asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

伊豆シャボテン動物公園からはじまる、フォトジェニックな日帰り伊豆トリップ

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

東伊豆に位置する伊東は、東京や神奈川からの週末トリップに最適な場所。都心から1時間半ぐらいで行けるという程よい距離にありながら、そこに行って得られる体験・見られる景色は、非日常感たっぷり!今回はこのエリアを、カメラ女子が写真を撮りに日帰りで旅してきました。

【最大300円割引!】伊豆シャボテン動物公園 割引クーポンはこちら!

関連記事:伊豆シャボテン動物公園 割引情報!最大300円もお得になっちゃう?!

伊東駅までは電車で向かいます

伊東駅周辺には何社もレンタカー会社があります。駅前のコインパーキングは15分まで無料なので、待ち合わせにも利用できます

東京駅から伊東駅までの最短ルートは、新幹線で熱海駅まで行き(約40分)、そこからJR伊東線に乗って伊東駅まで(約25分)行くルート。料金は片道4,500円ぐらいです。ちなみに伊東駅から先はレンタカーが断然おすすめ。公共の交通手段(東海バス)やタクシーを駆使しても周遊できますが、夜のこと(旅の最後に「グランイルミ」に行く予定です)を考えると、やはりレンタカーがベストな選択肢になります。

ちなみに行きは10:00に伊東駅に着く電車を選ぶのがおすすめ。この時間に駅にいられれば、最初の目的地である伊豆シャボテン動物公園に遅くとも11:00までに着けるからなのですが、その理由はまた後ほど……。

途中で見られる大室山。とてもフォトジェニック!(PIXTA)

伊豆シャボテン動物公園でお昼すぎまで遊びます

11時前に第一の目的地に到着しました

左手がチケット売り場、右手はテイクアウトショップになります

伊東駅から40分ぐらいで最初であり最大の目的地、伊豆シャボテン動物公園に到着。チケット窓口で入場券を購入し、中に入ります。

入場して最初に目に入るのは、左手にある「チンパンジアム」
その先にある大講堂では、毎日11:00、13:30、15:00にアニマルショーが行われます

11:00までに到着しておきたかった理由は、大講堂で行われるアニマルショーが11:00にスタートするから。内容は日によって変わりますが、主に3つの演目がローテーションで開催されています。ちなみにこちらのショーは屋内(着席)ということもあり、いい写真を撮るのはちょっぴり難しいので、純粋にショーを楽しんだ方がいいと思います。

大講堂の先には、早くも本日のハイライト「アニマルボートツアーズ」が待っています。園内の中央に位置する大きな池をボートに乗って進むこのアトラクション。この池には大小さまざまな島があり、そこにはいろいろな種類のサルたちが住んでいます。伊豆シャボテン動物公園では、なんとその島に上陸させてもらえるのです!

一番人気の「アニマルボートツアーズ」
運が良ければペリカンがエサを食べるところを見られるかも!?
サルたちは、エサまっしぐら!

怖がらず、エサを使いながらふれあいを楽しみつつ、慣れてきたところで写真撮影スタート!ここに住むワオキツネザルはモデル慣れしているので、ポージングが上手です。

この春生まれたばかりの子ザルも。かわいい!

ちなみにワオキツネザルの島に上陸する船が出航するのは、11:00から1時間ごと(15:00最終)、リスザルの島に上陸する便もあり、そちらは11:30から1時間ごと(15:30最終)です。当日の予約だから、満席の場合も。早めにチェックしておくことをおすすめします。

お次はここの主役、カピバラ

伊豆シャボテン動物公園を一躍有名にした露天風呂に入るカピバラ
夏場は露天風呂はおやすみ。水風呂で涼んでいます

「アニマルボートツアーズ」を楽しんだ後は、目の前にあるカピバラのエリアへ。冬期は露天風呂に浸かるカピバラが人気ですが、夏は暑いので露天風呂はおやすみ。いつまでも観察していられるぐらいかわいいですが、実は進んだ先にカピバラと直接触れ合える「カピバラ虹の広場」があり、そこの方が写真も撮りやすいので、ここはサクッと眺める程度にします。

威風堂々としたボス・チンパンジー

さらに進むとチンパンジーの島が。ここのボス・ビリーは撮影されるのが大好き!カメラを構えるとこちらに近づいてきて、こちらに向かって堂々とした姿を見せてくれます。

足の間をくぐっていきます

二羽のアフリカハゲコウを左手に見ながら進むと、先ほどから所々で視界に入っていた大きな鳥の形をしたモニュメントのところに到着します。「高原竜」と呼ばれているこちらは、実はシャボテン温室へと通じるゲートになっています。

1万5000種以上のサボテンが!

