関西 日帰り旅行30選!家族でのドライブやデートにぴったりな名所まとめ

  • PR
  • 1220 |

京都市・大阪市・神戸市などの大都市が多く存在する関西エリア。そんな関西には日帰りでも楽しめるスポットがたくさんあります。大型リゾート「ネスタリゾート神戸」や「ひらかたパーク」、「ナガシマスパーランド」など、一日中楽しめるスポットの充実度は全国でも随一。「春日大社」や「伊勢神宮」、「比叡山延暦寺」など、由緒ある神社仏閣が集まっているのも特徴です。ここでは、関西の日帰り旅行スポット30選をご紹介。アクティブに楽しむもよし、のんびりと古の文化に思いをはせるもよし、お好みの過ごし方で充実の一日を過ごしましょう!

ネスタリゾート神戸【兵庫】

兵庫県三木市にある大型リゾート施設「ネスタリゾート神戸」。広大な敷地内には、ホテルにBBQパーク、テニスコートにレストランなど、盛りだくさんのコンテンツが用意されています。南国を思わせる贅沢リゾートで、思い思いの時間を過ごしましょう。

中でもグランピングができるBBQパークは、全国でも類をみないほどのこだわりよう。

グランピング専門雑誌「GLAMP」のプロデュースしたサイトは、どれもが洗練されておりフォトジェニックです。三木の自然に囲まれながら、厳選食材のBBQを堪能すれば、日帰りだってリゾート気分を味わえます。

夏にはプール、冬にはイルミネーションと、四季折々で違った楽しみがあるのも魅力的。2017年の春には、日帰り温泉やペットも一緒に泊まれるラグジュアリーホテルもオープンする予定です。1日では遊びきれないどんどん進化する近未来のリゾートから、ますます目が離せません!

有馬温泉【兵庫】

日本三古湯の一つに数えられ、古くからの歴史がある有馬温泉。神戸市からもほどちかく、車でも電車でも簡単にアクセスが可能です。日帰り専門の温泉施設や、宿の温泉を日帰りで利用できるプランも多く、手軽に温泉を楽しめます。また、有馬温泉のお湯はとても効能豊か。環境省が療養泉として指定をしている単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、放射能泉の7つの主成分が含まれています。

中でも含鉄ナトリウム塩化物強塩温泉の「金泉」、二酸化炭素泉の「銀泉」と呼ばれる温泉が有名です。空気に触れると酸化して、独特の赤茶色に変化するトロリと濃厚な「金泉」は、体を芯から温めて湯冷めしにくいのが特徴。殺菌効果も高く、皮膚疾患に効果があります。

「銀泉」はサラサラしており、成分には放射線物質が含まれています。呼吸器から吸入することで、自然治癒力を高める効果も。それぞれの施設により楽しめるお湯が違うので、事前にチェックしてからのお出かけがおすすめです。

城崎温泉【兵庫】

古くから温泉の文化が根付いている城崎には、日帰り温泉を楽しめる「外湯」と呼ばれる温泉が7つあります。お湯巡りのフリーパスを購入すれば、7つの湯に一日中入り放題です。ハーブの香る湯や、モダンな外観の湯、京都御所を思わせる造りの湯など、それぞれ嗜好をこらした温泉を堪能しましょう。

しだれ柳が揺れる川沿いを浴衣姿で歩けば、日常を忘れて癒しのひとときが過ごせます。

また、冬にはカニ料理でも有名な城崎温泉。大きくのびた手足が豪快な「松葉ガニ」の名産地です。各店舗でカニ料理が提供されるほか、カニにちなんだイベントや、カニの大型オブジェなども展開。街をあげてのお祭りとなります。ぎゅっと身のつまった味わい豊かなカニは絶品です。訪れる際にはぜひ食べてみたいですね。

竹田城跡【兵庫】

竹田城跡は、山城遺跡として完存する全国でもまれな遺構で、虎が臥せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう)」とも呼ばれています。車両の通行が制限されているので、途中からは徒歩でのアクセスになりますが、頂上からの景色は絶景です。

晩秋のよく晴れた早朝には「雲海」と呼ばれる朝霧が発生することもあり、但馬地方の風物詩となっています。眼下に広がる一面の雲海の美しさは、思わず言葉を失うほど。地上からは空に浮かぶ城のように見えることから「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも呼ばれています。雲海に浮かぶ天空の城…その幻想的な光景を一度は見て見たいものですね。

