ネスタリゾート神戸の第2章がスタート!新しくオープンした施設を一挙紹介!

  • PR
  • 3095 |

2017年春、近未来リゾート・ネスタリゾート神戸の第2章がスタート!大人気のグランピングBBQやイルミネーションに引き続き、花畑やアスレチックなどさらに魅力的な施設がオープンしました。気になる新施設を一挙に紹介します!

魅力が倍増!ネスタリゾート神戸の第2章がスタート

2016年7月のオープン以来、すっかり関西の人気スポットとなったネスタリゾート神戸。2017年の春、第2章としてお花畑「ネスタフローラ」、日帰り温浴施設「天然温泉 延羽の湯 野天 閑雅山荘」、特別感あふれるリゾートルーム「ホテル ザ・パヴォーネ クラブルーム」、そしてアスレチック「スカイジャングル」がオープンしました。

もともと「グリーンピア三木」のあった場所を大改修してできたネスタリゾート神戸。ホテル本館となる「ホテル ザ・パヴォーネ」は以前からあった施設をリノベーションしたものでしたが、今回はすべての施設が新しく建設されたものです。フォトジェニック、癒やし、ワクワクなど「今」の気分がぎっしり詰まった新しい施設を紹介します!

200種類の花が咲き誇る!「ネスタフローラ 花結びの谷」

ホテル ザ・パヴォーネの向かいにできたスポットが、美しい花を思う存分満喫できるお花畑「ネスタフローラ 花結びの谷」。

まず入って驚くのが、優雅に泳ぐ大きな錦鯉たち。ネスタフローラのテーマとなっている「花結びから縁結びへ」にかけて、恋、こいという発想なのだとか。こんなに大きな鯉が一度にたくさんいることに驚きです。

こいの入口を抜けたら、斜面を登りながらお花畑を楽しみましょう。美しく整備された花たちは、季節によって植え替えられます。

棚田風になっているお花畑、「花結びの谷」にはこんなフォトスポットも!

歩き進むにつれて、お花の種類や彩りが変化するので、飽きることがありません。

花畑の中に泊まれる宿泊コテージもあります。ミニキッチン付きで、まるで自然の中の別荘に来たような感覚でくつろげます。

夜のショーも必見

ネスタフローラの営業は22時まで。入場はチケット制ですが、当日なら何度でも再入場ができます。日が暮れると、色鮮やかだった昼とは違って、ライトに照らされた幻想的な花たちを見られます。

30分に1回、光のショーも開催!3分半の中に音楽と光でストーリーが描かれていて、思わず見入ってしまいます。

併設のカフェ「カフェ・ド・フローラ」も人気スポット。ポットの中に花が咲く、工芸茶でひといきつきましょう。

1日いれちゃう心地よさ!「天然温泉 延羽の湯 野天 閑雅山荘」

大阪に2店舗を展開する人気の日帰り温泉「延羽の湯」がネスタリゾート神戸に「天然温泉 延羽の湯 野天 閑雅山荘」としてオープンしました。敷地内でも森がひろがるエリアにあり、自然の中にたたずむ旅館といった雰囲気です。

館内は木を基調にしていて、新しい施設のはずなのに何年も前からここにあったような落ち着きを感じます。

館内には男女別のお風呂と、男女兼用の着衣サウナのエリアがあります。

お風呂のお湯は天然温泉で、お肌すべすべ、疲労回復などにも効果あり。

着衣サウナ「古式蒸窯」は合計5つあり、遠赤外線でじんわりと身体が温まります。汗が吹き出してきて、老廃物がデトックスしていく効果も!

休憩スペースには雑誌やマンガがズラリ。どれももちろん無料で閲覧できます。お風呂に入って休憩して、古式蒸窯に入ってまた休憩して…と、1日たっぷり過ごせてしまいます。

食事処も充実

食事処は「地場旬菜 美嚢舎」「炭焼 七輪場」「囲炉裏料理 熾火」の3つが入っています。

「地場旬菜 美嚢舎」は気軽に利用でき、お酒に合うおつまみやカレー、うどんなどの食事、欲張りにいろいろな味を楽しめる御膳などもあります。

「炭焼 七輪場」と「囲炉裏料理 熾火」はコース料理が基本。地場の野菜やジビエ、川魚などをじっくりと焼いたり、炙ったり。贅沢に食を楽しめる時間です。

この他休憩スペースに隣接したカフェでも軽食をいただけたりと、お腹具合に合わせて使い分けられます。全ての支払は、入館時に渡されるリストバンドのバーコードでOK。お金は持ち歩かず、チェックアウト時に全て精算できるシステムです。

エキサイティングに楽しむ!「スカイジャングル」

大人気のグランプBBQの隣にオープンしたのが、アスレチック「スカイジャングル」。低い部分を一周する「ローコース」、地上5メートルほどの場所を攻略する「ハイコース」、バンジージャンプの簡易版「クイックジャンプ」、ジップラインの4つのアクティビティを楽しめます。

命綱をしっかりつけてスタート。ちなみに身体を支える安全帯をつけられれば、ジップラインとクイックジャンプは何歳からもでもOK。2歳の子どもが挑戦することもあるそうです。

「ローコース」は外から見ると全然高くない…と感じるのですが、これが意外。ゆらゆら揺れる足場に乗ると、「落ちるかも」という恐怖感が増してハラハラ、ドキドキです。

「ハイコース」は高さ5メートル。上に登るとBBQエリアやホテル、プールまでも見渡せます。不安定な足場を歩くのに、思わず体幹に力が入ります。インナーマッスルが鍛えられそう…。

「クイックジャンプ」はロビル3階分ほど、8メートルの高さから飛び降ります!ープのところが一定速度以上にならないように調節されているので、ゆっくりと落下する形です。とはいえ踏み出すのにはだいぶ勇気が必要。

思い切ってジャンプ!飛ぶのは本当に一瞬です!

ジップラインはおよそ100メートルの距離。「3、2、1、ゴー!」のかけ声とともに飛び出せば、気分爽快!広大な敷地と自然を見下ろしながら、空を飛ぶ感覚を楽しめます。

いつもよりリッチに宿泊!「ホテル ザ・パヴォーネ クラブルーム」

ホテル ザ・パヴォーネの別館として新しくオープンした「ホテル ザ・パヴォーネ クラブルーム」。宿泊者専用の特別なサービスを受けられるリゾートホテルです。

チェックインは専用のラウンジで。こちらでは滞在中、コーヒーやアルコールをいただけます。

部屋の中は色を抑えめにして、シックにまとめられています。

アメニティも充実。タオルはすべて今治タオルで、吸水力も抜群です。

部屋内のミニバーもすべて無料。これはクラブルームだけの特典です。クラブルーム宿泊者は、ほかにもカート無料や有料施設「延羽の湯」を無料で利用できるなど、特別感たっぷりです。

クラブルームは全16室で、8室がペットOKの棟。2階が露天風呂つき、1階は芝生の庭つきのお部屋です。

お部屋のお風呂はすべて温泉が出ます。大浴場や「延羽の湯」も使えますが、お部屋の中で温泉に入れるのはとても贅沢!誰にも気兼ねすることなくゆったりと過ごせます。

ますます充実した施設で、楽しみが満載のネスタリゾート神戸。休日のおでかけの計画を立ててみませんか?

施設データ
名称:ネスタリゾート神戸(NESTA RESORT KOBE)
住所:兵庫県三木市細川町垂穂894-60
営業時間:施設に準ずる
公式サイトURL:http://www.nesta.co.jp/

ページTOPへ

このページのTOPへ