンはほとんど立ったまま眠ることも特徴。キリンは警戒心が強く、危険を察知することに優れているからです。

ちなみに那須サファリパークにいるキリンの「モモ」は、1988年生まれで国内最高齢のキリンとなっています。

アメリカバイソン

www.facebook.com

カナダやアメリカ合衆国のアイダホ州、アリゾナ州、カリフォルニア州、サウスダコタ州などに分布しているアメリカバイソン。肩から背中部分にかけて盛り上がり、かなり重量感のある体つきをしており、大きい雄だと体重が1,400kgほどになる個体も存在します。

その体からは想像できないですが、時速60kmほどの速さで走ったり、1.8mほどの高さを跳んだりと意外と身軽なのには驚きです。

シロサイ

シロサイは、口の幅が広いという意味の「wide(ワイド)」を白いという意味の「white(ホワイト)」と聞き間違えたことからシロサイと呼ばれるようになったといわれています。アフリカ南東部に生息しており、主食は草や木の葉。ヘルシーなものを食べているのにもかかわらず、体重は大きいもので4,5tほどになる個体もいます。

シロサイはクロサイに比べとても大人しく、向かってくることもあまりません。どちらかというとすぐに逃げてしまうことが多い可愛い動物です。

セブロイド

www.facebook.com

シマウマと馬やロバなどのウマ科動物から生まれるセブロイド。体型はシマウマ側でない親の方に似ますが、体の模様はシマウマのような縞模様になる特徴があります。

那須サファリパークには雄ロバと雌シマウマの間に生まれた「ハイソックス」などが飼育されているので、ぜひその珍しい動物を見てみてください。

サファリウォーク

www.facebook.com

サファリゾーンには、目の前でホワイトライオンやキリンが見られるサファリウォークといったエリアも設けられています。名前の通り歩きながら動物たちを見られるので、車の中からより迫力を感じられるのが魅力です。

ふれあい広場

www.facebook.com

さらに、うさぎやモルモット、ヤギにラマ、ポニーなどが暮らすふれあい広場といったエリアもあります。ふれあい広場ではエサやり体験が気軽に行え、時間限定でカピバラにもエサやりをすることができるのが特徴です。

那須サファリパークのナイトサファリ

www.facebook.com

那須サファリパークでは、ライオンやトラなど夜行性動物の生態を観察できるナイトサファリが実施されています。

www.facebook.com

昼間の動物たちの姿は容易に想像がつきますが、夜の動物たちの姿は意外と知らないもの。暗闇に光る瞳や暗がりから聞こえてくる動物たちの足音、鳴き声など、まさに「野生」を身近に感じられるでしょう。特に那須サファリパークは動物たちが放し飼いにされているので迫力満点です。

www.facebook.com

また、ナイトサファリではバス移動のみになるので、普段運転する方も動物に集中できます。昼とはまた違う、夜ならではのワクワクドキドキの連続をぜひお楽しみください。

ナイトサファリは予約制?

ナイトサファリは予約制ではなく受付順での見学になります。18:00から21:00の間に受付を済ませて夜のサファリパークを楽しみましょう。

開催日

ナイトサファリ2016

  • 4月2日(土)~10月29日(土):毎週土曜日開催

※土日月で3連休の場合は土・日開催
※2016年の開催は終了

クリスマスナイトサファリ

  • 12月23日(金)・24日(土)開催

クリスマスナイトサファリの詳細はコチラ!

営業時間

  • 18:30~22:00(受付21:00まで)

料金

  • 大人(中学生以上):2,100円
  • 小人(3歳~小学生):1,600円

※ナイトサファリはバス料金が無料です。

ナイトサファリ当日割引

日中に那須サファリパークへ入園された方は、その時のレシートをナイトサファリ受付時に提示すると当日のナイトサファリに限って1人500円割引で楽しめます。

那須サファリパークのレストラン

那須サファリパークにはランチが楽しめるレストランも併設されています。サファリゾーンへ入る前の腹ごしらえや、たくさん遊んでお腹が減った時はぜひ立ち寄ってみてください。

サファリレストラン

http://www.nasusafari.com/

那須サファリパークの入り口横に併設されているサファリレストラン。バーベキュー・ジンギスカン・カレー・丼もの・ラーメン・そば・うどんなど、ランチメニューが豊富に用意されています。

http://www.nasusafari.com/

また那須サファリパークへは入園せず、レストランのみの利用も可能です。休憩所として持ち込みもできるので、気軽に足を運んでみてください。

営業時間

  • 8:00~17:00(ラストオーダー16:00)

那須サファリパークのお土産

那須サファリパークを思い切り楽しんだ後はお土産を買って帰りませんか?自分へのお土産はもちろん、普段お世話になっている人にもぜひ旅の思い出をお裾分けしてみてはいかがでしょう。

サファリショップ

http://www.nasusafari.com/

サファリショップでは、動物のぬいぐるみといった定番土産から、那須サファリパーク限定のキティちゃん商品、またオリジナル商品までバリエーション豊かに商品が取り揃えられています。

なかでも、ゾウのウンチで作ったリサイクルペーパーグッズは訪れる人に人気の商品です。ぜひ、旅の思い出に買って帰りましょう!

