asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

海の京都を感じる、おすすめ体験プラン6選。

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

京都府北部、日本海に面した「海の京都」エリアは、ニッポンのルーツともいわれている場所。どこか懐かしい自然の風景や、文化的価値もある歴史的建造物など、魅力的な体験コンテンツが盛りだくさんです。日本三景として知られている「天橋立」を中心としたこのエリアで、「眺めるだけ」の観光ではなく、一歩踏み込んだ“五感で感じる旅”をしてみませんか?

どこか懐かしい風景の「海の京都」。

 

伊根の舟屋ガイドツアー

海と生きる人々の暮らしをのぞきます。

海の上に建つ舟屋。1階は船のガレージです。

 海沿いに家々が建ち並ぶ「舟屋」の景色で有名な伊根町を、地元のガイドさんとともに巡ります。「もんどり」という独特な仕掛けを使った、この地域ならではの“かご漁”を体験したり、海に面して建つ創業260年の「向井酒造」を見学したり。伊根町の見どころがギュッとまとまったガイドツアーです。

左上・右上:食べ残しを籠に入れて魚をとります。
左下:古くから残る舟屋の内部見学も。
右下:海に日本一近い酒造、「向井酒造」。

主催:海の京都DMO伊根地域本部
集合場所:「伊根浦公園」 京都府与謝郡伊根町字平田494
料金(税込):2,300円~

このプランの詳細を見る

 

SUP(スタンドアップパドル)

夕日ヶ浦でフォトジェニックSUP。

海に沈む、大きな夕日。

 京丹後にある夕日ヶ浦は、その名の通り夕日がとても美しい場所で、温泉の湧くところでもあります。夕暮れの時間を狙ってSUPを楽しんだ後に、「外湯 花ゆうみ」での温泉と、夕食がセットになったこのプランは、“フォトジェニック”の目白押しです!

上:地元でとれた海の幸を丼に。
下:開放的な露天風呂。

主催:海の京都DMOツアーセンター
集合場所:「京丹後135°EAST」 京都府京丹後市網野町浜詰756-3
料金(税込):7,900円~

このプランの詳細を見る

 

海釣り(船釣り)

漁師しか行けない特別な場所へ。

こんな大物が釣れるかも!?

 この土地の漁師しか知らないスポットまで訪れて、本格的な釣り体験。「手ぶらで楽しめる」「漁師さんが親切!」「毎年の恒例にしたいです」と、あそれぽも高評価です。催行期間は4~10月で、冬期は行っていないので要注意です。

主催:海の京都DMOツアーセンター
集合場所:「本藤水産」 京都府宮津市漁師1775−17
料金(税込):5,000円~

このプランの詳細を見る

 

パラグライダー

高さ300mの空中散歩!

運転はベテランパイロットにおまかせ。

 パイロットと2人で飛ぶ、タンデムコースプラン。ベテランパイロットと2人で飛ぶタンデムなので、快適で安心なフライトです。いつもとは違う視点から見える景色は、身も心もリフレッシュできるはず。操縦はパイロットにおまかせ!なので、カメラで空撮を楽しみながら高度300mの空中散歩を楽しめます。

主催:阪神スカイスポーツ パラグライダースクール
集合場所:「阪神スカイスポーツ パラグライダスクール」 京都府与謝郡与謝野町与謝赤石ヶ岳
料金(税込):8,000円~

このプランの詳細を見る

 

手織りコースターづくり

丹後ちりめんの里でシルク100%のものづくり。

手動の織機を使ってつくります。

 「丹後ちりめん」の産地、与謝野らしいものづくり体験。100%シルクを使い、コースターづくりを体験できます。織り機に横糸を通して、少しずつ織り上げていきます。好きな色の絹糸を組み合わせて、自分だけのコースターを。

主催:海の京都DMO与謝野地域本部
集合場所:「与謝野町観光協会」(旧加悦町役場庁舎内) 京都府与謝郡与謝野町加悦1060
料金(税込):900円~

このプランの詳細を見る

 

海釣り(陸張り)

舟屋を眺めながら釣りをするぜいたく。

シンプルな竿で、陸から釣ります。

 舟屋の街並みを眺めながら釣りを体験します。講師によるレクチャー付きで、初めてでも安心。持ち帰り用の保冷バッグを用意してくれるので、釣った魚は持ち帰りできます。

魚の種類は季節によりさまざま。

主催:海の京都DMO伊根地域本部
集合場所:「七面山物揚場」 京都府与謝郡伊根町字平田
料金(税込):3,000円~

このプランの詳細を見る

 

「海の京都」レジャーの魅力とは?

いかがでしたか?四季折々の自然を感じられるレジャーが豊富のもこのエリアの特徴です。カニを代表とする海鮮グルメも絶品なので、ぜひ「海の京都」を旅してみてくださいね。

 

>この記事が掲載されている特集のトップページへ
いま、行っておきたい「もうひとつの京都」。