関西 ホテル20選! グランピングやリゾート&ラグジュアリーホテルを徹底紹介!

  • PR
  • 1705 |

関西のおすすめホテルを20スポットにまとめました。関西には広大な自然の中にあるリゾート施設「ネスタリゾート神戸」をはじめ、江戸時代から続く老舗の旅館、1日1組限定の宿、世界規模で展開しているホテルの日本支店など、多くの宿泊施設があります。ここでは、忘れられない時間を過ごせること請け合いの素敵なホテルをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。なお、記載されている料金は時期によって変動する場合があるのでお気を付けください。

ネスタリゾート神戸【兵庫】

ネスタリゾート神戸は、兵庫県三木市にあるリゾート施設です。施設内には様々なスポットが点在し、有意義な時間を過ごすことができます。

 

例えば、全長400mあるコースをスレッドに乗って一気に滑り降りるレインボースライダー、頭で考えながら楽しく体を使って遊べるアスレチック、夏季限定でオープンする関西最大級のプール施設などは子供たちに大人気です。

他にも4つのストーリーが展開され、多彩な演出が感動の光の旅へいざなってくれるイルミネーション、緑溢れる森の中でテニスやフットサルができるスポーツ施設、

イタリアンや和食、居酒屋、バーにカフェなど、リゾート施設には欠かせない「食」が楽しめるグルメスポットなど、訪れる人を楽しませてくれる施設が充実しています。

そんなネスタリゾート神戸は宿泊するのにも最適。ホテルやグラピングを完備しているので、関西に足を運んだ際はぜひ利用してみてください。

ホテル ザ・パヴォーネ

ネスタリゾート神戸の宿泊施設のひとつ、ホテル ザ・パヴォーネ。日本の美と現代的なデザインが融合した雅モダンな空間で、本格リゾートステイが満喫できます。

お部屋は、茶色を基調とした落ち着き溢れる空間に2つのベッドが置かれている「カジュアル・ツイン」「スタンダードツイン」、

室内の雰囲気はそのままに大きめの窓が開放感を演出し、大きめのベッドが1つ置かれている「スタンダードダブル」、

和の風情が心地良い「和室」、

ベッド周りに金屏風が飾られ、広い室内でのびのびと過ごすことができる「デラックス・ツイン」「ラグジュアリー・スイート・ツイン」、

そして最上階の角部屋に位置し、ベッドスペースが一段高い場所に設けられた個性的な空間「ジュニア・スイート」を用意。

館内2階には天然温泉「槇山神籬の湯」が楽しめる浴場もあり、身体の芯から疲れを癒すことができるのも魅力です。日常を忘れて羽を伸ばしてみてはいかがでしょう。

グランピングde宿泊「プレミアムキャビン」

これまで日帰りグランピング施設のみだったネスタリゾート神戸に、待望の宿泊可能なグランピング施設が誕生!グラマラスとキャンピングを合わせた新しい形のキャンプが存分にあじわえる施設となっています。

グランピングが楽しめるキャビンは全部で14棟。どのキャビンの室内にもこだわりが詰まった調度品が置かれており、今までやっていたキャンプとは全く別物の感覚が楽しめるでしょう。また、各キャビンにはテラスが設けられており、美味しい空気や心が和む自然に囲まれながらBBQができるのも魅力です。

会話を楽しみながら食事をし、夜には星を見上げてみる。気の合う仲間や大切な人と自由な時間を過ごし、何気ない日常を特別なものに変えてくれるのがネスタリゾート神戸のグランビグです。

星のや京都【京都】

星のや京都があるのは嵐山から10分、桜や紅葉、渓流など日本を代表する美しい景観が望めるエリアです。

お部屋は全室リバービュー。春は桜、夏は自然の息吹を感じられる緑、秋は楓が赤く染まり、冬には水鳥が訪れます。四季の移ろいを肌で感じることができ、都会の喧騒とは無縁の心落ち着く空間が魅力です。

また、星のや京都の建物は100年前に建てられた旅館をリノベーションしたもの。館内には、年月を重ねるごとに味わいの増す日本建築に相応しいインテリア家具が置かれ、滞在している時間をより一層濃いものにしてくれるでしょう。

ぜひ一度、星のや京都のこだわりを体感してみてください。

柊家旅館【京都】

「四条河原町と京都御苑の間に位置し、古くから京都の街に溶けこむ柊家旅館。約200年前に、初代が運送業や海産物商を営なむかたわら旅人に宿を提供していたのが始まりです。以来幕末の志士たちや明治時代からの皇族、川端康成をはじめとする文人など、多くの人たちに愛されてきました。

