asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

江戸ワンダーランド 日光江戸村 江戸時代を丸ごと遊び尽くそう!

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

栃木県日光市にある江戸時代をテーマにした遊園地、江戸ワンダーランド 日光江戸村。ここでは、江戸時代の人に変身したり江戸時代の職業・遊びを体験したり、江戸時代の楽しみのひとつだった芝居を見たりと、江戸づくしの時間を過ごせます。また近年では、テレビドラマ「信長協奏曲」、「JIN-仁-」のロケ地に使用されたことでも注目を集めました。今回は、そんな江戸ワンダーランド 日光江戸村の魅力やお得に楽しむ方法、周辺の宿泊施設などもあわせてご紹介します。

江戸ワンダーランド 日光江戸村のお得なチケットはコチラ!

江戸ワンダーランド 日光江戸村とは?

江戸ワンダーランド 日光江戸村は、栃木県日光市にある江戸時代の文化や生活を体験できるテーマパークです。一度足を踏み入れると本格的に江戸時代へタイムスリップ!パーク内には江戸時代中期の町並みが再現されており、ちょんまげを結った江戸人が街を行き交います。

自分も江戸人になりきって街を歩いたり、芝居を観劇したり、江戸時代の職業を体験したりと江戸づくしの1日が送れます。見るだけでなく体験することで、もう気分は江戸時代の住人です。現代の日常を忘れて思う存分遊び倒しましょう!

コスプレイベントも開催!

また、江戸ワンダーランド 日光江戸村では、好きな衣装を持参して写真撮影もOK。大人気漫画「NARUTO」や、女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼」など、物語の登場人物になりきって撮影を楽しみましょう。

本格的な時代劇セットがある「活動写真の里」での撮影も可能です。コスプレイベントに参加するツアーなども販売されているので、興味のある方はぜひ参加してみてください。

江戸ワンダーランド 日光江戸村の料金

一般料金

【】内は障害者手帳をお持ちの方本人の料金です。介護者の方1名は個人料金の4割引となります。

江戸ワンダーランド 日光江戸村の割引券・クーポン情報

江戸ワンダーランド 日光江戸では、2017年3月19日までの間入場料が割引になる電子チケットが販売されています。内容は、1日通しの入場料割引、14時からの入場料割引です。

電子チケットはネットでの事前購入となるので、当日入場する際もスマホなどで画面を提示するだけとスムーズ。せっかく江戸ワンダーランド 日光江戸村を訪れるならお得に楽しみましょう!

江戸ワンダーランド 日光江戸村の営業時間

3月20日〜11月30日

  • 9:00〜17:00

12月1日〜3月19日

  • 9:30〜16:00

定休日

定休日は水曜日で、12月8日から12月21日までの間はメンテナンスの為休みとなります。ただし、以下の期間は特別に営業されます。

  • 祝日
  • 春期(3月25日〜4月7日)
  • ゴールデンウィーク(4月29日〜5月5日)
  • 夏期(7月21日〜8月31日)
  • 年末年始(12月29日〜1月5日)

江戸ワンダーランド 日光江戸村の所要時間

江戸ワンダーランド 日光江戸村で遊ぶ為の所要時間はどれくらいなのか気になるところ。日光江戸村は大きく分ければ、江戸の町を散策する、江戸時代の体験イベントに参加する、芝居を見るの3つ楽しみがあります。

すべてのアトラクションを楽しもうとすると、1日あっても足りないくらいです。なので遊ぶ時間が限られている場合は、あらかじめ見たいお芝居を決めておき、上演時間以外をその他の体験イベントに費やすという遊び方がオススメです。

お芝居の上演時間は公式サイトから確認できるので、チェックしてみましょう!

江戸ワンダーランド 日光江戸村へのアクセス

電車を利用する

JR「新宿駅」から

JR「新宿駅」から特急きぬがわ号・スペ―シアきぬがわ号に乗車し、「鬼怒川温泉駅」で下車。そこから路線バスで約15分、またはタクシ―で約10分です。

  • 所要時間:約2時間20分

「東武浅草駅」から

「東武浅草駅」から特急きぬがわ号に乗車し、「鬼怒川温泉駅」で下車。そこから路線バスで約15分、またはタクシ―で約10分です。

  • 所要時間:約2時間15分

バスを利用する

鬼怒川温泉駅から

日光交通 江戸村線「日光江戸村行き」に乗車。

  • 所要時間:約15分

時刻表はコチラ!

