そば打ち初心者が知っておくべき、そば打ちに関する3つのポイント

  • 1322 |

そば打ち初心者の方や、これからそば打ち体験に参加する方は、美味しいそばを打ちたいと思っている方が多いのではないでしょうか。
ここでは、初めてそば打ちを体験する方、そば打ち初心者の方が知っておくべきそば打ちに関する3つのポイントをまとめました。

美味しいそば粉でそば打ちをしよう

そば打ちに対する一番のモチベーションの源泉は、美味しいそばを食べたいという思い。
美味しいそばを作るためには、おいしいそば粉を入手するのが一番です。
そば粉は乾物を扱う店やネット通販で入手できます。また、最近は道の駅などで、ご当地のそば粉を入手できることもあります。
粉を選ぶ時のポイントとしては、細かく挽かれているものを選ぶこと。挽きが荒いそばと比べて生地がまとまりやすいので、初心者でも失敗が少ないです。

そば粉は水となじませてから捏ねる

麺類を打つというと、真っ先に生地を捏ねるイメージが湧きませんか?実は、そば打ちでは捏ねる前の「粉と水をなじませる」作業がとても重要です。いきなり捏ねようとするとそば粉に水分が均等に行き渡らず、生地がまとまりません。
粉と水を混ぜる時は、手のひらは使わずに指先だけで粉と水をなじませていきます。シャンプーのような指使いをイメージして粉をまとめていきましょう。
おから~小芋くらいの大きさでまとまり始めたら、手のひらを使って捏ねていきます。

そばを切った後1~2時間程度寝かせてみるとよい

打ちたてのそばをすぐに茹でて食べたくなるのは、そばを打ったことがある人なら誰でも同じでしょう。実は、そばは打ちたてが新鮮で美味しいという説と、打った後に1~2時間生地を寝かせた方が粉と水がなじんで美味しいという説があります。
自分でそばを打ったら2つに分けておき、打ちたてのものと、生地を寝かせたもので食べ比べてみるのも面白いかもしれません。

ページTOPへ

このページのTOPへ