ネスタリゾート神戸で過ごす1泊2日!最新施設を満喫するおすすめモデルプラン

  • PR
  • 2881 |

兵庫県三木市の「近未来リゾート」ネスタリゾート神戸は、2017年春に第2章のスタートとして新しい施設をオープンしました。花畑、ラグジュアリーホテル、日帰り温泉、アスレチックと、どれも魅力的な施設が満載!この記事では、1泊2日でネスタリゾート神戸の新施設を楽しみつくす方法をご紹介します。

2日間でたっぷりネスタリゾート神戸を満喫!

関西圏からの日帰りスポットとして人気を集めるネスタリゾート神戸ですが、甲子園60個分の敷地に広がるアクティビティは1日では遊びきれません。せっかくならゆっくりとネスタリゾート神戸に滞在して、休日を満喫しましょう。

ネスタリゾート神戸へのアクセスは車が便利ですが、三宮駅、大阪駅からもシャトルバスが出ています。車の運転が不安な人でも安心です。

ネスタリゾート神戸へのアクセス徹底解説!車、バス、電車など手段別に紹介

https://asoview-trip.com/article/10129/

シャトルバスはホテル ザ・パヴォーネの正面に到着します。この日到着したのは13時半。まだホテルのチェックインには早いですが、荷物はホテルのフロントに預けられます。身軽になってリゾート内に出かけましょう。※ホテルチェックイン可能時間を教えてください※

関西エリア屈指のお花畑が新しく誕生!

まずはホテル目の前の「ネスタフローラ 花結びの谷」へ。入口でチケットを購入します。

入ってすぐは「こいの入口」。大きな錦鯉たちが迎えてくれます。なんと150匹もいるのだそう。

ネスタフローラは「花結びから縁結びへ」がコンセプトとのこと。デートにも良さそう…ですが今回は女子2人での訪問です。「こいの入口」を抜けて、いよいよお花畑へ。訪問したのは新緑がまぶしい季節。季節によってさまざまな花が咲き、緑の様子も変わるので、1年通してさまざまな景色を楽しめそうです。

ネスタフローラのメイン、「花結びの谷」は圧巻!花畑が段々になり、色とりどりの花が植えられた様子はとてもフォトジェニック。

「花結びの谷」にはこんなフォトスポットもあります。カップルで来たらインスタにアップしたくなるポイントですね!

他にも白いクジャクがいたり、見晴らしのいいフォトスポットがあったりと飽きることなく楽しめます。

気づいたらたくさん歩き回っていたので、カフェでひとやすみ。

ポットの中に花が咲く「工芸茶」を頼んだら、こんなにフォトジェニックなものが来ました!飲んだあとのカップにはふわっと花の香りが残ります。

ショップには、ネスタフローラオリジナルのお土産もありました。これはここにしか売っていないとのことで、思わず購入です。

この花瓶もほしかった…かわいいのにリーズナブルです。今回はバス・電車利用なので泣く泣く諦めました。

ホテルにチェックインしてのんびり休息

ここでいったんホテルにチェックイン。フロントで預けていた荷物を受け取り、今回宿泊する「ホテル ザ・パヴォーネ クラブルーム(以下クラブルーム)」に向かいます。

クラブルームは全16室のハイクオリティーなリゾート空間。敷地内は宿泊者しか入れません。

チェックインもクラブルームの専用ラウンジで行います。

部屋に案内され、中に入ると…

天井が高く広々としたお部屋に思わず感激。

部屋内のミニバーもすべて利用無料とのことで、何から飲もうか…なんて考えてしまいます。

チェックインの際に、ラウンジでもハーブティーやコーヒー、アルコールをいただけると聞いたので、ラウンジに行ってみることに。こんなにたくさんメニューがあります。

座り心地の良いソファに座って、ゆっくりとティータイムを満喫。本を持ってきて読んだりと、自分の部屋のようにゆっくりと過ごせます。

光のショーにうっとり

日没後はふたたびネスタフローラへ。光と音のショー「MYSTIA(ミスティア)」がお目当てです。日の入りの時間によって変更になりますが、この日は19時から30分ごとに21時半まで6回開催されていました。先ほど買ったチケットを見せると、再入場できます。1日の間なら何度でも再入場が可能なのだそうです。

お昼は色鮮やかに咲いていた花たちですが、夜はライトアップされてしっとりと幻想的な姿を見せてくれます。

時間になると音楽が流れ、ショーがスタート!