小佐越駅から

日光交通 江戸村線「日光江戸村行き」に乗車。

  • 所要時間:約15分

時刻表はコチラ!

新高徳駅から

日光交通 江戸村線「日光江戸村行き」に乗車。

  • 所要時間:約10分

時刻表はコチラ!

無料送迎バスを利用する

江戸ワンダーランド 日光江戸村では、日光東照宮前からJR「日光駅」を経由し、日光江戸村まで無料送迎バスが運行されています。

定休日を除き1日4本運行。日光江戸村と日光周辺の観光スポット巡りとを一緒に楽しむ場合はとても便利なので、ぜひ利用してみてください。

詳しくはコチラ!

車を利用する

  • 日光宇都宮有料道路「今市」出口から約15分

駐車場

駐車場は、乗用車が800円、バイクが400円で利用できます。

江戸ワンダーランド 日光江戸村で江戸人に変身!

おすすめレンタル衣装

ここからは、江戸ワンダーランド 日光江戸村の変身メニューの中でオススメのレンタル衣装をご紹介します。また、女性のみ衣装にあったヘアスタイルにセットもできますよ。

新撰組(男)

幕末に活躍した剣客集団、新撰組の衣装です。後に有名な事件となった「池田屋事件」の時にも、このダンダラ羽織を着ていました。背中に見える「誠」の文字がかっこいい人気の衣装です。

【料金】

  • 6,800円

かぶき者(男)

戦国時代から江戸時代に、京都や江戸で流行ったかぶき者。大勢とは異なった身なりを好み、派手な衣装に身を包んでいたとされています。人気漫画「花の慶次」に出てくる前田慶次もかぶき者です。

【料金】

  • 6,800円

殿様(男)

やはり一度は憧れを持つ殿様。一国を治め、民衆からの人望も厚い、あなたもそんな殿様になりきってみませんか?歩いているだけで、なんだか偉くなった気分が味わえます。

【料金】

  • 9,800円

大奥(女)

大奥と聞いてパッと思い浮かばない方は、大河ドラマ「篤姫」やフジテレビの時代劇「大奥」などを参考にするといいかもしれません。豪華な打掛に身を包み殿を支え、格式高く振る舞うのが勤めです。

【料金】

  • 9,800円

花魁(女)

豪華絢爛な衣装に身を包み、江戸の町を悠然と歩いてみましょう。日光江戸村のアイドルになれますよ。

なお、こちらの衣装は18歳以上の女性が対象で、1日1組限定、1週間前に事前予約が必要です。

【料金】

  • 30,000円

忍者(子供)

子供たちがこぞって憧れる忍者の衣装です。日光江戸村では忍者体験もできるので、本格的な衣装を身に纏っていれば気分も盛り上がります。忍び刀を腰に携え、江戸の町を駆け抜けましょう!

【料金】

  • 2,500円(通常3,900円・お持ち帰り刀付き)

武家娘(子供)

なにかと時代劇などで登場する武家娘。幼少の頃より武芸をたしなんでおり、武士道の精神を心に宿しています。大和撫子と呼ぶに相応しい気品が少しばかり求められる衣装です。

【料金】

  • 3,500円(通常5,500円)

冬は寒くない?

冬に江戸ワンダーランド 日光江戸村へ訪れ、変身してみようと考えている方は寒いので覚悟しておきましょう!冬季限定で足袋のサービスはあるものの、やはり寒いです。

江戸時代の人は寒い思いをしていたのかもしれません。そう考えると普通です。風邪をひかないように中に着込み、カイロを貼り付けるなど工夫をしていくといいでしょう。

江戸ワンダーランド 日光江戸村で江戸時代を体験

素敵な衣装に身を包んだら、次は町へ繰り出し様々な体験をしてみましょう!江戸時代ならではの楽しい体験が盛りだくさんです。

江戸職業体験

これからご紹介する3つの職業体験は、子供限定の体験プログラムです。史実にあった本格的な体験を、ユーモアのある江戸人が一緒にサポートしてくれます。子どもたちのキラキラ輝く笑顔をシャッターに収めましょう。

忍者

江戸職業体験の中で人気No.1の職業です。忍者の衣装に着替え、修行体験をしましょう。

内容は手裏剣投げや木の葉隠れの術、忍者走りなど、忍者に必要な基本技術を習得。忍者になるための第一歩を踏み出すことができます。

岡引

岡引とは、今でいう刑事のこと。かっこいい衣装に着替え、職業体験スタート!

