九州の醤油は甘い!?その理由と作り方。

  • 23585 |

九州ならではの甘い醤油は、全国的に見てもめずらしいものです。九州の醤油は、北と南で甘さに違いがあります。南に行くほど甘い醤油になりますが、その甘い醤油について、理由と作り方をまとめました。九州ならではの甘い醤油について知り、お料理に活用してみませんか。

九州の醤油が甘い理由

九州はその昔南蛮貿易を行っていた時代に、早くから砂糖の甘味を取り入れていました。そのため九州では砂糖の消費量が全国平均をかなり上回っており、全体的に甘党だと言われています。そうしたことから九州の醤油には砂糖やステビア、甘草などの甘味料が多く使われています。そのため他の地域に比べると醤油がかなり甘くなっているのです。

最も甘い?鹿児島の醤油

九州の醤油は砂糖が入っていて普段口にする醤油よりも甘いです。どうして九州の醤油が甘いのかというと、昔は海外からの貿易でポルトガルやオランダから砂糖が大量に手に入ったこと、そしてサトウキビの生産量が多かったことで甘味に親しみがあったからではと言われています。九州の中でも醤油の甘さが変化していて、南に行くほど甘さが増していきます。最南端の鹿児島の醤油は最も甘くなります。

甘い醤油の製法とは?

鹿児島の醤油は、九州の醤油の中でも特に甘いです。その理由は諸説ありますが、辛口の焼酎を飲む鹿児島の食には甘い味付けの料理が好まれている為に、醤油が甘口になっていったと言われています。また、濃口醤油とは違って塩分の代わりに、アミノ酸液を加える製法により、アミノ酸の旨みが料理を引き立てます。料理の味付けに使えば減塩にも繋がります。

九州の醤油工場に見学に行こう

九州の醤油工場では、見学を受け入れているところが多数あります。旅行で訪れた際は、その工程を見学してみてはいかがでしょうか。有名な醤油メーカーの工場をいくつか紹介します。

ニビシ醤油株式会社

住所:福岡県古賀市駅東3-2-1
アクセス:JR鹿児島本線古賀駅より徒歩約2分、九州自動車道古賀ICより車で約10分
電話:092-943-2231
見学:土日・祝日・盆・年末年始を除く全日※要予約
公式HP:https://www.nibishi.co.jp/

フンドーキン株式会社

住所:大分県臼杵市大字臼杵501
アクセス:JR日豊本線上臼杵駅より徒歩約13分、東九州自動車道臼杵インターより車で約9分
電話:0972-63-2111
見学:月~金曜日の平日(祝祭日・年末年始、夏期の一時期を除く)※要事前電話連絡
公式HP:http://www.fundokin.co.jp/index.html

チョーコー醤油株式会社

住所:長崎県大村市溝陸町815
アクセス:長崎自動車道諫早ICより車で約10分
電話:0957-53-4678
見学:9:30~15:30(土・日・祝日を除く) ※繁忙期(7月~8月・11月~12月)を除く※見学希望日の1週間前までに申し込み。人数は5名以上
公式HP:http://choko.co.jp/index.php

その他の醤油工場の見学情報はこちら!

 

ページTOPへ

「鹿児島」周辺の関連記事

このページのTOPへ