asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

ゆかたに着替えて街をあるく。夏のちいさなときめき - 鎌倉で浴衣レンタル

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

夏になると、いつもよりちょっとだけ大胆になる。

いつもはできないようなことも、勇気を出して挑戦したくなる。
夏にはそんな魔法がかかっているかもしれません。
ここにくるとなんだか居心地がいい、鎌倉はそんな街。
季節が変わるたびについつい来てしまうけれど、
今回はちょっとだけいつもと違うことをしてみよう、そう決めてやってきました。

どの色が似合うんだろう?

今回はそう、浴衣でまちを歩こうと決めました。

色とりどり、さまざまな柄のゆかた。
自分に似合うのはどれなんだろう…
そうやって選んでいるうちにも、自分の胸が高鳴っていることに気づきます。

着付けをしてもらって、ヘアセットをしたら、
鏡の中にはいつもと違う自分。
ちょっと恥ずかしいような、でもうれしいような、くすぐったい気分です。

なんだか景色も、いつもと違う。

ここは、なんども来ている場所。
見慣れているはずの風景なのに、はじめて来た場所のように新鮮に感じます。

お昼は小町通りのカフェレストラン、「roomlax Cafe」へ。

席が広く、ゆったりした店内。写真を撮るだけで絵になります。

お昼を食べ終わったら、ぶらぶらと散策。

前から歩いてくるひとが、ふっと振り返ったり。
海外からの観光客に写真を求められたり、
お店のひとがいつもよりサービスしてくれたり…

わたしもまわりのひとも、ゆかたマジックにかかったみたいな気分です。

向かったのは、街のざわめきから少しはずれた、閑静な住宅街。
ここに行列のできる甘味処、「雲母(きらら)」があります。

お目当ては、もっちもちのおおきな白玉が入ったあんみつ!
さっきお昼ごはんを食べたことも忘れてしまう…?
それぐらい美味しい!

今日、ここにきてよかった。
ちょっとチャレンジしてみてよかった。
しみじみ、感じます。

 

暑さをたのしむ、日本らしい夏のすごし方。
ゆかたに着替えて、まち歩きを楽しんでみませんか。

このプランをみてみる