謎をときながら、悪い奴らをつかまえましょう。十手をもってポーズをとる、子供たちのりりしい姿にも注目です。

剣術

やはり江戸時代といえば剣術。剣術は江戸時代になってから大きく発展し、700を超える流派があったとされています。

まずは道着に袖を通し、それから剣術の基本動作や剣さばき、などを習得し、武士としての心得までをも学びます。終わった後は清々しい気持ちになれるであろう職業体験です。

体験詳細

  • 開催日:毎週土日祝日(夏休み期間中は毎日開催)
  • 対象年齢:5歳~12歳
  • 所要時間:約40分~60分(夏場は約40分)
  • 料金:無料

侍体験

約200年前までは当たり前のようにいた「侍」ですが、刀も武士道も必要なくなった現代では、だいぶ親しみが薄れてきた存在ではないでしょうか?

この侍体験では、今では忘れかけられている侍のスピリットも含め、侍の武芸、生活、生き様を知り、リアルな侍を体験できます。心の奥に眠っている侍魂が目を覚ましてしまうかも!?

体験詳細

  • 開催日:不定期
  • 対象年齢:中学生以上
  • 料金:無料

弓道体験

弓を射て心身の鍛錬をする日本の武道、弓道。極めて高度な精神集中が求められる武道のひとつであり、その集中力は普段の生活ではなかなか培えないものです。

そんな弓道を指導してくれるのは、なんと映画「ラストサムライ」に出演している藤井康次氏。現在では全国の神社で奉仕されています。日光江戸村を訪れた際はぜひ、滅多にできない弓道体験をやってみましょう!

体験詳細

  • 開催日:不定期
  • 料金:無料

せんべい焼き体験

普段せんべいは買って食べることが多いと思いますが、日光江戸村では自分で焼いて食べる体験ができます。せんべい1枚1枚丁寧に醤油を塗り、七輪で焦がさないよう焼いていきます。

自分で焼いたせんべいはいつもにも増して美味しく感じられるでしょう。せんべい好きは必見です!

体験詳細

  • 料金:1枚150円(1月12日〜2月28日は無料)

千組政五郎鳶頭の家

政五郎といえばかつて江戸町火消「二番組内千組」という消防組織の頭を勤め、江戸のアイドルとして錦絵にも描かれたことのある人物です。

千組政五郎鳶頭の家では、そんな政五郎の暮らしぶりが再現されています。当時の生活に思いを馳せ、政五郎という人物がどんな人だったのか想像しながらお楽しみください。

江戸町火消資料館

「火事と喧嘩は江戸の花」という言葉が残っている通り、江戸の町というのは火災が頻発する町でした。江戸町火消資料館には、実際に江戸時代に存在した町火消「千組」についての貴重な資料が展示されています。

消火の際に着る「刺子半てん」や「提灯」、道具の数々など、今の消防用具と比較してみたり、どんな使い方をしていたのか考えてみたりと、とても興味深い歴史資料館です。

忍者怪怪亭

忍者怪怪亭は、忍びの修行の場です。一度足を踏み入れれば方向感覚も重力もありません。まっすぐに見えていても斜めだったり、逆に斜めだと思っていたらまっすぐだったりと、裏切りの連続。

忍者怪怪亭で待ち受ける試練の数々を乗り越え、立派な忍者へと成長しましょう!

忍者からくり格言迷路

洞窟のような岩の間をくぐり抜けるとあるのが、忍者からくり格言迷路。これも立派な忍者になるならクリアしなければならない壁です。

黒い柵で囲われた迷路内には、先輩忍者からの有難い言葉の数々。ですが、迷路はなかなか難しくゴールまで辿り着けません。ぜひ子供と一緒に親子で挑戦してみてもらいたいアトラクションです。

地獄寺

地獄寺は、その名の通り地獄が表現されているお寺です。寺の中では、不気味な笑い声と不吉な重低音が響く音楽が鳴っており、身が縮む思いをするでしょう。怖がりの人はくれぐれも1人で入らないよう気を付けてください。

