asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

小学生以上限定!大迫力すぎるライオンと出会える「ワイルドライド」をレポート

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

2017年の夏、「那須サファリパーク」に誕生した「WILD RIDE(ワイルドライド)」は、金網で囲われたバスに乗ってサファリゾーンを探検し、ライオンや草食動物に餌付け体験ができる新感覚のバスツアー。うなり声や息づかいまでがワイルドに体感できるアトラクションの全貌を、詳しくレポートします!

 

ワイルドライド、魅力はライオンとの近さ!

ライオンにエサをあげる瞬間がハイライト!

 2017年7月28日、「那須サファリパーク」に「WILD RIDE(ワイルドライド)」がオープンしました。動物たちが自由に暮らすサファリゾーンを金網に囲まれたバスで探検する、大迫力のアトラクションで、従来のライオンバスでは叶わなかったライオンへの”エサやり”ができてしまうのがこちらの魅力です。大人でもちょっとドキッとしてしまうほどの距離の近さ。小学生以下は参加不可という制限もうなずけます。

 

ワイルドライドの全貌レポート

まず、檻型バスに乗り込みます

ワイルドライド専用バス。上左右を網に囲まれています

 エントランスで受付をしたら、出発時間10分前までにレストラン横の出発点に集合。定番のライオンバス(写真奥)に比べると、ワイルドライド専用のバス(写真手前)は、なんとまあスッケスケなこと!このように、人間が檻に入った状態で、サファリゾーンを探検します。

 バスの座席は中央に一列。両側が見渡せるようになっています。座席下にちゃんと荷物置きがあるのがうれしいですね。

ガイドの方の説明を聞いたら、ツアーに出発です!

 ワイルドライドに乗車すると、1名につき1袋ずつ草食動物のエサが手渡されます。サファリゾーンをぐるりと一周しながら餌付けをしましょう。係員の方のコミカルなナレーションに車内は大盛り上がり。注意事項を聞いて、いざ出発です。

 

いきなりライオン登場!

ライオンゾーンに到着しました

  鉄のゲートが開き、サファリゾーンの中へ。進んでいくと、ほどなくしてライオンゾーンへ突入します。実はここ、通常では入れない特別な場所。つまりワイルドライド参加者だけの特権です。中には草原が広がり、ライオンがのびのび暮らしています。

ライオンを発見!バスはゆっくり近づいていきます

 遠くの方に、気持ちよさそうに昼寝をしているライオンを発見!バスはゆっくりとライオンに向かって行きます。人間とライオンの間には、バスの柵があるのみ。緊張感が高まります。

大迫力のエサやり体験

こんなに近くでライオンを見られる機会は貴重です

 あれよあれよという間に、ライオンに餌付けの時間です。チャンスは一人一回。餌はワイルドな“生肉”です。ライオンの隣にバスは停車し、「食事の時間だよ~!」と呼びかけます。すると、ライオンがコチラを向きました。

「ガブッ!」。一口で肉をペロリと平らげます。立派な牙に、鋭い眼差し。肉を咀嚼する音や息づかいまで感じられ、これはかなりの緊張感。棒を握る手にも力が入ります。

 ムシャムシャとあっという間に完食です。肉を食べた後も、まだまだ食べる気満々にこちらを見ています。子ども達は、「ライオンにゴハンあげたんだ!」なんてちょっと自慢気。バスの中の緊張したムードも和らぎ、ほっと胸を撫でおろしながらライオンゾーンを後にします。

 

次はキリンが大接近!

キリンのエリアに到着。窓を開けて大丈夫!?

 ライオンへのエサやりが終わったら、次にバスはキリンエリアに進みます。歩きながらキリンと触れ合える「サファリウォーク」でも通るこちらのエリアでは、那須サファリパークのアイドル、マサイくんがお待ちかねです。

餌をあげると長い舌を使って上手に食べます

 「マサイく~ん!」と呼びかけると、キリンの頭がにゅっと中に入ってきました。どうやら餌をおねだりしている模様です。袋から餌をだし、口元に持っていきます。マサイくんは長い舌でビスケットをしゅるりとつかみ、一気に食べてしまいました。こんなに近い距離でキリンと触れ合える機会は滅多にないとあって、子どもたちも大興奮!もぐもぐ口を動かす様子を、みんな興味津々に見ています。

 ワイルドな触れ合いをたっぷり楽しんで、バスはキリンゾーンを後にします。

 

草食動物との触れ合いもたっぷりと

このエリアでは窓を開けて進みます

 定番のルート(ライオンバスなどでまわるルート)も隈なく回るので、草食動物との触れ合いも存分に楽しめます。エリア内にはシカやラマやロバなどの様々な動物が。ここでもワイルドライドはちょっと違います。通常は金網越しでの体験ですが、左右の窓が大きくオープン。より臨場感あふれる体験が満喫できます。

 ふわふわの毛並みとつぶらな瞳が愛らしいラマは、小さい子どもに大人気です。手を伸ばすと寄ってきてくれました。ついついじっくり観察したくなりますが、目を合わせると唾をかけられることもあるので要注意!

