asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

パカブ アジア初上陸のフィールドアスレチックを120%楽しむ方法。

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

2017年7月23日、神奈川県の南足柄にオープンした「森の空中あそび パカブ」。森の中に張り巡らされた網の上で遊ぶ今までにないアクティビティとあって、大きな注目を集めています。1回2時間という制限時間の中で、パカブの魅力を満喫するには?asoview!編集部が実際に体験し、レポートします!

 

「パカブ」は、フランス生まれの新しい空中アトラクション

 パカブ(Parcabout)とは、漁師さんが編んださまざまな形の網を森の木々に括り付け、その上で跳んだり寝転がったりできる空中アトラクション。生まれ故郷はフランスの漁業が盛んな島・グロワ島。「新しい産業をつくり若者の地元離れを防ごう」と、身近な漁網を使って新たなアクティビティが生み出され、たちまち話題となりました。

フィールドへ続く道に並ぶフランスと日本の国旗。一番奥はグロワ島の旗です

 パカブを体験できる地域はまだ少なく、フランス、イギリスに次いで日本が世界三カ国目。つまり、アジア初上陸というわけです。しかも、大きさは世界最大級!ファミリーや若者から熱視線が注がれています。

 

空中で跳ねる、走る、寝転がる!

豊かな自然公園の中に、巨大な網が張り巡らされています

 パカブは2時間の入れ替え制です。受付を済ませて荷物を預けたら、さっそく空中へと続く網の上に足を踏み入れましょう。弾力があるので、ちょっとしたトランポリンのよう。歩くだけでも楽しい!

入り口はなだらかな上り坂になっています

 登った先は大きな広場になっていました。空中を散歩しているような浮遊感です。子どもたちは大はしゃぎ。一人が大きくジャンプすると、近くにいる人も反動でぼんっと跳ね上がります。これを利用してとびきり高く飛んだり、寝そべったまま体が浮くのを楽しんだり。「空中シースルートランポリン」といったところでしょうか。

すぐそばに激しく飛び跳ねている人がいると、転がって起き上がれなくなることも。それもまた楽しくて、みんな大笑い!
床も網でできているので、下を見下ろせます。高所恐怖症の人にはちょっと怖いかも? 

酔っても大丈夫、運動禁止の休憩エリアでひとやすみ

 大広場はかなり揺れるので、人によってはちょっと酔ったり、はしゃぎすぎてバテてしまったりするかもしれません。でもご心配なく! 広場は大小いくつもあるので、先客がいないところを見つければゆっくり息を落ち着かせることができます。また、運動禁止の休憩エリアも設けられています。大の字になって寝そべると、視界いっぱいに緑葉と青空が広がりました。木々に守られそよ風を受けながら、空中でのんびりお昼寝。は〜、癒される……。

訪問したのは7月の夏日。汗だくにはなりましたが、木陰で爽やかな風が吹いていたので心地よく過ごせました。秋の紅葉も楽しみです
白いボールで富士山を象った「Mt.Fuji」休憩エリア。アート作品のような美しさです

こんなの初めて! 空中サッカーに空中バスケ、空中バドミントンに空中バレーボール!

 飛び跳ねたり寝転がったりだけがパカブの楽しみ方ではありません。なんと、パカブにはミニスポーツが楽しめるエリアもあるのです。ボールやラケットはエリア内に置いてありますが、数に限りがあるのでほかの人と譲り合いながら楽しみましょう。パカブの中では人の距離が縮まるのでしょうか、自然と「次やってみますか?」「よかったらご一緒に」と会話が生まれ、いつの間にかグループがごちゃ混ぜになって遊んでいました。

簡単なボール遊びと思いきや、足元が安定しないので一気に難易度が上がります
初対面の家族とチーム戦でバドミントン。ラケットとシャトルが大きいので子どもでも楽しめます

 

腕と足を使って筒状トンネルを登り降り!

 サッカーができるエリアは2階建て構造になっていて、下に降りるには筒状のトンネルを降りていかないといけません。高さは3メートルほど。落ちないように、腕や足を網にかけて少しずつ下っていきます。これが中々に大変……! 運動不足の人は筋肉痛になること必至です。

途中途中に網が張ってあるので、よっぽどのことがない限りは下までストンと落ちることはありません
登るのも降りるのも、結構筋肉を使います
2階部分はパカブの中で一番の高さ。地上からの距離は約10メートル!

 

巨大空中迷路で鬼ごっこ、かくれんぼ

 いくつも通路が分かれ、大小さまざまな広場があるパカブ。巨大な空中迷路のようで、初めてだとどこがどこにつながっているのかちょっぴり混乱します。これは鬼ごっこやかくれんぼにぴったりのフィールド!グループで遊ぶのも楽しいと思います。ただし、くれぐれも危ない場所で走ったり人を押しのけたりしないでくださいね。また、バク転や宙返りも禁止されています。

冒険心をくすぐる森の中の迷路
フィールド内のどこかに、ロープでつくられたヘビが隠れています。ぜひ探してみて!

 

一度体験すると癖になる! トンネル滑り台

 なお、パカブにはところどころにこんな穴が空いています。

中を覗くと……
地上まで一直線!