シャボテン温室は「南アメリカ館」「アフリカ館」「森林性シャボテン館」「マダガスカル館」「メキシコ館」という5つのエリアに分かれていて、エリアとエリアの間ではナマケモノなどの動物も見られます。ここの詳細に関してはこちらの記事で詳しくレポートしているので、合わせてどうぞ。

いい写真テクニック① 手前ボケ
いい写真テクニック② 奥ボケ
ひとつの穴から複数本のトゲが出ているのがサボテン、そうでないのが多肉植物に分類されるそう

ちなみに動物と違ってサボテン(植物)は動かない分、撮影は容易かと思いきや、「ピントをどこに合わせるか」「どれぐらい被写界深度をもたせるか」によってかなり見た目が異なるので、とても奥深い被写体です。

巨大なサボテン「テキラーナ」は、テキーラの原料なのです

「シャボテン狩り工房」でお土産づくり

 
事前の申し込みは不要です

シャボテン温室の最後にある「シャボテン狩り工房」では、自分でシャボテンの寄せ植えをつくれます。入口置いてあるカゴと箸をとり、花壇に植えられている数々のサボテンの中から好みのものをピックアップし、カゴに入れていきます。

サボテンをお箸で抜く感覚、なんだか新鮮!
慣れた手つきでサボテンを寄せ植えしてくれます

お財布と相談しながらサボテンを選んだら、最後に鉢を選んでカウンターへ。プロが手慣れた手つきで鉢植えをつくってくれるので、あとは会計をするだけ。持ち運びしやすい包装をしてくれるのもうれしいです。

持ち運びしやすいバッグに入れてもらえます

ランチは「れすとらんギボン亭」で!

営業時間は、3月~10月 10:00〜16:30 (L.O 15:30)で、11月~2月 10:00〜15:00 (L.O 15:30)

そろそろおなかが空いてきました。温室を出ると、タイミングを見計らっていたかのようにレストランエリアが登場します。いくつかのレストランやカフェがありますが、おすすめは1階にある「ギボン亭」。目的は写真映えしそうな新メニューです。

新メニュー① カピバラバーガー(1,200円) ボリュームたっぷり!
新メニュー② グリーンカレー(1,100円) グリーンカレーという名前ですが、タイカレーではなく、いわゆる日本のカレーです
新メニュー③ シャボテンステーキ(1,000円) ホントのホントにサボテンです。サルサをディップしていただきます

カピバラと触れ合います

後をついてくるのがかわいい!

おなかがいっぱいになったら、「カピバラ虹の広場」へ。エサを200円で購入すれば、カピバラはあちらから寄ってきてくれます。

接写にも快く対応してくれるカピバラ

思えばリスザルがあちらこちらに

園内で遊びまわるリスザルたち。赤ちゃんが背中でスヤスヤ眠っています

さて、そろそろ次の目的地に行くためにはじめに通ったゲートに向かいます。入った時には気づきませんでしたが、入口前広場にはラマやマーラ、ワタボウシタマリンなどの動物もいたんですね。

そして今更ですが、リスザルが園内で放し飼いにされていることに気づきます。「逃げないのかな?」と不安になりますが、「大丈夫です!」と同園広報担当の山本さん。「ちょうど入口広場でエサやり体験が行われるところなので、やってみませんか?」

盗人のようにサッとエサをもっていくリスザル(エサ代200円)

最後に「なぜサボテンをシャボテンと呼ぶのか」についてですが、実はここがオープンした1959年当時は「サボテン」よりも「シャボテン」と呼ぶ方がメジャーだったからとのこと。月日が経つ中で立場は逆転し「サボテン」が一般的になりましたが、今も当時の呼び方で統一しているのです。

【最大300円割引!】伊豆シャボテン公園 割引クーポンはこちら!

車で10分、「伊豆高原 旅の駅 ぐらんぱるぽーと」で休憩

住所:静岡県伊東市富戸1090 営業時間:9~18時
奥に広がるのは「伊豆ぐらんぱる公園」です

伊豆シャボテン動物公園から車で10分ほど海側に進むと、「伊豆高原 旅の駅 ぐらんぱるぽーと」というスポットがあるので、ここでちょっと休憩をすることにします。甘いものを食べたくなったので、「ケニーズハウスカフェ」へ。ソフトクリームが人気のお店でミルク、チョコ、ミックスの3種類があり、選んだチョコは濃厚でとても美味でした。

15:00ぐらいまで、ここでのんびりしようかと思います。

足湯もあり、無料で利用できます

「伊豆四季の花公園」で季節の花を眺めます

住所:静岡県伊東市富戸841-1 営業時間:9~17時(冬期11~2月は16時まで)
もう少しでポーチュラカが満開になりそうです

次の目的地は、旅の駅から南に10~15分ほどのところにある「伊豆四季の花公園」。こちらには季節に合わせてさまざまな花が植えられるので、いつ訪れても何らかの花が見頃を迎えています。あまり広くない分歩きやすいのがうれしいですが、規模が小さいかというと決してそうではなく、花は段々に植えられているので迫力は十分!海が見えるロケーションも、いい写真を撮影するためのプラス要素になってくれています。

ミツバチ来訪!シャッターチャンスであります!!