草食動物エリアで、水牛も発見しました

 今度は水牛を発見!バスに警戒しているのか、なかなか側に来てくれません。一生懸命に餌を見せてこちらに呼びます。

 餌を見せると口を大きくあんぐり開けてくれました。上から餌をポイッと投げ入れると、上手にキャッチしてひと飲みに。食欲旺盛です。自然溢れる場内には池もあり、中ではカバが沐浴中。横では水鳥たちが行水しています。様々な動物が仲良く暮らしている姿に、ほっこり癒されます。

 

最後は草食動物の餌場へ

餌場まで入れるのは、ワイルドライドの特権です

 最後はやはり、ワイルドライドだけのオタノシミ。通常のサファリバスや自家用車では行けない草食動物の餌場に立ち寄ります。バスが乗り入れると、一斉に動物が集まってきました。

とにかくたくさんの鹿。餌をおねだりしてきます

 鹿、鹿、鹿……‼目の前が鹿でいっぱいに!餌をあげるとものすごい勢いでむしゃむしゃ平らげ、さらに迫ってきます。

手渡しで餌付けもOK。愛らしい姿がたまりません

 通常のコースではなかなか味わえない体験に、ここでもみんな大はしゃぎ。ここを過ぎると、楽しかった50分のツアーも終わりを迎えます。

 

バスを降りても触れ合いがいっぱい

那須サファリパークでは、サファリゾーン以外でも動物との触れ合いが楽しめます。サファリウォークでは、キリンエリアの横を歩いて探検!ニンジンやビスケットなど、キリンの大好物を餌付けしましょう。

 

ナイトサファリも運行中

 4月から10月の毎週土曜日と繁忙期に開催されているナイトサファリ。ワイルドライドはナイトサファリでも運行されるので、こちらも是非チェックしてみましょう。ライオンやトラなどの夜行性動物の生態を観察しながら、昼間とは一味違ったスリリングな冒険はいかがでしょうか。

 大迫力のライオンに愛らしいキリンや鹿。日中に巡るのとはひと味違う、とっておきの体験ができるはずです。

 

【アトラクション情報】
名称:ワイルドライド
時間:11:00~、14:00~、19:50~※ナイトサファリ開催日のみ運行
運行日:毎日
料金:大人2,000円 小人1,500円
時間:約50分
定員:20名(1回)
対象年齢:小学生以上
予約方法:電話またはWebで予約開始予定※空きがある場合は当日受付可能です。
電話番号:0287-78-0838
エサやり:ライオン、キリンなど草食動物へのエサやり(ライオン用の肉と、草食動物お試し用のエサは全員に付きます)
※追加の草食動物のエサは別途1,000円で車内販売されます

那須サファリパークのお得なチケット

那須サファリパークでは、利用料金が割引になる電子チケットが販売されています。電子チケットはネットでの事前購入制なので、当日入場する際もスマホを提示するだけとスムーズです。せっかく那須サファリパークを訪れるならお得に楽しみましょう!

那須サファリパークの基本情報

那須サファリパークの料金

入場料金

  • 大人(中学生以上):2,800円
  • 小人(3歳~小学生):1,900円

年間パスポート

  • 大人(中学生以上):7,000円
  • 小人(3歳~小学生): 4,000円

那須サファリパークの営業時間

  • 平日:8:30~17:00(入園受付16:30)
  • 土・日・祝:8:00~17:00(入園受付16:30)
  • 定休日:年中無休

那須サファリパークへのアクセス

公共交通機関を利用する

JR東北新幹線「那須塩原駅」でJR東北本線に乗り換え「黒磯駅」で下車。そこから東野交通バス「那須ロープウェイ・那須湯本」方面バスに乗り「那須サファリパーク入口」バス停で下車します。

所要時間

  • 「黒磯駅」から「那須サファリパーク入口」までバスで約17分
  • 「那須サファリパーク入口」から徒歩約5分

東野交通バスの時刻表はコチラ!

車を利用する

東北自動車道「那須」出口から那須街道経由で約15分

駐車場

無料(約350台)