姫路城【兵庫】

姫路城は、日本で初めての世界文化遺産です。美しい木造建築の完成度は世界的にも他に類のないすぐれたもので、シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれています。漆喰総塗籠造りの鮮やかな白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴です。

近年、城内ではARやコンピューターグラフィックスを活用した展示・解説が展開されるようになりました。専用アプリをダウンロードし、城内のスポットでスマートフォンやタブレット端末をかざすと、動画や写真と共に詳しい解説があらわれる仕組みとなっています。

淡路島【兵庫】

「古事記」や「日本書紀」によると、淡路島は日本列島で一番最初にできた島とされています。島内には日本で最も古い神社や、国生み神話ゆかりの神社など、由緒正しい名所がたくさん。島の各地に残された伝承を巡る旅も人気です。

豊かな自然にかこまれた淡路島では、「南あわじ温泉郷」や「洲本温泉」など、温泉も豊富。源泉の違う11もの湯がわきでています。日帰り入浴が可能な施設もあるので、温泉めぐりも気持ちが良さそう。日帰り旅行の醍醐味をまるごと楽しめるスポットです。

六甲山【兵庫】

六甲山は、神戸市の西から北にかけて位置する山塊です。瀬戸内海国立公園の区域に指定されており、日本三百名山の一つです。山頂へはバスやケーブルでアクセス可能。子どもからお年寄りまで、年齢問わずに行けるのも魅力の一つです。

山頂には「六甲高山植物園」や「六甲山カンツリーハウス」、「六甲山フィールドアスレチック」など、様々なレジャーを楽しめる施設がたくさんあります。「天覧台」からは、1000万ドルの夜景を眺めることも!カフェも併設されており、デートにもおすすめです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン【大阪】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、ハリウッド映画の世界観を余すところなく体験できるテーマパークです。「ジョーズ」や「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」などの人気映画がモチーフのものや、パークをぐるっと周遊する爽快な大型コースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」など、大興奮のアトラクションが目白押し。各エリアや映画をイメージしたフードも本格的で、アルコールメニューも豊富に用意されています。

炎や大量の水を使ったショーの迫力は、本場ハリウッドさながら。夜にはロマンチックな風景や夜景も楽しめます。家族でも、友達でも、カップルでも…1日中たっぷり遊べるスポットです。

海遊館【大阪】

海遊館は、大阪市港区の天保山ハーバービレッジにある水族館です。同じ敷地内に大観覧車や大型商業施設もあるので、水族館と一緒に満喫できます。世界最大級の巨大な水槽の中には、ジンベイザメやマンタ、世界の海の海洋生物が。ペンギンやアザラシを間近で観察できる水槽や、エイやサメに直接触れるコーナーなど、体感型の展示も充実しています。

毎日夕方5時からは、館内BGMが変わり、館内はぐっと大人なムードに一転。昼とは違う幻想的な顔を見せる「夜の海遊館」で、ロマンチックなひとときを過ごしましょう。

ひらかたパーク【大阪】

ひらかたパークは、京阪電気鉄道が運営するテーマパークです。通称は「ひらパー」として多くの人に親しまれています。枚方出身のV6・岡田准一さんも大ファンで、「超ひらパー兄さん」としてプロモーションに参加しているほど。

広大な敷地内には42個ものアトラクションがあり、大人から子どもまで楽しめる内容となっています。冬にはイルミネーションも開催され、光の遊園地に早変わり。関西が誇る、大人気のテーマパークです。

道頓堀【大阪】

大阪・ミナミの繁華街に位置する道頓堀。ひときわ目立つ「グリコ」の看板が目印です。昔、大阪は「天下の台所」といわれており、北海道の昆布、土佐の鰹節等など全国からさまざまな食材が入ってきました。そのような歴史もあり、食い倒れの街として現在も名をはせています。

名物の串カツやたこ焼きの他にも、おしゃれなカフェやイタリアンまでバリエーション豊か。また、演劇・演芸のメッカとしても有名で、人形浄瑠璃は国立文楽劇場、歌舞伎は松竹座、演芸は角座、なんばグランド花月などがあり、連日多くの人で賑わっています。

新世界【大阪】

新世界は大阪市浪速区にある繁華街です。ランドマークとも言える通天閣がそびえ立つその場所は、数々のドラマや映画の舞台にもなってきました。パリとニューヨークを模倣した街並みは、どこか異国情緒あふれ個性的。居酒屋や串カツ屋など、リーズナブルに楽しめる店舗が揃っています。