伊東が誇る絶景、城ヶ崎海岸の門脇吊橋へ!

城ヶ崎海岸は伊東八景のひとつ。右手にあるのが門脇吊橋です
涼しい顔をしていますが、結構揺れてコワイです……

この公園のすぐ近くには「城ヶ崎海岸」という絶景スポットがあります。車移動をすれば1、2分の距離で、歩いても20分ほど(近道を選べば10分ほど)。しっかり管理されたハイキングルートなので、門脇公園の駐車場で500円かかることも考えれば歩いていくのもいいのではないかと思います。

20分かかる方のルートは、ややアップダウンがあります
駐車場にある展望台からも、実はいい写真が狙えます

ちょっと早めのディナータイム

本日最後の目的地は「グランイルミ」なのですが、そこに入場できるのは18:30から。レンタカーを20:00の閉店までに伊東駅に返さなければいけないことを考えると、グランイルミは遅くとも19:30には出発したいところです。というわけで、この時間(17:00から18:30の間)にディナーをすませておくことにしました。
せっかく伊東まで来たのだから、地の魚を味わいたいもの。「どこかいいところ知りませんか?」と伊豆シャボテン動物公園の広報さんにたずねると、「伊豆高原駅の近くにある『二本松』さんがいいですよ」とのこと。「伊東の魚を美味しく調理してくれるのはもちろん、とても量が多くて食べ応えがあるんです!」

地の魚でつくった刺身の盛り合わせ。左奥から時計回りに、カワハギ、マダイ、ワラサ、シメサバ、北海ダコ、イカ、中央左からマグロ、ヒラメ
金目鯛の煮付けがこの店のスペシャリテ。この大きさで「中の下ぐらいですね」と大将

大将の渡辺忠弘さんが1991年にはじめたこちらのお店は、知る人ぞ知る名店。味はもちろん、そのあたたかい人柄にひかれた常連さんも多いようです。

大将の渡辺忠弘さん
住所:静岡県伊東市八幡野1323-34 営業時間:11~14時、17~21時(火曜定休)

「グランイルミ」でフィナーレ!

SNS映えしそうなイルミネーション!

伊豆ぐらんぱる公園は、18:30から「グランイルミ」に衣替え。広大な敷地を約400万球の電球が彩るその景色はまさに圧巻です。

短時間でも、行く価値あります!

2017年の夏は8月31日まで毎日22:00までオープンしていますが、日帰りの場合(伊東駅でレンタカーを借りたの場合)は、遅くとも19:30までに会場を出ることになります。レンタカーを無事返却したら、長いようで短かった伊東日帰りフォトトリップも終わり。ウトウトしながら乗る電車の移動は、何とも心地よい時間です。

「伊豆ぐらんぱる公園&グランイルミへ行ってきた!昼夜で表情を変えるテーマパークをご紹介!」(アソビュートリップ/別タグで開きます)

 

【最大300円割引!】伊豆シャボテン動物公園 割引クーポンはこちら!

【300円OFF!】伊豆シャボテン動物公園のチケット購入はこちら!

施設情報

  • 伊豆シャボテン動物公園
  • 静岡県伊東市富戸1317-13
  • 公共交通機関でお越しの方 「伊東駅」から東海バスで約35分
  • 9:00~17:00
  • 年中無休
  • 0557-51-1111
  • http://izushaboten.com/

INFORMATION

クレジットカード
クレジットカード
不可
レストラン
レストラン
あり
飲食物持込
飲食物持込
可(一部制限あり)
売店
売店
あり
ベビーカー貸出
ベビーカー貸出
あり
授乳室
授乳室
あり
おむつ台
おむつ台
あり

ENTRANCE FEE

大人
大人
¥2,300
大学生
大学生
¥2,300
高校生
高校生
¥2,300
中学生
中学生
¥2,300
小学生
小学生
¥1,100
未就学児
未就学児
4歳以上:¥400
その他
その他
70歳以上 ¥1,900