ユネッサン クーポン活用で気軽に遊ぶ、この夏限定の楽しみ方

  • PR
  • 1591 |

ユネッサンは、箱根小涌園にある温泉施設。プールのように楽しめる「水着エリア」と、ゆったりリラックスする「裸エリア」という2つのエリアがあり、年間を通して楽しめますが、水着エリアには夏期限定の魅力が実はたくさん登場するのです。この記事では、お得なクーポン(割引)をはじめ、夏の間だけ楽しめるアレコレを紹介していきます。

ユネッサンに関する「ALL IN ONE」な情報はこちらからどうぞ

「超絶景!!展望プール」は、9月末までの夏期限定

「泳ぎたい!」の声から生まれた絶景プール

広々としたエリアに登場した「超絶景!!展望プール」 ph:Dan Imai

ユネッサン(水着エリア)は、温泉とプールのちょうど中間のような存在。普通の温泉で泳いだりはしゃいだりするのはNGですが、ユネッサンの水着エリアはあくまでもアミューズメント施設なので、それも問題なし。とはいえ、屋内エリア(全体の3分の2ぐらい)にあるお風呂は、中央にある地中海をモチーフにした大型スパ「神々のエーゲ海」を除けば「大きなお風呂」というサイズ感。「思い切り泳げる」という印象ではありません。

とはいえ、夏は泳ぎたい気持ちがどうにも高まるもの。そんな声に応えてゴールデンウィークから9月末までの期間限定で設けられたのがこちらの「超絶景!!展望プール」。全長約20m、幅約8mの長方形プールで、水深もしっかり1m以上。水中メガネとクロールが似合う、まさにプールです。

ゲストが寒くならないように、その日の気温に合わせた水温の水が張られているのは、ベースが温泉施設だからこそできること。箱根という立地上、都内に比べれば夏でも涼しいですが、水が温かいのでそんな日でも問題ありません。せっかくの夏なんだからちょっとは泳ぎたい!子供に泳ぎを教えたい!というようなニーズにぴったり合うのではないでしょうか。

その他にもこんな名物温泉が!

ガリガリ君ソーダ風呂

お風呂からはほんのりソーダの香り。昨年よりもクール感倍増! ph:Yunessun

屋内エリアのもっとも屋外エリア寄りのところに広がる企画スペースでは、今夏も「ガリガリ君ソーダ風呂」がオープン。通常よりも温度を下げたお湯にメントールやハッカエキスを入れることで、お風呂でありながらひんやり!という不思議な感覚を体感できます。また1日3回、「ガリガリ君」に模した巨大アイス氷をお風呂に投入するパフォーマンスも、開催期間中は毎日実施されます。

ロデオマウンテン

ロデオマウンテンの上にある段差風呂では箱根の絶景も楽しめます ph:Dan Imai

夏に人気の高まる屋外エリアの「エース」といえば、こちらのウォータースライダー。110㎝以上の身長があれば誰でもチャレンジでき、子供から大人まで楽しめます。A・B・C、3つのコースはそれぞれカーブの大きさが異なるので、ぜひいろいろ試してみて下さい。

夏期限定!午後からクーポン

「超絶景!!展望プール」の隣にある「超絶景!!展望露天風呂」も人気です ph:Dan Imai

ユネッサンは夏にハイシーズンを迎え、多くの人で賑わいますが、ロッカーの数だけしか入場者を受け入れていないため、結果的に中の混雑具合は一定水準を越えることはありません。入れない人は受付に並んで待つことになります。

ちなみに、混雑しがちな時間帯はどちらかといえば午前中。施設自体は9時からオープンしていて、10時過ぎぐらいになるとドドッと人が押し寄せます。この第1グループが抜けるのは大体午後1時ごろ。1時間半ぐらい遊んで、1時間ぐらいご飯を食べて、最後の30分でまた遊ぶ、というのが「ユネッサンの過ごし方あるある」だそうです。ということは、13時過ぎぐらいになると混雑も落ち着いてくるということ。この時間から使える割引クーポンもあるので、安い!空いてる!!を狙うならば、このクーポンを利用しない手はありません。

午後からのお得なクーポンはこちらから!

レストランについて

水着のまま使えます

もっとも席数が多く、使い勝手のいい「フォンターナ」 ph:Dan Imai

ユネッサンには、水着のまま利用可能なレストランが3つあります。ひとつは屋内エリアにある「フォンターナ」。メニューはパスタや軽食をメインに、デザート、ドリンク、そしてアルコールも。大型スパ「神々のエーゲ海」の対面にあるため、遊んでいる子供を眺めながら……という使い方もできます。

ふたつめはファストフード・クレープ「ひまわり」。温泉(プール)の目の前にあるわけではなく、壁で仕切られた反対側にあるため、ちょっとひと息つくには最適です。ラーメンのような比較的しっかりした食事から、クレープのようなおやつ寄りの食べ物まであります。

キオスクのように気軽に使えるお店です ph:Dan Imai

バイキング、復活!

バイキングは時間無制限!ゆったりとした気持ちで味わえます ph:Yunessun

最後となる3つめは、2017年のゴールデンウィークに復活し、夏の間も期間限定(8月末まで)でオープンするバイキングレストラン。大文字焼で有名な明星ヶ岳を望むレストランで、おなかいっぱいになるまでランチを楽しんで下さい。もちろん水着可で、プールへの再入場もOK。料金は大人1950円、子供1060円、幼児650円になります(営業時間は11~16時)。

水着になる前でも、水着のままでも、着替えた後でも、何でもOK ph:Yunessun

ユネッサンが、「気軽、身軽、手軽」な理由

雨だって問題なく遊べます

エントランスの目の前にある大型スパ「神々のエーゲ海」。雨でも晴れでも夏でも冬でもいつだって楽しめます ph:Dan Imai

ユネッサン(水着エリア)は3分の2ぐらいの施設が屋内エリアに配置されています。それはつまり、雨の日でも十分に楽しめるということ。天候の変わりやすさが箱根観光のネックなのですが、突然雨が降ったら、とりあえず全天候型ユネッサンに行ってみてはいかがでしょうか。

手ぶらで行っても大丈夫

受付をしてすぐのところにあるショップでは販売のほか、レンタルも ph:Dan Imai

突然行こう!となったとしたら、多くの人は「プールに入るための装備は何ももっていない」という状態で、「ちょっと心の準備が!」という人も多いでしょう。でも心配は無用です。レンタル水着やタオルはもちろんありますし、小さな子連れのファミリーであれば、プールで使える紙おむつも売店で販売されていますのでご安心を。

最後にちょっと豆知識。ユネッサン(水着エリア)では、ラッシュガードの着用がOKです。いきなり水着になるのは……という人でも、ラッシュガードを着ればかなりハードルは下げられると思いますよ。

ユネッサン(水着スペース)は水泳用おむつをはけば乳幼児でもOK ph:Dan Imai
タオルの貸出もこちらで行っています ph:Dan Imai
電車+バスの組み合わせでアクセスしやすいのもうれしいです ph:Dan Imai

ページTOPへ

このページのTOPへ