営業時間

  • 8:00~17:00

那須サファリパーク周辺の宿泊情報

有名な観光地である那須にはたくさんの宿泊施設が点在しています。泊まりがけで那須を訪れたら楽しさも倍増するので、ぜひ宿泊も兼ねて那須に足を運んでみてください。ここでは、那須サファリパーク周辺の宿泊情報をご紹介します。

御宿 なか田

 

望月 佳奈さん(@6.dic)が投稿した写真 -

1日限定4組しか予約を取らない宿、御宿 なか田。真心こもったもてなしが自慢です。お部屋は全室展望風呂・露天風呂が付いており、静かな自然の中でゆっくりと温泉を楽しむことができます。

また旬の野菜や山菜、那須の特産物などを取り入れたこだわりの料理も魅力。那須でしか味わえない素敵なひと時が過ごせるでしょう。

http://www.nasu-enishi.com/

那須高原の静かな別荘地に佇む全8室の小さな宿、縁(えにし)。有名旅館の料理長を歴任していた料理長が創作する会席料理が自慢です。限られた人しか楽しめない自慢の料理は、とちぎ和牛や高原野菜、無農薬米など那須地域の食材がふんだんに使用された逸品ばかり。

また1組40分使用できる貸切温泉風呂も魅力です。木と温泉の優しいぬくもりを感じながら1日の疲れをゆっくり癒してみてはいかがでしょう。

ペンション クロック

ペットと一緒に宿泊ができるペンション クロック。基本的に室内犬や小動物、予防接種・ワクチンを受けている、トイレのしつけがなっているなど条件はありますが、家族の一員であるペットと一緒に泊まれる嬉しい宿です。

そしてお風呂は天然温泉の貸切、夕食は厳選された食材を使った欧風料理が楽しめるなど、ペットと宿泊できること以外にもたくさんの魅力があります。

ホテルエピナール 那須

http://www.epinard.jp/

那須高原の自然に囲まれながら温泉やプールが楽しめ、またネイチャーツアーなどのアクティビティも充実しているホテルエピナール 那須。単身から家族連れまで幅広い層で利用できるホテルです。

お部屋はワンちゃんと一緒に泊まれるお部屋も含み、全部で8種類用意されています。多くのお部屋からは那須高原が見渡せ眺望抜群。また、チビっ子が喜びそうな子供向けのコンセプトルームが用意されているのも魅力です。

那須サファリパーク周辺の観光スポット

那須サファリパークの周辺には観光スポットが目白押し。自然、動物と触れ合ったりテーマパークで遊んだりと、見逃せないスポットがたくさんあります。ぜひ那須サファリパークと一緒にお楽しみください。

那須ハイランドパーク

北関東最大級の遊園地、那須ハイランドパーク。「10大コースター」と呼ばれる、様々なコースター系アトラクションが設置されていることで有名です。

コースター系以外にもコーヒーカップや観覧車といった遊園地定番アトラクション、また世界最大級の2層式メリーゴーランド、3Dシアター、立体迷路など魅力溢れるアトラクションが数多くあります。

さらに、「プロレス展」や「ドラゴンボール超 修行チャレンジ!」など、不定期で楽しいイベントも開催されているので、訪れる際はそちらもチェックしてから足を運んでみてください。

那須ハイランドパーク 北関東最大級の遊園地で遊ぼう!

https://asoview-trip.com/article/10490/

那須どうぶつ王国

草食動物や小型動物、鳥類などの動物と触れ合いを楽しめる那須どうぶつ王国。

2つのエリアそれぞれに動物たちが暮らしており、犬・猫はもちろん、ワオキツネザル、ミナミコアリクイ、レッサーパンダなど普段あまり目にすることのない動物や、ソウゲンワシ、マゼランワシミミズク、ヒメコンドルといった猛禽類も見ることができます。

そしてなんといっても那須どうぶつ王国では、カピバラと混浴気分が味わえる温泉を楽しめるのが特徴。カピバラの可愛い姿と温泉に心の底から癒されてみてください。

那須どうぶつ王国 大迫力のショーやカピバラとの混浴気分を楽しもう!

https://asoview-trip.com/article/10171/

那須ステンドグラス美術館

希少価値の高いステンドグラスを数多く見ることのできる、那須ステンドグラス美術館。その美しいステンドグラスはもちろん、英国のコッツウオルズ地方にある貴族の館をモチーフにした建物や敷地は、まるで日本にいることを忘れてしまいそうなほど魅力的です。

さらに那須ステンドグラス美術館には2つの礼拝堂が建っており、礼拝堂の荘厳な雰囲気に包まれながらパイプオルガン・オルゴールの生演奏を楽しむこともできます。

非日常の空間で美しいステンドグラスと音色に酔いしれてみてはいかがでしょう。

那須ステンドグラス美術館 アンティーク・ステンドグラスの世界を楽しもう!

https://asoview-trip.com/article/10566/

那須オルゴール美術館

世界各国のオルゴールが常時100点展示されている、那須オルゴール美術館。館内には、1850年から1920年代に制作されたアンティークのオルゴールやスイスで制作された世界最大級のオルゴールなど、魅力溢れるオルゴールがずらりと並んでいます。

さらに、世界でたったひとつのオリジナルオルゴールを作れる体験メニューが用意されているのも嬉しいポイントです。那須観光の素敵な思い出作りに一役買ってくれること間違いありません。

那須オルゴール美術館 やさしい音色に包まれ至福のひと時を過ごそう!

https://asoview-trip.com/article/10493/

那須おもちゃ博物館

那須おもちゃ博物館には、昔懐かしいオモチャの数々が展示されています。

館内には大正時代や昭和初期を感じさせるオモチャから、コレクターでも滅多にお目にかかれないもの、さらには値段が付けられない希少なものまで飾られており、まさに館内全体が宝箱のよう。

さらにセーラームーンやリカちゃん、ベルサイユの薔薇、キャンディキャンディなどのフィギュアもたくさん展示されており、女性も楽しめる内容となっています。

ページTOPへ

「那須」周辺の関連記事

このページのTOPへ