竜王マウンテンパーク 雲海が見られるSORA terrace(ソラテラス)は必見!

  • 1023 |

長野県竜王にある自然を満喫できるスポット、竜王マウンテンパーク。春から秋までは美しい高山植物が咲き誇り、散策やトレッキングが楽しめます。また、竜王山頂にあるSORA terrace(ソラテラス)は、気象条件が合えば綺麗な雲海を見ることができる人気スポットです。さらに冬は竜王スキーパークとしてオープンし、ウィンタースポーツを楽しむ人たちで賑わいます。1年を通して自然とふれあいながら遊べる竜王マウンテンパーク。ここでは、竜王マウンテンパークの魅力をご紹介していきます。

竜王マウンテンパークとは?

竜王マウンテンパークは長野県竜王にある、自然を思いっきり楽しむことができるスポットです。竜王山の北西山腹に位置し、周りには高井富士、焼額山、小丸山、五輪山といった山々がそびえ、美しい風景が楽しめます。

冬になると竜王スキーパークがオープンし、スノーボードやスキーを楽しむ観光客がたくさん訪れるのが特徴。そのため、ロープウェイが設置されており、山頂まで気軽に足を運べるのも魅力です。

雲海が見渡せるSORA terrace(ソラテラス)が魅力的!

標高1770mの場所にはSORA terrace(ソラテラス)という、カフェ併設のテラスがあります。

SORA terrace(ソラテラス)は長野市、中野市、飯山市、木島平村を見下ろすことのできる抜群の眺望が魅力。また、雲海も見られるとあって竜王マウンテンパークのなかでも大変人気のあるスポットです。

雲海が出た日は、見渡す限り白い雲と青い空が広がり、神々しく神秘的な光景に感動が止まりません。竜王マウンテンパークを訪れた際はぜひSORA terrace(ソラテラス)へ足を運び、時間を忘れてその絶景をお楽しみください。

ただし雲海は様々な気象条件が揃わないと現れないので、下調べをしてからお出かけしましょう!

季節ごとに見られる美しい風景が満載!

竜王マウンテンパークでは雲海の他にも季節ごとに美しい風景が楽しめます。なかでも、ロープウェイ山頂駅舎から竜王山頂までトレッキングコースが整備されており、様々な高山植物を見られるのが魅力です。

6月中旬から8月上旬には、「幻の花」「天上の妖精」と呼ばれる稀少な青いケシが咲き、訪れる人を楽しませます。また、新緑が綺麗な春や夏はもちろん、秋は紅葉も美しく、自然の素晴らしさにふれられるでしょう。

冬はウィンタースポーツを楽しむのと同時に、雪に覆われた山々にも目を向けてみてください。

竜王マウンテンパークの料金

ロープウェイ料金

片道乗車券

  • 大人(中学生以上):1,100円
  • 子供:600円
  • 3歳以下:無料
  • シニア(65歳以上):1,000円

往復乗車券

  • 大人(中学生以上):2,000円
  • 子供:1,000円
  • 3歳以下:無料
  • シニア(65歳以上):1,900円

竜王マウンテンパークの営業時間

営業期間

  • 【竜王マウンテンパーク】:2016年5月28(土)~11月6日(日)
  • 【竜王スキーパーク】2016年11月26日(土)~2017年5月7日(日)※予定

ロープウェイ営業時間

  • 9:00~19:00(20分間隔で運行)
  • 上り最終:18:40
  • 下り最終:19:00

竜王マウンテンパークの天気・気温

竜王マウンテンパークを訪れる際に気になるのが天気や気温。特に自然豊かなスポットだけに、現地の状況はお出かけ前にチェックしておきたいものです。

竜王マウンテンパークの公式HPでは、当日の天気・気温・ロープウェイの運行状況などがライブカメラと一緒に表示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

公式HPからお天気情報をチェック!