お部屋は、江戸末期から昭和の風情が残る数寄屋造りの旧館と、和の風情を残しつつ新しい時代に合わせた設備や快適さを兼ね備える新館があります。

どちらも甲乙つけがたい居心地の良さで、特に「大人」はその良さを身に沁みて感じられるでしょう。

また、ミシュランのホテル・旅館部門で5つ星、料理でも旅館では数少ない1つ星を獲得されている柊家旅館。関西を観光する際はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

オーシャンテラスあじさい【兵庫】

オーシャンテラスあじさいは六甲山にあるホテルです。全5室という少ない部屋数ならではの、心を尽くしたもてなしが魅力のホテルとなっています。

また、お部屋からは日本三大夜景のひとつでもある神戸の夜景が望めます。夜景を望みながらお風呂に入れる1時間貸切の展望ジャグジーも用意されています。客室はどれもスイートルームのような趣向を凝らした造りで、優雅なひと時を過ごせること間違いなし。特に時間の流れがゆっくりとしているテラスはお気に入りの場所になるでしょう。

フォーシーズンズホテル京都【京都】

約1200年にわたって美しい四季を重ねてきた悠久の都京都に佇む、フォーシーズンズホテル京都。古き良き日本の文化と新しい感性が融合するホテルです。

提供:フォーシーズンズホテル京都

フォーシーズンズホテル京都には平家物語に記された由緒ある日本庭園「積翠園」があり、滞在中は四季の移ろいが楽しめます。客室はフォーシーズンズならではの最先端の快適性と、日本伝統の雅やかなおもてなしを調和させた、これまでにない滞在空間です。

提供:フォーシーズンズホテル京都

レストラン「ブラッスリー」にある9mの大きな窓から日本庭園を望みながら、四季を感じさせる地産の食材をふんだんに使用したモダンキュイジーヌをお楽しみください。

有馬山叢 御所別墅【兵庫】

有馬山叢 御所別墅(ありまさんそう ごしょべっしょ)は、有馬温泉街から近い場所にあるホテルです。六甲山の豊かな緑に囲まれ、自然の音が耳に心地良く、ほっこりとした気分にさせてくれます。

御所別墅は、有馬温泉最古の宿「陶泉 御所坊」の当代「15代目金井四朗兵衛」が運営を開始。清水寺に祀られていた千手観音像のお守りを先々代が引き受けるという、不思議な巡り合わせから始まりました。当代が仲間とともに作り上げた御所別墅には、そんな経緯が感じられる独特の風情が漂います。

約1400坪ある敷地内には離れが10室。そのどれもが広さ100㎡ある、スイートルームです。種類は木造平屋と木造二階建てに分けられ、どちらも個性的な空間で、ベッドやカーテン、椅子に小物までこだわり抜かれています。

大阪マリオット都ホテル【大阪】

大阪マリオット都ホテルは、日本国内で最も高いビル「あべのハルカス」の38階から55階に客室をもつホテルです。客室はモダンで高級感あふれる仕様と、温かみのある配色が施されたカジュアルな仕様が用意されています。360室設けられた全客室に床から天井までの全面窓を取り付け、最高の眺めを楽しめるよう設計されています。そこでは見渡す限り空と街が広がり、まるで大阪を独り占めしたような気分にさせてくれるでしょう。

また、地上約270mの場所にある57階レストラン「ZK」(ジーケー)は夫婦やカップルを中心に人気です。ワンフロアで欧風料理・鉄板焼・日本料理が楽しめる美味しい料理はもちろん、大切な人と絶景を眺めながら過ごすひと時は忘れられない思い出となります。

ザ・リッツ・カールトン大阪【大阪】

高級ホテルとして名高いザ・リッツ・カールトン大阪。「もうひとつの我が家」をコンセプトに、お部屋や館内はラグジュアリーかつ落ち着いた空間づくりがされています。

客室は24階から32階までのレギュラーフロアに5種類、36・37階にあるスカイビューフロアに4種類、33階から35階までのクラブフロアに4種類を用意。お部屋の内装は、まるで貴族の邸宅へ訪れたかのような優雅な雰囲気を味わえるとともに、気持ちの良い朝が迎えられそうな穏やかな雰囲気も感じられます。

また、ザ・リッツ・カールトン大阪といえば一流レストランがあるのも魅力的です。伝統的なフレンチに多彩なシーフードを使用した料理が特徴のフランス料理「ラ・ベ」、厳選素材にこだわった寿司、炭火焼、会席、鉄板焼、天ぷらが楽しめる日本料理「花筐」など、味の芸術といっても過言ではない料理の数々をぜひ楽しみましょう。

