asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

[PR]

仙台うみの杜水族館 インスタ映えアクアリウムで水中写真家気分。

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

仙台うみの杜水族館は、仙台駅から公共交通機関で約30分の近さに位置する人気のおでかけスポット。2014年のオープンから現在に至るまでファミリーのおでかけスポットとして人気なのは言うまでもないのですが、実は「インスタ映えする写真が撮れる」と、私たち世代の評判もにわかに高まってきているらしいのです。

 

お得な電子チケットはこちらから☞

仙台うみの杜水族館が、
新しい「うみの杜」に!

テクノロジーの力で仙台うみの杜水族館も進化。
(詳しくは下の動画を)

 

“観る”プロジェクションマッピング

 エントランスを入り、「マボヤのもり」を抜けると、目の前に大水槽「いのちきらめく うみ」が広がります。ここの魅力(インスタ映えっぷり)は後ほどお伝えするとして、まずは2017年夏にはじまったばかりの「360°大パノラマプロジェクションマッピング」に注目します。

 

 正面の大水槽に広がる三陸の海。そして四方の壁、天井、そして床にも映し出される神秘的な映像。さらに、迫力のある音楽。あらゆる感覚を刺激するエンターテインメントは、言葉を失うほどの体験をもたらしてくれます。

 

“遊ぶ”プロジェクションマッピング

 2階の一画にあるクラゲエリアにも、リアルと映像がコラボしたおもしろい仕掛けが用意されています。

 

 約10mの壁一面に映し出された「クラゲのワルツ」では、映し出されたクラゲにタッチすると、クラゲの色が変化! 今、トレンドのインタラクティブなオタノシミですが、他にも水面を歩いているような演出(詳しくは上の動画を!)もあり、ずっとここで遊んでいたくなるほどです。

 

インスタ映えがあちらこちらに。

イロワケイルカ
@世界のうみ(アメリカ)

白と黒のコントラストが雅なイルカ。
差し込む自然光が美しすぎる!

ペンギン
@海獣ひろば

陸のペンギンと海のペンギンを
同時に撮影してみました。

アオリイカ
@日本のうみ(親潮 冷たいうみ)

食卓に並ぶ機会も多い子。
きれい? おいしそう?

エイ
@日本のうみ(いのちきらめく うみ)

エイの裏(表!?)は、まるで
ニコッと笑っているみたい。

色鮮やかな魚たち
@世界のうみ(オセアニア)

オセアニアの海を再現。
まるでダイバーになった気分。

クラゲ
@世界のうみ(クラゲのいやし)

クラゲはインスタ映えの代表格。
ずっと水槽の前にいられます。

発光サンゴ
@世界のうみ(クラゲのいやし)

クラゲのエリアにいる発光サンゴ。
青白い光を自ら放っています。

チンアナゴ
@日本のうみ(アマモ うみの揺りかご)

愛くるしい姿のチンアナゴ。
スマホのホーム画像用に縦位置で。

リス
@日本のうみ(広瀬川 海のみなもと山・里・川)

屋外スペースには、海へと続く川が流れる
里山に生きる動物の姿も。

 

お得なチケットはこちらから

 

もちろんショーも見逃せません。

イルカが近い! とにかく近い!!

 イルカとアシカのショーは、やはり人気のコンテンツ。アクリル面のないプールは動物たちとの距離も近く、臨場感たっぷりです。

 ちなみに手前の座席は砂かぶりならぬ"水かぶりシート”なのでご承知おきを。迫力たっぷりなので、迷わず水かぶり席を選びます(ただし温かい日に限る)。

シーズナルテーマで演出を。

 仙台うみの杜水族館は季節ごとにテーマを設定して、館内の世界観を統一しています。仙台うみの杜水族館は良い意味で「ほどよい大きさ」なので、隅々まで演出が行きわたっています。

人気アーティストとのコラボ企画を開催中

 パリを拠点に世界で活躍するアーティスト河原シンスケ氏と、仙台うみの杜水族館とのコラボレーションが創り出す「植物・海の生きもの・映像」の融合イベントが開催中! 3月21日~5月は「MOMOIRO」がテーマ、5月7日~7月8日までは「MIDORI」をテーマに実施されます。

河原シンスケ氏のテイストに染められたメインの大水槽エリア。

 大水槽「いのちきらめく うみ」では、2万5000尾のマイワシたちが主役となり、躍動感あふれる群れの泳ぎで魅了するプレミアムショー「Sparkling of Life & Music」と、河原氏が描くキャラクターとの共演「360°movie 杜と生きる」を楽しめます。
マイワシをはじめ「生きもの」が創り出す迫力の大パノラマと、「生き抜く力」をテーマにリスやイロワケイルカなどが描かれた河原ワールド全開のアニメーションとの融合美は必見です。

くらげのエリアは、いつにもまして幻想的な空間に仕上がりました。

 「月とくらげのいやし」は、「月」をテーマにクラゲたちが優雅に舞い、空間全体でさまざまなクラゲに包み込まれる演出が人気のエリア。今回から、咲き誇り舞い散る「桜」など「うみに咲く杜」をイメージしたクリエイティブ要素を追加しました。さらにクラゲの展示においても「桜」や「青葉」に合わせた照明演出を行い、春から初夏の華やかな季節の移り変わりを表現しています。

 

デート&女子会は
仙台うみの杜水族館へ。

 いかがでしたか? デートスポットとしても、女子会スポットとしても活躍してくれる心強い存在へと進化する水族館は多いですが、特に仙台うみの杜水族館は、プロジェクションマッピングなどのテクノロジーを取り入れたり、演出を凝らしてフォトジェニックな写真を撮りやすくしたりと、他にもましてその点に注力している印象です。
 ここで紹介した楽しみ方や写真以外にも、素敵な撮影スポットはたくさんあります。水中写真家気分になって、ぜひあなただけのお気に入りを探してみてください。

解放感のあるエントランス。
学べて、遊べる、最先端の水族館でした。
また行きたい!!

お得な電子チケットはこちらから☞

施設情報

  • 仙台うみの杜水族館
  • 宮城県仙台市宮城野区中野4-6
  • 公共交通機関でお越しの方:「中野栄駅」から徒歩約15分、お車でお越しの方:「仙台港IC」から約5分
  • 9:00~18:30※時期により変動あり
  • 年中無休
  • 駐車料金:無料
  • 022-355-2222
  • http://www.uminomori.jp

INFORMATION

クレジットカード
クレジットカード
利用可(一部利用不可)
レストラン
レストラン
あり
飲食物持込
飲食物持込
可(一部制限あり)
売店
売店
あり
ベビーカー貸出
ベビーカー貸出
なし
授乳室
授乳室
あり
おむつ台
おむつ台
あり

ENTRANCE FEE

大人
大人
¥2,100
大学生
大学生
¥2,100
高校生
高校生
¥1,600
中学生
中学生
¥1,600
小学生
小学生
¥1,100
未就学児
未就学児
¥600 ※4歳以上
その他
その他
65歳以上 ¥1,600