竜王マウンテンパークへのアクセス

電車を利用する

「長野駅」から長野電鉄「A特急」を利用し「湯田中駅」で下車。そこからタクシーで約20分です。

  • 所要時間:1時間10分

無料送迎バスを利用する

「湯田中駅」からは、無料送迎バスを利用し竜王マウンテンパークへ向かうこともできます。ただし前日17時までの予約制となっているので、無料送迎バスを利用したい方は忘れずに予約しておきましょう。

無料送迎バスについての詳細はコチラ!

車を利用する

  • 上信越自動車道「信州中野」出口から車で約30分

竜王マウンテンパークの駐車場

竜王マウンテンパークには1,500台の車が停められる無料駐車場が完備されています。駐車可能台数も多いので、安心して足を運んでみてください。

竜王マウンテンパークはペット(犬)と一緒に遊べる?

ペットを飼っている方が気になる、竜王マウンテンパークのペット事情。竜王マウンテンパークでは、基本的に犬といった一般的なペットとは一緒に遊ぶことが可能です。もちろんロープウェイにも一緒に乗ることができます。

ですが必ずリードを付け、なるべく周りの人の迷惑にならないように気をつけましょう。またトレッキングの際などには、糞の後始末が必須になるのでお掃除グッズも忘れずに持参してくださいね。

竜王マウンテンパークのロープウェイ

竜王マウンテンパークの醍醐味のひとつ、ロープウェイ。166人が一度に乗車できる世界最大級のロープウェイに乗って、標高1770mの世界へ上がっていくことができます。

また、毎年10月上旬から中旬過ぎにかけ山の斜面に広がる木々が鮮やかな紅葉を見せるので、その時は眼下に素敵な景色を望みながら空中散歩が楽しめるでしょう。

竜王マウンテンパークの雲海スポット、SORA terrace(ソラテラス)

竜王マウンテンパークのメインスポット、SORA terrace(ソラテラス)。標高1770mからの絶景が見られるとあって、訪れる人に人気のスポットです。ここからは、SORA terrace(ソラテラス)の魅力や見所をご紹介していきます。

SORA terrace(ソラテラス)とは?

「山頂からの絶景を、訪れた方にゆっくり見てほしい」との思いから誕生したSORA terrace(ソラテラス)。テラスから見られる景色は、「絶景」という言葉だけでは足りないほど素晴らしい景色です。

眼下には長野市、中野市、飯山市、木島平村を一望でき、遠くには北アルプス、空気が澄み天気の良い日には日本海や新潟・佐渡島まで見ることができます。

また、SORA cafe(ソラカフェ)といった施設も併設されており、景色を見ながら軽食やドリンクが楽しめるのも魅力です。

気温

山頂付近は夏でも日中25℃を超える日が少ない涼しい場所。雲海や紅葉が綺麗に見える春や秋には、肌寒く感じる気温になります。

服装

夏場の日中に足を運ぶ分には半袖でも気持ちの良いくらいですが、寒がりな方は一枚羽織れるものを持って行きましょう。

また春や秋に雲海を見に訪れる際、雲海が発生しやすいのは早朝です。なのでその時は厚手のものをしっかりと着込んでお出かけください。

SORA terrace(ソラテラス)へ犬は連れて行ける?

SORA terrace(ソラテラス)へは犬と一緒に行くことができます。ただ、犬用の食事はSORA cafe(ソラカフェ)でも扱っていないので、どうしても必要な方は持参しましょう。

大自然が織りなす神秘の絶景、雲海を見よう!

SORA terrace(ソラテラス)の見所のひとつ、雲海。雲海とは雲が海のように見えることをいいます。宙を漂う神秘的な雲とどこまでも続く広い空が地平線に向かって伸び、見るものを感動の渦に飲み込みます。それはもはや言葉で表現するのは難しいほど。ぜひ足を運び、自分自身の目でその景色を味わってみてください。

ですが雲海はいつでも見られるわけではありません。特定の気象条件が重ならないと見られない貴重な光景なのです。ここからはその発生条件をご紹介していきます。

時間

  • 夜明け前~早朝

時期

  • 春、または秋(冬を除く10月~2月ごろ)

確率

  • 約60%

これ以外にも、湿度が高く十分な放射冷却があることや、できるだけ無風状態の時など条件はありますが、SORA terrace(ソラテラス)は比較的高確率で雲海が見られるスポットといわれています。

さらに雨や曇りの日でも竜王山頂は晴れている場合が多いので、天気が悪いからと諦めずに足を運んでみてください。

空一面をオレンジ色に染めるサンセットを眺めよう!