鍛冶屋かぬち

現在でも多くの人を魅了し続けている、武士の魂日本刀。鍛冶屋かぬちでは、砂鉄が1本の刀になるまでの過程や刀鍛冶の仕事のプロセスなどを見られます。

小伝馬町牢屋敷

江戸ワンダーランド 日光江戸村の奥で静かに佇む小伝馬町牢屋敷。江戸時代に罪人を拘留する為あった施設が再現されています。当時あった刑罰についてもまとめられており、屋敷内はガランとした冷たい空間です。

江戸生活文化伝承館

現在私たちの身の回りにある物の中には、江戸時代から受け継がれているものがたくさんあります。例えば爪切り、藍染、花火、うちわ、お箸など。

江戸時代には「技」を極めた職人がたくさんいて、今の生活に欠かせないものがたくさん生まれてきました。江戸生活文化伝承館では、「江戸のスピリット」と「技の継承」を匠が生み出した逸品とともに紹介されています。

江戸ワンダーランド 日光江戸村で芝居鑑賞

江戸ワンダーランド 日光江戸村を訪れた際、必ずみて欲しいのが芝居です。江戸時代の人にとって格別の楽しみだった芝居は、面白いだけでなく江戸時代の時代背景を知る上で欠かせないもの。ここからは、江戸ワンダーランド 日光江戸村で見られる芝居をご紹介していきます。

大忍者劇場

大忍者劇場では、光と音楽を駆使した迫真の忍者アクション劇が楽しめます。縦横無尽に駆け抜ける忍者、剣を振りかざし戦う忍者、舞台上で繰り広げられる命のやりとりは息つく暇も与えません。

大忍者劇場は途中入場できないので、見たい方は早めに足を運びましょう!

上演時間

  • 約30分

両国座

笑いあり涙ありの人情芝居が楽しめる両国座。ドタバタ喜劇がとにかく笑えると話題で、子供たちも楽しむことができます。日光江戸村の芝居のなかで人気の芝居のひとつです。

上演時間

  • 約30分

南町奉行所

南町奉行所では、悪を裁く人情味溢れる時代劇が楽しめます。また江戸村劇団の一員となり、芝居に参加できるのも魅力。ぜひ日光江戸村で芝居デビューを飾りましょう!

上演時間

  • 約35分

水芸座

水芸座では、その名の通り水を使った芝居を楽しむことができます。この水を使った芝居では1,000年以上の歴史がある秘伝の芸が使われており、今では江戸ワンダーランドでしか見ることができない貴重なもの。

幻想的な水のイリュージョンをその目で目撃してください!

上演時間

  • 約20分

文化劇場 若松屋

文化劇場 若松屋は、花魁が主役の芝居です。舞台に登場する花魁はとても艶やかで一見の価値あり。内容は、江戸時代に一部の人間だけが楽しめた「お大尽遊び」をテーマに、抱腹絶倒の芝居が繰り広げられます。

観客参加型になっているので、より一層楽しむことができますよ!

上演時間

  • 約30分

ニャンまげ劇場

ニャンまげ劇場では、江戸ワンダーランド 日光江戸村のマスコットキャラクターである「ニャンまげ」を中心に、様々なキャラクターが出演するコミカルムービーが上映されています。

日光江戸村にはニャンまげ以外にも、猿の「サルまげ」パンダの「パンまげ」、犬の「ワンまげ」など、可愛いキャラクターがいることを知ってましたか?

上演時間

  • 約20分

野外ライブ

野外ライブが行われる野外ステージでは、舞台と客席が一体となる踊り「かっぽれ」を見ることができます。

「かっぽれ」とは江戸時代に発祥した踊りのひとつ。寄席や歌舞伎、芸妓のお座敷芸などに広く伝わり現在に受け継がれています。江戸の陽気さと粋が伝わってくる愉快な踊りを、ぜひお楽しみください。

上演時間

  • 約20分

花魁道中

花魁道中とは、江戸時代、位の高い遊女が馴染みの客を迎えに行くときに遊郭の中を華やかに着飾って練り歩いたことを言います。

日光江戸村では、村内にある日本橋で約20分にわたり花魁が登場。独特の足さばき、優雅な振る舞い、そして美しく着飾った花魁に見とれてしまうこと間違いありません。観覧する際はカメラの準備をお忘れなく!