音楽に合わせて光が変化し、緑、ピンク、青、赤と表情が変わっていきます。

音楽だけなのにストーリーが感じられて、すっかり引き込まれてしまいます。

ショーが終わるとまた花畑は通常通りの顔を取り戻します。

ご飯は地場のものをいただきます

ホテルのフロント前からバスに乗り、こちらも2017年4月にオープンした新施設「天然温泉 延羽の湯 野天 閑雅山荘(以下、延羽の湯)」へ向かいます。クラブルームで1泊2食付のプランを選ぶと、ホテル ザ・パヴォーネ本館でのイタリアン、和食会席、鉄板焼き、グランプBBQでのBBQセットのほか、延羽の湯内の食事処での地場料理コースか囲炉裏料理を選択できます。

今回は囲炉裏料理をチョイス。席につくとすでに炭がセットされています。囲炉裏料理をいただくのは、離れのような建物内にある「囲炉裏料理 熾火」。全体の席数も少ないので、休日は満席になってしまう人気スポットです。

完全予約制、メニューはコースのみ。クラブルーム宿泊者には、「山海極み 囲炉裏焼」のコースが提供されます。

合わせておすすめされたのは、竹の筒に入った竹酒!これは囲炉裏の火で温めて飲むんだそうです。

馬刺し。くさみがなく美味しい!

特選和牛、猪、鹿、京鴨と新鮮な肉に

そら豆、ヤングコーンなどの野菜も運ばれてきました。

好きな食材を思い思いに焼いたり、炙ったり。上質な食材をゆっくり時間をかけて食べるので、満足感たっぷりです。

締めはつやつやのご飯とお味噌汁で。ごちそうさまでした。

一日の疲れをゆっくりほぐして

ご飯のあとは、そのまま延羽の湯でお風呂に入って帰ることにしました。ちなみに「延羽の湯」を利用するには、通常の宿泊プランだと別途料金がかかるのですが、クラブルーム宿泊者は無料で楽しめる特典がついています。

まずはゆっくりと内湯で身体をあたため、外のお風呂をめぐります。

さっぱりしたら着衣サウナ「古式蒸窯」へ。6つもの窯があり、それぞれに敷いてある石や温度などが異なります。寝ているだけで汗が吹き出してきて、デトックス効果抜群です!

休憩スペースやマンガも約6,000冊あり、閉館時間の24時までいても時間が足りないぐらいです。

園内のシャトルバスは22時に終わってしまいますが、宿泊者は延羽の湯のフロントに連絡すると送迎を行ってくれます。クラブルームの場合は、お部屋の目の前まで車をつけてくれるので超快適!細やかなサービスに寝る直前まで癒やされます。

寝る前にはミニバーに入っていたビールで乾杯。寝心地の良いベッドであっという間に眠りに落ちました。

体がめざめる朝ごはんでパワーチャージ

クラブルームの宿泊プランには、基本的に朝食がついています。朝食の会場はホテル本館の「トラットリア・ソーニ・ディ・ソーニ」。和食、洋食のバラエティに富んだメニューを自由にチョイスできます。

新鮮なサラダやフルーツに…

パワーが出そうな洋食。

パンの種類もたくさんあります。

和食は焼き魚に惣菜、

納豆、

さまざまなごはんの友。朝からご飯をモリモリ食べられます。

スムージーやマンゴープリンなどのデザートもあります。

編集部員のチョイスはこちら!

もう1人はこちら。好みによって全く違うメニューを楽しめるのが嬉しいポイントです。

食後にはコーヒー、紅茶など好きなドリンクを飲みながらゆっくり。朝食ビュッフェは朝6時半から10時までですが、10時近くになると品数が減ってきてしまうため、早めに行くことをおすすめします。

クラブルームのチェックアウトは11時。朝ごはんのあとは外をのんびりと散策したり、部屋でゆっくりしたり。日ごろの忙しさを忘れて、癒やしを満喫した2日間でした。快適な滞在を満喫しに、お休みの計画を立ててみませんか?

施設データ
名称:ネスタリゾート神戸(NESTA RESORT KOBE)
住所:兵庫県三木市細川町垂穂894-60
営業時間:施設に準ずる
公式サイトURL:http://www.nesta.co.jp/

ページTOPへ

このページのTOPへ