SORA terrace(ソラテラス)のもうひとつの見所、サンセット。空一面オレンジ色に染まる時間帯は多くの人が足を運びます。運が良ければ北アルプスに沈んでいく夕陽と雲海が同時に見られ、ため息が出そうな絶景と出会えるでしょう。

また、サンセットは太陽が沈みきった後も魅力的。オレンジ色が徐々に空から消えていき、今まで見ていた青色が深い青色に変わっていく、1日の終わりの情緒を感じられるなんとも言えない素敵な時間帯です。

雲の上にあるカフェ、SORA cafe (ソラカフェ)

SORA terrace(ソラテラス)にはSORA cafe (ソラカフェ)が併設されています。

主に軽食やスイーツ、ドリンク類が扱われており、雲海を眺めながら食事を楽しむ、といった贅沢な時間を過ごせるのが魅力です。ロープウェイに乗って山頂まで上がってきた際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

オススメメニュー

【雲海パイ包みスープ】

竜王名産「ネマガリダケ」の入ったクリーミーなスープをサクサクのパイで包みこんでいます。

【SORAサンドウィッチ】

クリームチーズとハムにオリジナルソースを加えパンで挟んだ、SORA cafe (ソラカフェ)オリジナルサンドです。

【Vanilla sky(バニラスカイ)】

まるで雲海を食べているようなフワフワのスフレ。小布施町でとれた牛乳が使用されています。

竜王マウンテンパークの紅葉

竜王マウンテンパークでは、毎年10月上旬から中旬過ぎにかけて山々が色鮮やかに変化します。ダケカンパや白樺、ブナの木が多い竜王マウンテンパークではまるで絵の具で塗ったような見事な紅葉が楽しめるでしょう。

特に、ロープウェイに乗り竜王山頂に上がっていく際見える山の斜面は圧巻。時期によっては山裾は緑、そして頂上にかけて紅葉が濃く変わっていく色のグラデーションが見られます。

散策・トレッキングを楽しもう!

竜王マウンテンパークでは秋の紅葉の季節はもちろんですが、一年を通して散策・トレッキングが楽しめます。竜王ロープウェイ山頂駅付近や竜王ロープウェイ山麓駅付近から遊歩道が出ており、「竜王山七曲コース」、「竜王湿原コース」など、様々なコース別に竜王の自然を満喫できるのが魅力です。

また、山頂駅の近くには「竜王山野草ガーデン」という高山にしか咲かない花を見られる植物園があり、幻の花と呼ばれる「青いケシ」や高山植物の女王「コマクサ」など、絶滅危惧種を含め約150種の花々が季節ごとに咲き誇ります。

さらにミズバショウやリュウキンカなどが咲く「竜王山頂湿原」も見所。紅葉と一緒に、滅多に見ることのない高山植物も見に出かけてみましょう!

竜王マウンテンパーク周辺の宿泊施設

竜王マウンテンパーク周辺には、泊まりがけで遊びに訪れようとお考えの方にぴったりの魅力あふれる宿泊施設が点在しています。ペンションやホテル、温泉自慢やお部屋自慢、料理自慢の宿など、あまりの多さにご紹介しきれないので、ここではいくつかピックアップしてご紹介。宿を決める際はぜひ参考にしてみてください。

なお、【料金プラン】で表示されている価格は全て1泊2日の料金です。時期や人数によって変動する可能性があります。

湯田中温泉エリア

ホテル椿野

 

Olga G.さん(@mimoletno)が投稿した写真 -

露天風呂からの眺望が湯田中随一の絶景である、ホテル椿野。源泉掛け流しが楽しめる温泉自慢の宿です。お部屋は3種類の和室と2種類の洋室が設けてあり、リーズナブルなお部屋から北信五岳を望むちょっとリッチなお部屋まで用意されています。

昭和初期を思わせるレトロでモダンな館内にも注目です。

【料金プラン】

  • 1泊朝食付き:大人1名8,640円〜(大人2名予約時)
  • グループ旅行プラン:大人1名12,960円〜(大人5名予約時)

ホテル椿野の詳細はコチラ!