そう、これは網で編まれたトンネル滑り台。長さや傾斜はさまざまで、ここから地上に降りることができます(もちろん、地上へ続くゆるやかな下り道も別に用意されています)。

この滑り台、それなりに傾斜があるのです

 普通の滑り台とはまた違った怖さがあり、最初はちょっとドキドキ……。でも、思い切って滑ってみると爽快!長さや傾斜はさまざまなので、全部試してみたくなります(でも、一度地上へ降りるとまた長い坂道を登らなければいけないのでちょっとためらってしまう!?)。

網にひっかからないよう、腕を前で組んで滑ります

 

3歳未満はキッズエリアでボール遊び

  ちょっぴりスリリングな要素のあるパカブ。体験できるのは3歳からです。じゃあ、それ以下の子どもがいるファミリーは遊びにいけないの? いいえ、そんなことはありません! ちゃんと安全なキッズエリアが用意されていて、保護者同伴の上で楽しむことができます。

キッズエリアの入り口はお魚の顔
中には大小4つのボール

 ここなら地上からの高さもないし、駆けずり回る子どももいないので、乳幼児でも怖がらず楽しめるはず。最初はパパやママに抱っこしてもらい、慣れてきたらボールで遊んだり網を揺らしてもらったりするといいでしょう。そのうち「帰りたくない!」と夢中になってしまうかもしれません。

 

大人にも子どもにもおすすめ! 

 楽しみ方の幅が広いパカブ。ファミリーはもちろんのこと、友達同士やカップルで行っても満足できると思います。歩いたり走ったりするだけでも、普通の道と違って結構な運動量に。それに加えてジャンプしたりよじ上ったりと全身を使うので、運動不足解消に持ってこい。消費カロリーも高そうです。近い将来、パカブ・エクササイズが流行るかも!?

一周するだけでダイエットになるのでは……!

 

パカブにはどんな服装・持ち物で行ったらいい?

 多くの人にとって初めてのアトラクションなので、どんな服装が適しているか、何を持っていったらいいかと悩む人もいるかもしれませんね。

 まず、荷物は邪魔になるので、入り口にあるロッカーに預けます。網の上での飲食は禁止ですが、熱中症になるといけないので、水筒やペットボトルを地上に置いておきましょう。飛び跳ねて壊したり失くしたりする可能性があるためスマホやカメラの持ち込みは推奨しませんが、自己責任で持ち込む分にはOK。

 服装は原則として半袖・半ズボン・革靴・サンダル・ヒール等では入場できません。ただ、実際には上着を脱いで半袖になっている人もいました。そこまで厳しく指導はされないようです。でも、網の摩擦で肌を傷つけたり跡が残ったりもするので、できるだけ肌は露出しないほうがいいでしょう。長袖で動きやすく、夏は汗をかくので吸湿性に優れた素材がおすすめ。帽子やタオルもお忘れなく! 

ランニングやスポーツをするときの服装や、機能性を重視したアスレジャーファッションがおすすめ

パカブの周辺には何があるの?

 パカブだけでも充分楽しめますが、2時間制なのでちょっぴり時間を持て余す可能性も。また、トイレは敷地内にあるもののシャワーやレストランはありません。そこで、パカブ周辺の施設を詳しく紹介します。「足柄森林公園 丸太の森」を散策したり、美肌の湯と名高い温泉「おんり〜ゆ〜」で汗を流してヘルシーなランチバイキングを味わったり……せっかく南足柄まで来たなら、思いきり楽しんでください!

運動後の体に染み入る! ヘルシーなランチバイキング

関連記事:「パカブ」で遊んだ後はどう過ごす?訪れるべき3大スポットはココ!

 

パカブの料金・予約案内

パカブの料金は、小学生以上2,500円、学齢未満700円、3歳未満無料(ただし利用できるのはキッズエリアのみ、保護者同伴)です。

利用時間は1回につき120分。9時〜11時、11時〜13時、13時〜15時、15時〜17時(4〜10月のみ)の4つの時間帯から選べます。

1度に入れるのは200人まで。予約は2カ月前からホームページで受け付けています。各回の当日券を先着順で販売していますが、売り切れになることもあるので、できるだけ予約しておいたほうがいいでしょう。お支払いは当日現地で、現金又はクレジットカード(導入予定)にて。

なお、雨天時は営業を中止することも。天気があやしい場合は、ホームページを確認してくださいね。

自然の中で楽しい1日を!

パカブのアクセス

自動車 

東名高速道路 大井松田I.C経由、県道78号線および23号線で南足柄方面へ。(道が混んでいなければ都心から1時間程で到着します。) 駐車場:100台(無料)

電車

大雄山線大雄山駅から徒歩21分。

バス

大雄山駅よりバスで7分、「おんり〜ゆ〜前」下車徒歩5分。

送迎車

小田急線開成駅、大雄山線大雄山駅から1時間に1本ほどのペースで送迎しています。

 

施設詳細

名称:森の空中あそび パカブ
電話:0465-46-8879
住所:神奈川県南足柄市広町1544「足柄森林公園 丸太の森」内
営業時間:4〜10月/9:00〜17:00、11〜3月/9:00〜16:00
定休日:無休
運営会社:足柄グリーンサービス森林公園有限責任事業組合
公式ホームページ:http://parcabout.jp/