asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

食欲の秋にでかけたい。自然の中でピザ作り! -伊豆・ピザ作り-

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

食欲の秋におすすめしたい、アウトドアグルメ。自然の中でピザ作りにチャレンジしてみませんか?

こんにちは、asoview!編集部の藤井です。

昼の陽射しはまだギラギラだけど、朝晩の空気には爽やかさが感じられるようになってきました。
変わりやすい天気でちょっとバテ気味の人も、気持ちのいい風が吹くと元気になってくるのではないでしょうか。

元気になってくると、ご飯がおいしく感じられてきますよね。
そう、「食欲の秋」到来です!

今回は、誰でも楽しめるアウトドアクッキング、ピザ作りのプランをご紹介します。

休日、のんびりドライブを楽しんで。

伊豆半島をドライブして、向かうのは半島のちょうど真ん中あたり。
今回の目的地は、自然に囲まれたログハウス「かたつむり」です。

薪がぎっしりと積まれた「ピザ焼体験コーナー」。
木のぬくもりあふれる雰囲気です。

普段の台所とは違った雰囲気に、すでにはじめからワクワク。
ちょうどお腹もすいてきました。
美味しいピザを食べるためにひとがんばりです。

採れたて食材を贅沢につかおう

まずは発酵済みの生地を、ていねいに丸くのばしていきます。
ピザ生地はふわふわ。
できるだけ薄く、でも穴があかないように、均一にのばします。

生地を触っていると、だんだんピザ職人になった気分?
誰が一番手際がいいのかな…なんてことも気になってしまいます。

なんとかまんまるにのばせたら、生地の準備は完成です。

ずらりとならんだトッピング。
なす、トマト、きのこ…地元でとれた新鮮な食材を用意してくれます
野菜がいきいきしているのが、見た目からでもわかります。

用意されたものを使って作るのが基本ですが、
こだわりのある人は、自分の好きな食材を持ち込んでもOK!

見ためも考えつつ、でも欲張って…バランスを考えながらトッピング。
焼く前でもすでにおいしそうです。

焼き上がりが待ちきれない

ピザを焼き上げるのは、本格的なピザ窯。
薪を燃やして、300度の高温になった釜の中にピザを入れます。

待つこと数分、あっという間に焼き上がり。

チーズがとろりととろけて、すごく美味しそう…!

みんなそろったら、「いただきます!」
外で、友だちや家族と食べれば、おいしさ倍増です。
 

6人以上のグループなら、なんとダッチオーブン料理をサービスしてくれるのもうれしいポイントです。
次は誰を誘って来ようかな。
人にもおすすめしたくなる、秋のすてきな1日です。

このプランをみてみる