よろづや

http://web.travel.rakuten.co.jp/

200年以上の歴史を持つ老舗温泉旅館、よろづや。創業は寛政時代です。建物は本館と松籟荘(しょうらいそう)の2つに分かれています。なかでも松籟荘は1939年に完成した木造数寄屋造で、当時の10万円、今でいう3億円が投じられ贅を尽くした空間へと仕上げられました。調度品ひとつ見ても歴史を感じられます。

また、登録有形文化財に指定されている名物風呂「桃山風呂」も大変魅力的です。

【料金プラン】

  • 本館10畳+7畳のお部屋:大人1名20,500円〜(大人2名予約時)
  • 松籟荘・菊 露天風呂付純和室:大人1名29,000円〜(大人2名予約時)

よろづやの詳細はコチラ!

渋温泉エリア

渋ホテル

http://www.shibuhotel.com/

ロビーに昭和の小学校の教室が再現されている、渋ホテル。到着した時点でなんとも懐かしい雰囲気に包まれ、肩の力が抜けほっこりします。お部屋は和室10畳、洋室ツインの2タイプが用意されており、どちらも堅苦しくない落ち着いた雰囲気が漂うお部屋です。

「心を温める宿」をコンセプトに営業されている渋ホテル。渋温泉エリア随一のおもてなしを受けられるホテルとなっています。

【料金プラン】

  • 渋リーズナブル 朝夕食付:大人1名10,000円〜(大人2名予約時)
  • 渋スタンダード 信州アルプス牛ステーキプラン:大人1名12,000円〜(大人2名予約時)

渋ホテルの詳細はコチラ!

養田屋

真心込めた家庭料理でもてなしてくれる、養田屋。ほのぼのとした癒しの温泉旅館です。お部屋は13畳と7.5畳、6畳のものが用意されています。そして、夜空を見上げ月を眺めながら入れる屋上露天風呂が魅力。内湯や家族風呂で癒やされてみては。

【料金プラン】

  • 素泊まり:大人・小人(小学生以下)1名5,010円
  • 一泊二食:大人1名8,790円、小人(小学生以下)1名5,940円

養田屋の詳細はコチラ!

竜王エリア

ホテルアルパイン

http://www.h-alpine.jp/

ヨーロッパ調のシックで落ち着いたリゾートホテル、ホテルアルパイン。竜王高原に広がる大自然を楽しむ人がたくさん訪れるホテルです。館内にはゆったりとくつろげる和・洋のお部屋やレストラン、大浴場などがあります。

冬はスキーやスノボを存分に楽しめるようリフト券付のお得な宿泊プランも用意されているので、ウィンタースポーツをする方には特にオススメです。

【料金プラン】

  • 通常プラン:大人1名10,800円〜(大人2名予約時)
  • リフト1日券付プラン:大人1名13,800円〜(大人2名予約時)

ホテルアルパインの詳細はコチラ!

竜王パークホテル

http://www.r-parkhotel.jp/

竜王スキーパークのゲレンデが目の前にある、竜王パークホテル。1秒でも早く滑りたい!という方に最適です。館内には清潔感あふれる和室・和洋室が用意され、大浴場、レストラン、バーなどもあります。

絶景が望める竜王スキーパークで、思う存分ウィンタースポーツを満喫してみてはいかがでしょう。

竜王パークホテルの詳細はコチラ!