ホテル阪急インターナショナル【大阪】

ホテル阪急インターナショナルは、若者を中心に人気の梅田・茶屋町にあるホテルです。1992年に開業し、アメリカのオフィシャルホテルガイド・ワールドワイド紙で、日本のホテルとして唯一10ランク中最高ランクであるスーペリア・デラックスに認定されました。

コンセプトは「洗練を極めるラグジュアリーホテル/気品ある空間」。館内やお部屋にはアンティークの調度品などが使われヨーロピアン調の内装となっており、ホテルという非日常的な空間が見事に演出されています。

また全客室が26階以上に設けられており、宝石を散りばめたような綺麗な夜景が見られるのも魅力です。さらに全客室に40型以上のテレビが備え付けられてあり、VOD全200タイトルが見放題というのも嬉しいポイントとなっています。

L'AUBERGE DE PLAISANCE 桜井【奈良】

フランス料理店「ひらまつ」が経営しているホテル、L'AUBERGE DE PLAISANCE(オーベルジュ・ド・プレザンス)桜井。お部屋はスイート2室とツイン7室の全9室が用意されています。

コンセプトは「おいしく、快適な、遠い過去への静かな旅」です。貴重な昔の文化が色濃く残された桜井には歴史を積み重ねてきた古道や古道街があり、L'AUBERGE DE PLAISANCE 桜井から足を運んでみるのにぴったり。

さらにオーベルジュということで、料理も見逃せません。大和野菜をはじめ、奈良の豊かな風土で育った食材とフレンチの調理技法を合わせた料理の数々は、訪れる人から高い評判を得ています。グルメとホテル、両方に期待を膨らませながら足を運んでみてください。

古民家 吾平治【京都】

丹後半島の海のそばにある古民家 吾平治。築90年ほどの母屋は美しい格子天井が一際目を引く建物です。1日1組だけが宿泊できる宿として営業されており、料理は丹後のばらずしをはじめ、新鮮な魚介類・山の幸を使用したもの、冬には幻の蟹と呼ばれる「間人かに」を使った料理など、絶品グルメの数々が楽しめるのも嬉しいポイントです。日常を忘れられる隠れ宿に一度訪れてみませんか?

山荘 天の里【和歌山】

山荘 天の里は、世界文化遺産「丹生都比売神社」が鎮座する高野山の麓にあるホテルです。春は新緑の緑が胸を踊らせ、夏は蛍が舞い幻想的な空間に、秋は鮮やかな紅葉に夏の終わりを感じ、冬は静かな雪景色が心に染みる。山荘 天の里はそんな四季折々の自然の美しさを感じられる場所に佇んでいます。

お部屋は、3棟のコテージの中にそれぞれ2種類のツインルームを用意。コテージならではの木の優しいぬくもりが居心地の良さを生み、いつまでも滞在していたくなるような感覚にさせてくれます。

レストランでは、天野の旬の味を贅沢に使用しフレンチと和食が融合した料理の数々を楽しめるのが魅力です。3・5・7・9月の平日月曜日から水曜日までランチバイキングが開催されるので、宿泊した際はぜひ利用してみてください。

京都 嵐山温泉 渡月亭【京都】

国の史跡および名勝に指定され、京都を代表する観光地嵐山にある、京都 嵐山温泉 渡月亭。明治30年創業で、約115年にわたって営業されている老舗料理旅館です。

渡月亭は、嵐山の景色が一望できる露天風呂付き客室が設けられた「碧川閣」、どこか懐かしさを漂わせる落ち着いた和室がある「秀山閣」に分かれており、別館の「松風閣」では豆腐と湯葉を主な素材にした会席料理が楽しめます。

また、名前にもあるよう渡月亭では温泉に浸かれるのも魅力。嵐山温泉は2004年3月に開湯した比較的新しい温泉です。様々な名所を観光した後は、この温泉でゆっくりと疲れを癒しましょう。

神戸オリエンタルホテル【兵庫】

神戸オリエンタルホテルは、街並みが美しい旧居留地にあるホテルです。1870年に開業した初代神戸オリエンタルホテルは日本最古級の西洋式ホテルでした。

現在の神戸オリエンタルホテルは2010年にオープンしたもので、六甲山の雄大な街並みや情緒あふれる港の風景を楽しんでほしいとフロントが最上階に設置してあります。

そしてお部屋は神戸港の方角を向いているハーバービュー、六甲山の方角を向いているマウンテビューがあり、使われている装飾品や色使いからエキゾチックな雰囲気を感じる室内が特徴的。間違いなく記憶に残る特別な時間が過ごせるでしょう。

