asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

自然もエクササイズも楽しさも。早起きして、欲張りに遊ぶ日曜日 -三浦海岸・SUP-

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

こんにちは、asoview!編集部の藤井です。

最近、友人がSUPにハマっています。
SUPの魅力を熱く語る彼に誘われて、わたしも日曜日、SUPクルージングに出かけました。

早起きして海をめざそう

休みの日はできるだけ遅くまで寝ていたい派ですが、この日ばかりは早起き。
普段は乗らない電車に乗って、京急線の終点・三崎口駅へ向かいます。

駅で他の参加者と待ち合わせたら、車でビーチハウスまで。
着替えたら早速、準備運動からはじめます。

教えてくれるのは、「俺たちの湘南ヨットクラブ」の「カントク」。
パドルのこぎ方、方向転換の仕方などを一通り教わったら、海へ。

クラブハウスの目の前が海です。

いよいよ海へ。ちょっとつめたい水が気持ちいい!

日ざしはギラギラ。
でも海は、ちょっとつめたい。

ボードを海に浮かべて、すいっ。

真ん中に立つことを意識して、膝立ちの状態から1、2、3。
大きくて安定したボードなので、すんなりと立てました。

入り江の外は広い海。
海に漕ぎ出していくのか、と思うとちょっとドキドキです。

ひとかきごとに前に進んでいくけれど、
風がすこし強くて、すぐ流される。

焦るとバランスをくずすので、平常心!
ちゃんと習ったとおりにパドルを動かそう!と、自分に言い聞かせます。

進んで、休んでを繰り返しながら、西へと漕いでいきます。

笑顔があふれる海の上

カントクの後についていくと、現れたのは白い灯台。
「ここで記念撮影しましょう!集まって~!」

そう言われて集合しようとしますが、待っている間にいつのまにか流されて、
なかなかみんなが集まれません。
そんなことも楽しみながら、ハイ、チーズ。

風が強くなってきて、初心者のわたしたちは急に進めなくなってきました。
するとなんとびっくり!スタッフのかたが1人で2人を引っ張って、
ものすごい勢いで漕いでくれました。

「すごいね~」なんて言いながら、
贅沢に海のクルージング…これは初心者ならではの特権。
この引っ張って進む様子、「SUP TAXI」とも呼ばれているんだとか。

本当にタクシーみたいに快適。
あっという間に目的地に到着です。

お昼は海からしか行けないビーチで、のんびり。

待ちに待ったランチタイム。
自己紹介をしつつ、おしゃべりをしつつ、青空の下でのランチを楽しみます。

お腹いっぱいになったところで、カロリーを消費すべく出発!

静かな入り江で透明な海を満喫したら、もと来たルートを戻ります。

帰りのほうが、あっという間なのは気のせい?
もうかなりマスターしたな、なんてちょっといい気になっていたら、ぐらっ。
バランスを崩して、ついに初めての落下です。

でもライフジャケット、大きなボードがあるので、心配なし。
ほてった体を、海の水が気持ちよく冷やしてくれます。

戻って着替えたら、ビールで乾杯。
運動のあとのビールって、おいしすぎ!

こんな最高の休日、くせになってしまいそうです。

このプランをみてみる