上演時間

  • 約20分

江戸ワンダーランド 日光江戸村で遊ぶ

江戸ワンダーランド 日光江戸村では、江戸時代の遊びも体験できます。現代の複雑なゲームより単純な江戸時代の遊びは、そのシンプルさから誰もが熱中してしまう遊びばかりです。大人も子供も夢中になって遊びましょう!

手裏剣道場

まずは手裏剣から。意識しなくとも気分は忍者です。動作は投げるだけと簡単ですが、力一杯投げても上手くいかないのが手裏剣の奥の深いところ。

深呼吸をして息を整え、掛け声とともに集中して投げてみてください。

料金

  • 1回:600円

弥七手裏剣

時代劇「水戸黄門」に登場する「風車の弥七」が、情報を伝達する際に使用する珍しい手裏剣が投げられます。

この手裏剣には風車が付いているのが特徴です。小さな的に2本以上当てると賞品がもらえるので、張り切って投げてみましょう!

料金

  • 1回:600円

矢場

矢場では、子供でも扱える弓矢で遊ぶことができます。簡単そうにみえてやってみるとなかなか思い通りにいかない弓矢ですが、それがまた面白いポイント。

コツを掴んでかっこよく1発で的に当ててみてください!

料金

  • 1回:600円

屋形船

最後はのんびりと屋形船に乗って、江戸の村を散策してみましょう。江戸人が漕ぐ屋形船に揺られ、江戸の街の風景を眺めていると自分が本当に江戸時代にいるかのような気分になるのが不思議。

そんな不思議な感覚に浸りつつ、巧みに船を操る船頭さんの技にも注目です。

料金

  • 1回:600円

江戸ワンダーランド 日光江戸村のレストラン

江戸ワンダーランド 日光江戸村でお腹が減った時は、江戸の味を楽しむことができるレストランで食事を楽しんでみてください。食の文化が花開いた江戸時代では、どんな魅力溢れるグルメが楽しめるのでしょうか?ご紹介していきます。

日本そば 薮

日本そば 薮は、もともと藪の中にあったことからその名が付けられました。店内には木がたくさん使われており、大きな壺やわらじが飾ってあります。

そんな江戸時代の雰囲気が伝わってくる薮では、「江戸せいろ」「江戸かき揚げ」「とろろせいろ」など、温かい・冷たいそばやうどんが楽しめます。

オススメメニュー

【かき揚げそば】 1,500円

お皿いっぱいのかき揚げと冷たいそばは相性抜群。サクサクのかき揚げがたまらない、日本そば 薮で1番人気のメニューです。

鳥そば屋

鳥そば屋では、江戸時代に中国の歴代王朝の1つ「明」から伝わったとされる中華麺を楽しむことができます。井戸水で8時間煮込んだ丸鶏スープが自慢。

どのメニューも麺は細麺でスープとよく絡み絶品です。江戸と中華がコラボした店内が、より一層美味しさを引き立ててくれます。

オススメメニュー

【鳥そば】 900円

自慢のスープはあっさりしており、どんどん箸が進む美味しさ。チャーシューもトロトロで、ほっぺもとろける絶品中華そばです。

田丸屋

和食中心に扱っている田丸屋。牛すじ煮込みやゆば刺し、厚焼玉子など、ほっこりするメニューが揃っています。お酒は、冷酒・燗酒・焼酎などがあり、お酒好きの方は一杯やれるのも魅力です。

オススメメニュー

【本場 稲庭うどん御膳】 1,300円

冷たいまたは温かい稲庭うどんと、湯葉・ちりめん山椒の炊き込みご飯、鳥の唐揚げまたは茄子の煮びたしがセットになったメニューです。季節によってメニューが変わる可能性もありますが、満足いく和食が楽しめるでしょう。

山くじら

山くじらでは、鶏や鴨を中心とした串焼きがいただけます。まずメニューの前に気になるのが店名。山にクジラはいません。これは、肉食が禁忌とされたていた江戸時代に、猪肉を「山鯨」と隠語で呼んでいたのが由来です。

香ばしい香りとともに楽しめる串焼きもいいですが、熱々のご飯と食べる丼モノも見逃せません。できるなら両方お楽しみください!