西村屋本館【兵庫】

平安時代から知られている温泉、城崎温泉にある西村屋本館。江戸安政期に創業してから約150年の間多くの人に愛されてきた旅館です。

到着すると目に飛び込んでくるのが、時代を感じさせる立派な日本家屋。ロビーへ足を踏み入れるとそこは大正ロマンの趣漂う空間となっています。ふと外へ目をやると、そこにはまるで1枚の絵画を見ているような美しい日本庭園が。時の流れが止まっているような西村屋本館は、日常を忘れてゆっくり過ごすには最適です。

客室はどれも和の風情が溢れており、心から安らげる空間。さらに露天風呂付きのお部屋も用意されており、より一層贅沢な時間を過ごすこともできます。

京都ブライトンホテル【京都】

京都御所の西側に位置し、周辺には世界文化遺産も数多く点在する京都ブライトンホテル。街散策がてら散歩をしてみると、少し歩くと二条城、丸太町を下ると四条烏丸、少し東へ入っていくと河原町など、歩いているだけで楽しいようなエリアにあります。

京都ブライトンホテルへ入ると驚くのが、ホテル中心部分にある吹き抜けの広さです。とても広く、見ているだけでなんだかテンションが上がってしまいそうな華やかさ。お部屋はツイン・ダブル・トリプル・フォース・スイートが用意されており、どのお部屋も清潔感に溢れ気持ちの良い時間が過ごせるでしょう。

また、京都ブライトンホテルといえばレストランです。5つの直営店が入店しており、バイキングが行なわれているカジュアルなレストランや京懐石が味わえる懐石レストラン、最高の食材を目の前で焼き上げてくれる鉄板焼きレストランなど、旅の楽しみに加えてほしいレストランが目白押しとなっています。

帝国ホテル大阪【大阪】

帝国ホテル大阪は、春には桜の名所として賑わう造幣局、夏には日本三大祭りのひとつ天神祭を望む絶好のロケーションにあるホテルです。

7階から18階には、ビジネスからカップル、家族連れまで幅広く対応している客室が用意されています。種類はスタンダード・スーペリア・スイートの3つ。そして19階から21階には1890年の開業以来、長きに渡って高く評価されてきた「おもてなしの心」が表現されている特別階、インペリアルフロアがあります。

どのお部屋もベージュとブラウンの茶系を基調とした色使いがされており、とても落ち着く空間です。大阪の景色を眺めながら特別なひと時を過ごしみてはいかがでしょう。

インターコンチネンタル大阪【大阪】

インターコンチネンタル大阪は、世界180以上のホテルやリゾート施設を展開しているインターコンチネンタルホテルズグループのホテルです。関西初進出となった大阪では、2013年に開業した複合商業施設「グランフロント大阪」の北館に入居しています。

インターコンチネンタル大阪の客室は全部で215部屋。そのほとんどが広さ約50m²以上を誇り、窓ガラスは天井から床近くまである大きなものを採用、眺望や光の入り具合などのバランスが考慮された上質なお部屋です。

また、インターコンチネンタル大阪には「サービスレジデンス」といった長期滞在を目的としたお部屋が備えられているのも特徴。お部屋は全てスイートタイプで、キッチンや家電、食器類など日々の生活に必要なものが用意されています。

松葉温泉 滝の湯【大阪】

大阪南部貝塚市にある松葉温泉 滝の湯。貝塚市の中でも山間部に位置し、松葉温泉 滝の湯に到着した頃には心地よい静寂と自然の音に包まれるのどかな風景が広がっているでしょう。

松葉温泉 滝の湯は2013年にオープンした比較的新しい宿です。客室は全部で4つ。その全てに秋山川の清流を眺めながら入れる露天風呂が備えられ、渓流のせせらぎを聞きながらゆるりとした時間を過ごすことができます。

また、客室専用露天風呂をはじめ大浴場には天然ラドン温泉が注がれており、自然治癒力や免疫力の向上などの効果を期待できるのも特徴。お風呂上がりは、全客室に完備されているマッサージ機で至福のひと時をお過ごしください。

セントレジスホテル大阪【大阪】

セントレジスホテル大阪は、世界規模で展開している大型ホテルチェーン「スターウッド・ホテル&リゾート」の日本進出第1号です。大阪を代表するラグジュアリーホテルと知られており、格式高いもてなしが評価されています。

その1つとしてバトラーサービスというものがあり、会議前のスーツの完全なアイロン掛けから好みの本のお届け、大切な人への贈り物の調達まで、どんな要望も時間を問わず対応してくれるというもの。

そして肝心の客室は、3つのグレードに分けられているデラックスと名付けられたお部屋の他、7種類のスイートルームが用意されています。どの客室も品の感じられる内装が施された完璧なお部屋となっています。

また、まるで現地にいるような雰囲気が漂う店内で、イタリア料理とフレンチビストロを楽しめるレストランも完備されており、グルメもたのしめます。

ページTOPへ

このページのTOPへ