エリア内には「天王寺動物園」や「大阪市立美術館」、巨大温泉施設「スパワールド」もあり、とても一日では遊びきれません。

アメリカ村【大阪】

流行の発信地「アメリカ村」。アメリカ西海岸から輸入してきた古着やジーンズ、中古レコード、雑貨が売られ始めたのが話題となり、テレビなどメディアから紹介されるようになったのが「アメリカ村」と呼ばれるようになった起源です。店舗総数は約2,500店もあり、おしゃれで個性的なスポットがたくさんあります。

夜もバーやクラブなどが立ち並び、一晩中多くの人で賑わいます。夜遊びするのなら、ぜひ訪れたいスポットです。

清水寺【京都】

京都の観光地の中でも高い人気を誇る清水寺。奈良末期778年に僧延鎮が開山し、798年に坂上田村麻呂が仏殿を建立したと伝えられています。境内には仁王門、西門、三重塔などの重要文化財がたち並び、どこをとっても見所ばかり。

「清水の舞台」として有名な国宝である懸崖造りの本堂からは、市街地の絶景も堪能できます。四季折々の自然との調和も美しく、春には桜と新緑、秋には紅葉が見ものです。

伏見稲荷大社【京都】

伏見稲荷大社といえば朱色の鳥居が並ぶ「千本鳥居」が有名です。この場所は神の降臨地である山の入り口にもあたり、現世から神様のいる幽界へと続く門として多くの鳥居が建てられたのだそう。

全国に30,000社あるといわれる「お稲荷さん」。時代時代の人々の篤い信仰心によって「衣食住ノ太祖ニシテ萬民豊楽ノ神霊ナリ」と崇められ、五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神として、全国で広く信仰されてきました。その総本宮が伏見稲荷大社です。東山三十六峰の最南端である稲荷山全体を神域としており、周辺にもたくさんの神社・仏閣があります。

花見小路通【京都】

京都らしい風情あふれる花見小路通は、京都の東山区にある南北の通りの一つです。三条通から建仁寺前までを指し、高級感あふれるスナックやクラブなどが立ち並ぶ北側と、和の趣あふれる茶屋や料理屋がならぶ南側で違った雰囲気を楽しめます。運が良ければ、道を歩く舞妓さんに会うことも。

周囲には浴衣のレンタルショップもあり、昔ながらの木造建築と石畳の道を和装で歩けば、ノスタルジックな気分に浸れそう。散歩しているだけでも、京都の魅力を充分に堪能できるエリアです。

京都府立るり渓自然公園【京都】

るり渓は、南丹市園部町の南西部、標高500メートルの高原に位置する渓谷です。渓谷の主要部は、昭和7年に国の名勝に指定されました。上流部は花崗岩、下流部は石英粗面岩からなっていて、清流に点在する個性豊かな岩や滝、深淵が、風景に趣を添えています。

四季折々で楽しめる植物も種類豊富で、るり渓一帯では90種以上の鳥を観察できるバードウォッチングも楽しめるのも魅力的。川には特別天然記念物のオオサンショウウオが生息しています。上流には「通天湖」という人造ダムがあり、釣りを楽しめることでも大変人気です。

伊根の舟屋【京都】

伊根の舟屋は、京都府与謝郡伊根町にある、この地域の伝統的建造物です。伊根湾の波静かな海と山の隙間に、珍しい建築様式の舟屋が建ち並んでいます。海面すれすれに建てられているため、その様子はまるで家が海に浮かんでいるよう。平成17年には漁村で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。現在でも230軒ほどの舟屋が現存しており、生活空間となっています。

ガイドツアーや釣り体験も実施されているので、海辺の暮らしを肌で感じながら観光してみてはいかがでしょうか。

るり渓温泉【京都】

るり渓温泉は、大阪・京都から約1時間という好アクセスながら、渓谷の大自然を楽しめる複合型リゾート施設です。国の名勝地に指定されている自然公園ならではのアクティビティが盛りだくさん。春のハイキング、夏の渓流釣り、秋の紅葉狩り、冬の雪見と、年間を通じて近隣各地から多くの人々が訪れます。

肩こりや疲れを癒すラドン温泉の大浴場には、打たせ湯やサウナが揃っており、ゆったりと寛ぎのひとときを過ごせます。また、水着着用のバーデゾーンや温水プールもあるので、家族やカップルでも一緒に施設を満喫できます。

