asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

教えたいけど教えたくない場所。青く静かな湖で極上の湖上散歩 - 本栖湖・SUP

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

底が見える湖があるらしい。

しかも、山梨に。
そんな話を聞いて、ずっと行ってみたいと思っていました。

向かったのは、富士五湖のひとつ、本栖湖。
交通の便がいい河口湖や、スポーツのメッカの山中湖と比べると、印象はひかえめ。
レンタカーを借りて、ドライブを楽しみながら向かってみることにしました。

河口湖ICからは約25分。

目的地に近づくと、富士山がどんどんおおきくなってきます。
わくわく、どきどき。
さあ、今日の冒険のはじまりです。

それは驚くほどの、青。

湖は、海と違ってとてもしずか。
風がおさまると、あたりには鳥の声しか聞こえません。

ボードを湖にうかべて、少しずつ足を水につけます。
ひんやりした水が、夏のほてった体を冷やしてくれます。

下を見ると、「わあ!」

驚くほどの青。
「本栖湖ブルー」と呼ばれる青が、足元に広がっていました。

そっとパドルをこいで、湖にこぎだしていきます。

湖の上に立つと、ぱっと視界がひらけてきもちいい。
水をかくごとに、すいすいとボードがすすんでいきます。
ガイドの方がていねいに案内してくれているので、SUPがはじめてのわたしでも、だいじょうぶ

水深が深いところでも、この透明度。
目を凝らせば、泳ぐ魚たちをみつけられます。

足は水の中にあるのか、外にあるのか…

ボードからおりて、湖を泳ぐのもきもちいい。

この青に、すうっと溶けていってしまいたい。
そんなことすら考えてしまいます。

自然の中で、のんびりと休息。

水上散歩のあとは、あたたかいお風呂で体をあたためて。
お昼ごはんは、SUPパスタです。
山菜と梅、どっさり山盛りのネギとノリがたまらない!

ああ、自然っていいな。
真っ青な湖に、わたしの心はとりこになってしまったみたいです。

このプランを予約する