asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

青山の隠れ家でたのしむ、とびきりおしゃれな陶芸体験

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

こんにちは、asoview!編集部の藤井です。

毎日つかうマグカップ。
もう少しオリジナルで素敵なものがほしいな、と探していました。

せっかくだから、自分で作ってみるのもいいんじゃない?

と同僚に言われて、
ふむ、たしかに。

というわけで、同僚とやってきたのは、青山。
その中でもとりわけハイセンスなショップが並ぶ、骨董通りです。

こんなところに陶芸体験をできる場所が…?

ちょっと不安になったころに到着したお店。

えっ、ここ?
カフェじゃなくて?
地図間違ってないよね?

そんなことを思ってしまうぐらい、おしゃれで洗練された空間です。

「1300年の歴史を持つ美濃焼の素晴らしさを知ってほしい」
そんな思いから、岐阜県多治見市の陶器の企画・卸の老舗の会社が運営しているのだそうです。

棚いっぱいにならぶ、さまざまのうつわたち。

壁いちめんに設置された棚、そのなかにはたくさんのうつわ。
インテリアは南フランスをイメージしているのだそう。
焼き上がって商品になったものも、これから絵付けをおこなう「素焼き」のものもあります。
ぬくもりのある雰囲気に、ちょっと緊張していたこころもほぐれてきます。

今日チャレンジするのは、転写紙を使って絵付けをおこなう、ビスク・アート(絵付け)体験です。

ずらりと並んだうつわから、好きなものを選んで、
いよいよ、体験のはじまりです。
ここからは同僚にモデルになってもらって、体験の様子をお伝えします。

つかうのは、「転写紙」とよばれるあらかじめ絵が描かれた紙。

これを切り取り、水で濡らした筆をつかって、ぺたり。
好きな場所に好きな絵を貼ります。

少ししたら、紙をはがすと…
絵がぴったりときれいに、うつわに移りました。

どこにどの絵を置こうか?
この模様とこの模様なら合うかな?

時間をわすれて、うつわと向き合います。

絵が移るのがたのしくて、気がついたら模様だらけになってしまわないように。
よくばりすぎず、シンプルに。

作業の楽しさと、できあがりのバランス、
たまに我に返って考えながらすすめます。

内側にも模様をつけて、よし、完成!

体験後、10日から3週間ぐらいで焼き上がり、
指定の場所まで送ってくれます。

じっくりと向き合って、こだわったマグカップ。
このマグカップでお茶を飲むのが、とっても楽しみです。

このプランをみてみる