竜王マウンテンパーク周辺の観光スポット

竜王マウンテンパーク周辺には、魅力あふれる観光スポットがたくさんあります。北信州でしか見ることのできない風景や建物、そして貴重な体験など、旅の醍醐味を味わえるでしょう。ここではその一部をご紹介していきます。

地獄谷野猿公苑

 

yasusu.kiiさん(@yasusu.kii)が投稿した写真 -

ニホンザルの世界が垣間見れる、地獄谷野猿公苑。温泉に浸かるニホンザルが見られるとあって多くの人が足を運ぶ人気スポットです。過去にアメリカの有名な雑誌「LIFE」の表紙に掲載され、海外にも報道されたことから一躍有名になりました。

ですが苑内ではショーなどはやっておらず、あくまで「自然な観察」が行われています。「野生」のニホンザルを一度見てみてはいかがでしょうか?

施設詳細

  • 住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845
  • 竜王マウンテンパークからの所要時間:車で約25分
  • 営業時間:
    夏季(4月頃~10月頃):8:30〜17:00
    冬季(11月頃~3月頃):9:00〜16:00
  • 定休日:年中無休
  • 料金:大人(中学生以上)500円、子供(5歳以上中学生未満)250円
  • 電話番号:0269-33-4379
  • 公式URL:http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

小布施町(中心部)

 

Hirockeyさん(@hirockeeey)が投稿した写真 -

葛飾北斎や佐久間象山、小林一茶といった文化人が度々訪れた町、小布施町。江戸時代の雰囲気が残る美しい街並みがあります。

町内には「栗の小径」「陣屋小路」といった情緒あふれる小道や、浮世絵師・北斎に関する貴重な品々が数多く展示されている「北斎館」、アジサイ、アナベル、洋ランなどが咲き誇る「フローラルガーデンおぶせ」などがあり、見所満載です。

施設詳細

  • 住所:長野県上高井郡小布施町小布施1491-2(役場)
  • 竜王マウンテンパークからの所要時間:車で約35分
  • 電話番号:026-247-3111(役場)
  • 公式URL:http://www.town.obuse.nagano.jp/

善光寺

 

ひろみさん(@hiropu_0)が投稿した写真 -

創建から約1400年の歴史を誇る善光寺。本堂が国宝に指定されているほか重要文化財や重要美術品、市指定の史跡など、たくさんの貴重な建物や品を見ることができます。

また「一生に一度は善光寺参り」といわれるほど魅力のある善光寺は、「生気アップ・宿願成就」「女性の幸せ・開運」にご利益があるお寺です。近年ではパワースポットとしても注目されており、老若男女問わず人気があります。

施設詳細

  • 住所:長野県長野市元善町491
  • 竜王マウンテンパークからの所要時間:車で約60分
  • 営業時間:4:30~16:00(冬期は6:00~16:00前後)※日の長さによって変動あり
  • 定休日:年中無休
  • 料金: 境内見学無料 
  • 電話番号:026-234-3591
  • 公式URL:http://www.zenkoji.jp/

北志賀フィッシングパーク清流の里

www.facebook.com

竜王山を源流とする清流を引き込み、自然に近い形でイワナ・ニジマスの養殖を行っている北志賀フィッシングパーク清流の里。雪で閉鎖されるまでは、釣りやつかみ捕りが楽しめます。

そして獲れた魚をその場で塩焼き、から揚げ、お刺身、バーベキューなどにして食べられるのも魅力です。北志賀高原の大自然に囲まれながら、最高の水遊びを楽しみましょう!

施設詳細

  • 住所:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11844-2 
  • 竜王マウンテンパークからの所要時間:車で約5分
  • 営業時間:【4月頃〜12月頃】9:00頃~18:00頃 ※季節により変動あり 
  • 定休日:水曜日
  • 料金:
    【釣り料金】イワナ350円/100g、ニジマス300円/100g(調理代込み)
    【つかみ捕り】500円/匹(塩焼きサービス)
    【バーベキュー】1,600円/人(場所代・食材込み)、600円/人(場所代のみ)
  • 電話番号:0269-33-6088
  • 公式URL:http://seiryu-no-sato.com/

ページTOPへ

「北志賀高原」周辺の関連記事

このページのTOPへ