比叡山延暦寺【滋賀】

比叡山は、京都と滋賀の県境にあり、日本仏教の母山と仰がれる山です。東には日本一の琵琶湖を、西には古都京都の町並を一望できる景勝地でもあります。「延暦寺」は、比叡山の山内にある500ヘクタールの境内地に点在する150程の堂塔の総称です。

山内は地域別に、東塔(とうどう)、西塔(さいとう)、横川(よかわ)の三つに区分されており、これを三塔と言います。それぞれに本堂があり、東塔と西塔では、食事や宿泊、修行体験をすることも可能。日常の生活を離れ、自分自身に向き合う貴重な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

琵琶湖【滋賀】

滋賀県にある、日本で最大の面積と貯水量をもつ琵琶湖。県土の約6分の1を占める広い湖の周辺には、「琵琶湖八景」や「近江八景」と讃えられるほどの風光明媚な景観が広がります。

湖とその周辺には1,000 種以上の動植物が生息し、ビワマスやセタシジミなどの固有種が見られることも。湖畔にはリゾートホテルも立ち並び、洗練された空気の中で豪華な食事を味わえます。

伊勢神宮【三重】

「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれる伊勢神宮。正式な名称は「神宮」といいます。内宮(皇大神宮)と外宮(豊受大神宮)をはじめとした、大小さまざまな社から成る神社です。

起源は今から約2000年前、大和から皇祖神・天照大御神の御杖代として旅した倭姫命が、五十鈴川のほとりに皇大神宮を定めたとされています。その約500年後、天照大御神の食事を司る神をまつったのが豊受大神宮です。「お伊勢参り」には日本全国から多くの人が訪れており、海外からも注目を集めています。

ナガシマスパーランド【三重】

ナガシマスパーランドは、三重県の長島リゾート内にある日本最大級の遊園地です。名古屋からも車で約30分とアクセス良好。直通バスも毎日運航されています。全長2,497mを誇る世界一のコースター「スチールドラゴン2000」や、うつぶせのまま急上昇し急降下する新感覚のフライングコースター「アクロバット」など、ナガシマスパーランドでしか味わえないスリル満点のアトラクションが盛りだくさん!もちろん、小さな子どもでも安心して楽しめるアトラクションも用意されています。

隣にはイルミネーションで有名な「なばなの里」や、お得にお買い物が楽しめる「三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島」もあるので、様々な楽しみ方ができるスポットです。

奈良公園【奈良】

奈良公園は、奈良市にある広大な公園です。敷地内には東大寺、興福寺、 春日大社、正倉院など、貴重な歴史的文化財が目白押し。緑豊かな公園と古の文化が融合した、日本でも類希な歴史公園となっています。

奈良の広い敷地内には、若草山や県庁屋上広場など、奈良盆地を一望できる絶景スポットも。また、約1,200頭もの鹿が生息しており、その愛らしい姿を見に訪れる人もいるほどの観光地となっています。

東大寺【奈良】

東大寺は、奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の寺院です。金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)ともいい、奈良時代に聖武天皇建立しました。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏(るしゃなぶつ)を本尊とし、多くの人に信仰されています。南大門や大仏殿など、国宝級の貴重な建造物や宝物が数多く存在し、一日ではすべてを観ることはできないほど。奈良を訪れたら、一度は必ず行きたい寺院です。

法隆寺【奈良】

法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築です。推古天皇と聖徳太子によって建立された寺院は、塔・金堂を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍から成り立ちます。広さ約18万7千平方メートルの境内は、貴重な文化財の宝庫です。その数は非常に膨大で、国宝・重要文化財に指定されたものだけでも2300点以上。世界的にも有名な仏教文化の名所となっています。

春日大社【奈良】

縁結びのスポットとしても広く知られている春日大社。奈良時代に、平城京の守護と国民の繁栄を祈願する為に創建されました。境内は古代から神域とされていた御蓋山一帯に広がっています。春日大社は「平安の正倉院」とも呼ばれ、平安貴族の美意識を反映した国宝の古神宝が多く伝わります。国宝殿には、全国でも類をみないほどの貴重な宝物が揃っているので、歴史好きなら是非行ってみたいですね。