オススメメニュー

【大串やきとり】 500円

焼き鳥好きにはたまらない、ボリューム満点味最高の焼き鳥です。串を手に取ってみるとその大きさにビックリ。そしてお肉が美味しくてまたビックリ。最低でも2度はビックリする山くじらイチオシのメニューとなっています。

江戸ワンダーランド 日光江戸村のお土産

江戸ワンダーランド 日光江戸村では、お土産も外せません。日光江戸村を訪れた記念に、そして日光江戸村の楽しさを誰かにお裾分けする為にも、素敵な一品を選びたいですね。

恵比寿屋

恵比寿屋には、クッキーやアイス、耳かきなどと日光江戸村のマスコットキャラクター「ニャンまげ」がコラボしている商品、そして江戸の掘り出し物が並んでいます。

オーソドックスなお土産が売られているので、迷った時には恵比寿屋へ立ち寄ってみるのがいいでしょう。

中者屋

中者屋は浮世絵が販売されているお店です。時間を見つけては黙々と浮世絵を書いているという番頭さん。浮世絵は江戸のお土産にぴったりかもしれません!

越後屋

越後屋は、時代劇で定番のシーン「お主も悪よのぉ、、いえいえ、お代官様ほどでは、、」に出てくるあの越後屋です。

それにちなんで「袖の下饅頭」という面白い商品が販売されており、お土産に人気。その他にも綺麗な染め物やハンカチが売られています。

江戸ワンダーランド 日光江戸村周辺のホテル・旅館

江戸ワンダーランド 日光江戸村へ泊りがけで訪れた際気になるのが、周辺のホテル・旅館情報。ここでは、日光江戸村周辺のホテル・旅館を厳選して4つご紹介していきます。ぜひ参考にしてみください。

なお、記載されている料金は季節によって変動する場合があります。

きぬ川ホテル三日月

温泉、スパ、食事、きぬ川ホテル三日月ならではの魅力がたくさんあるホテルです。

特に鬼怒川温泉渓谷が一望できる展望湯舎や100mの温泉大回廊、ウォータスライダーを中心に様々なプールが楽しめるスパ施設、新鮮な魚介類・肉類・野菜の数々が美味しく調理されている豪華バイキングはきぬ川ホテル三日月の三大魅力といっても過言ではありません。

さらに北関東初の踊るレーザーショーや流れるイルミネーションといった斬新なイベントも行われており、訪れる人を楽しませてくれます。

ホテル ハーヴェスト 鬼怒川

ホテル ハーヴェスト 鬼怒川は、鬼怒川のほとりに位置し、自然の豊かさが身に染みるリゾートホテルです。

特に露天風呂、寝湯、サウナ、ミストサウナ、ジャグジーなどがあるクアゾーンは、ホテル ハーヴェスト 鬼怒川最大の魅力が詰まったエリア。鬼怒川の自然を窓越しに見つめながら、癒しのひと時が過ごせるでしょう。

また渓流を見下ろしながら食事ができるレストランがあるのも嬉しいポイントとなっています。和洋バイキングで楽しむ彩り豊かな旬の食材は、自然の素晴らしさを身に染みて感じることのできる食事です。

志季大瀞

客室は全6室しか用意されていない贅沢な旅館、志季大瀞(しきおおとろ)。温かい家庭のような雰囲気、少人数ならではの落ち着く空間が魅力の宿です。

客室である「大瀞(おおとろ)」からは、鬼怒川の雄大な自然をダイレクトに感じることができます。また春は新緑、夏は輝く緑、秋は紅葉、冬は雪見と、四季の移ろいをお風呂に入りながら感じられるのも魅力。

栃木の旬の食材が並ぶ会席料理とあわせて、心身ともにリフレッシュしてみてください。

鬼怒川温泉 あさや

創業から約130年経つ老舗旅館、鬼怒川温泉 あさや。温泉をはじめたくさんの魅力が溢れる宿泊施設です。

温泉施設には鬼怒川温泉で最も高い場所にある空中庭園露天風呂があり、豊かな緑、手の届きそうな星空など、自然を満喫しながら入浴することができます。さらに露天風呂付き客室では、その温泉をいつでも独り占め可能。

また、鬼怒川温泉 あさやはバイキングが楽しめる宿としても有名です。焼きたてのステーキや揚げたての天ぷら、バラエティ豊富なデザートなど和洋中約100種類の多彩なメニューが並び、心もお腹も満たしてくれるでしょう。