吉野山【奈良】

日本一の桜の名所として知られる吉野山。夏にかけてはアジサイが咲き誇り、秋には紅葉、冬には真っ白な雪景色が堪能できます。また大峯信仰登山の根拠地でもあり、修験道の霊場とされてきました。吉野山は山全体が世界遺産として登録されており、吉野水分神社・金峰神社・金峯山寺・吉水神社などの世界遺産を徒歩で回れることも魅力です。

シメサバを柿の葉でくるんだ押し寿司・柿の葉寿司も吉野の郷土料理。柿の葉の香りと寿司飯が絶妙にマッチした味わいが人気です。吉野山を訪れたら、こちらも食べてみたいですね。

瀞峡【奈良】

瀞峡は、和歌山・三重・奈良県を流れる熊野川水系北山川上流にある峡谷です。吉野熊野国立公園の一部で、巨岩がつづく圧倒的な渓谷美は、古くから名勝と讃えられています。

荒々しく切り立つ断崖と巨岩、神秘的なコバルトブルーの水面をより身近に味わうなら、船に乗っての観光がオススメです。川船に乗ってゆったりと、風光明媚な景観を堪能しましょう。豪快に楽しむのなら、ウォータージェット船も用意されています。時速40kmで断崖絶壁の間を走り抜けるスリルは、一度味わったらクセになりそうです。

友ヶ島【和歌山】

友ヶ島は、和歌山県和歌山市にある、紀淡海峡にある無人島群です。地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の四島を総称名で、瀬戸内海国立公園の一部を指します。晴れた日にはコバルトブルーの海をへだて、淡路島まで見渡せることも。

まるで異国のような雰囲気で、沖ノ島には要塞時代を偲ばせる砲台跡が点在。それらをめぐるハイキングコースも開かれています。島内の道路はほとんどがかつての軍用道で、今も舗装されてない風情ある景観を楽しめます。

白浜【和歌山】

和歌山県西牟婁郡に位置し、古い時代から温泉地として有名です。千葉県などにも白浜という地名が存在することもあり、南紀白浜と呼ばれることも。遠浅の浜は真っ白なサラサラの砂で、まるで海外のリゾート地に来たような気分に浸れます。

また、ビーチだけでなく周辺のレジャー施設が充実しているのも特徴です。パンダに会えるアドベンチャーワールドや、30種類もの魚を野生の姿そのまま観察できる海中展望塔など、ここでしか味わえない楽しみがたくさん!白浜のシンボルとして親しまれている円月島では、和歌山県の夕日100選に選ばれた美しい夕景を眺められます。

白良浜【和歌山】

南紀白浜にある、長さ640mの遠浅の浜です。90%の珪酸を含む石英砂は、真っ白でサラサラの砂。コバルトブルーの海と白い砂浜のコントラストは見事です。夏にはカラフルなパラソルが咲きみだれ、海水浴客で賑わいます。トロピカルムード満点の、日本にいながら海外リゾートの気分が味わえるスポットです。

三段壁【和歌山】

三段壁は、長さ2km、高さ60mにも及ぶ柱状節理の大岩壁で、断崖絶壁の名勝として知られています。断崖には展望台が設けられており、雄大な南紀の海景を見ることも。崖には、源平合戦で知られる熊野水軍が船を隠したという伝説の三段壁洞窟があります。洞窟内には辯才天が鎮座しており、約200mに及ぶ洞窟内は神秘的な空気をたたえています。

また、三段壁洞窟施設前では足湯を楽しむことも可能。足湯でリラックスしながら、180度の太平洋パノラマビューを眺める…最高に贅沢なひとときです。

千畳敷【和歌山】

千畳敷は広さ約4ヘクタールほどもある大岩盤です。畳を千枚敷けるほどの広さであることが名前の由来。砂岩は非常に柔らかいため、打ち寄せる波の浸食を受け、複雑な地形を形成しています。白浜町の景勝地としても有名で、この場所から望む夕日は、「日本の夕陽百選」にも選ばれているほどの美しさです。

アドベンチャーワールド【和歌山】

アドベンチャーワールドは、「人間と動物と自然とのふれあい」をテーマにしたテーマパークです。国内では珍しいパンダの飼育も行われており、愛らしい姿を鑑賞できます。また、肉食動物に車で接近できるエキサイティングな「サファリキャラバン」や、イルカと交流できる「ドルフィンフィーディング」も人気のコンテンツ。のびのびと飼育された動物たちは、生命力に満ちあふれています。他ではなかなか見られない動物たちの姿を目撃できるかもしれません。

ページTOPへ

このページのTOPへ