asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

[PR]

溝口温泉 喜楽里が教えてくれる、贅沢な“おひとりさま”時間。

WRITER:きたがわさおり
SHARE THIS ARTICLE

大人のくつろぎ空間として神奈川県・溝口にリニューアルオープンした「溝口温泉 喜楽里」は、中学生以上が入館できる静かな日帰り天然温泉施設。今回は溝口温泉で過ごす、最高に癒される“おひとりさま”時間の過ごし方を編集きたがわがご紹介します。

お得なチケットはコチラ!

何かと慌ただしい私たちには、温泉でゆっくりする“おひとりさま”時間が必要です。

 自分を磨く時間、自分を見つめ直す時間って大切ですよね。時間に追われる毎日を送っていると、ひとりの時間をついつい忘れがちに。土日もギッシリ予定も詰まっているし、家でゆっくりしていてもなんだかダラダラ過ごすだけ…。

溝口温泉 喜楽里が素敵らしい!

 なんて模索していると、仲良しの同僚が「手軽に行ける、良い温泉施設がある」と教えてくれました。なんでもそこは2017年の12月にリニューアルオープンしたばかりで、小学生以下は入れないという、ちょっと贅沢な大人の温泉施設なんだとか。しかも高級感のある印象なのに、平日の入館料が¥820で岩盤浴も¥410(入り放題)と、コスパも良好! 

 そんなことを聞いたら、行かないわけにいかない! ということで、早速週末に自分磨きへレッツゴー♪

 

 

 

おひとりさまは「溝口温泉 喜楽里」。

品のある佇まいの建物が目印です。

 田園都市線、大井町線・溝の口駅、JR南武線・武蔵溝ノ口駅からバスで約10分のところにあるのが、この「溝口温泉 喜楽里」。落ち着きのある温泉旅館のような入り口を抜けて、中に入ります。

左上:店内には和を醸し出すインテリアも。
右上:和柄で統一された受付も素敵です。
左下:照明ひとつとっても、こだわりが感じられます。
右下:施設内には高級マッサージ機も完備。

 大幅にリニューアルしたという内観は、品のある和柄で統一されています。「大人のくつろぎの空間」をコンセプトに、飾られているインテリアは温かみのあるウッド調。これだったら女性ひとりで来ても、落ち着いてゆっくり過ごせます。

 受付を済ませたら、早速お目当ての源泉掛け流しのお風呂へ向かいます。

 

まずは高級感のある露天風呂を堪能。

溝口温泉のナトリウム炭酸水素塩泉は、
重曹泉の名で知られています。

 ここ「溝口温泉 喜楽里」のお湯は“美人の湯、美肌の湯”とも呼ばれている源泉かけ流し。スベスベとした肌触りの泉質のおかげで、 モチモチ肌をゲットできちゃうというワケです。
 

左上:広々とした岩風呂で、じっくり温まります。
右上:季節によって深さが変わる寝ころび湯も。
左下:空を眺められる、お休み処もありました。
右下:露天風呂を素敵に仕上げる、手づくりの竹照明も必見。

 

秋はきれいな紅葉を見ながら、温泉に浸かります。

 

木々に囲まれながら、空を眺めてホッと一息。

 

 木々に囲まれた露天風呂はゆっくり過ごすには丁度よい大きさ。湯けむりがモクモクと立ち上る中、ボーっと空を眺める静かな時間。誰にも邪魔されずに、自分だけのひとときを味わえます。

 

天然温泉を利用した内湯も必見!

1000ppmの高濃度炭酸泉を再現した「炭酸源泉風呂」。

 露天風呂を楽しんだあとは、新しくなった内湯スペースへ。ここで注目なのが今回リニューアルした炭酸源泉風呂で、まずその広さに驚きます。広々としているので、まわりを気にせず足を伸ばし、のびのびと浸かれます。湯温は37℃前後に設定されており、これは炭酸ガスが一番溶け込みやすい効果的な温度なのだとか。

しばらくすると、プツプツと泡が! 気持ちいい!

 炭酸泉の他にも、滑らかな湯と美肌効果が期待できるシルク風呂やシェイプアップの効果もある塩サウナなど、楽しめる場所が満載! 長時間いても飽きずに、美肌を目指せますネ。
 

上:期間限定イベントのりんご風呂は見た目も香りも楽しい♪
左下:タワーサウナでは遠赤外線が発汗を促します。
右下:パウダールームは広々として使いやすい!


いつでも何回でも岩盤浴できる。

体に優しい効能がたっぷりの岩盤浴も。

フリータイム制を新しく導入したとのことで、好きな時間に岩盤浴を楽しめます。寝床には「ゲルマニウム」を含む岩盤鉱石を導入していて、体調や気分を改善し血液をサラサラにしてくれる効果があるそうです。いい香りがして清潔感もあって、気持ちよく過ごすことができました。

お得なチケットはコチラ!

 

贅沢な湯上がりの過ごし方。

かわいいネーミングにつられて、のれんの中へ…。

 沢山汗をかいて充分にリラックスしたところで、お腹からグゥ~~とすごい音が(笑)。ということで次は、併設された食事処「ごちそう屋」で腹ごしらえをすることに。料理長が新鮮な食材を常に仕入れているため、捌きたての新鮮なお刺身やせいろ蒸し料理など本格的な食事を楽しめます。

 

左:料理長が新鮮な食材を仕入れて、その場で捌きます。
右上:本格的なせいろ蒸し料理も絶品!!
右下:清潔感があって明るい店内は広々としています。
脂ののったブリとせいろ蒸し料理をつまみに、乾杯~♪

 実は最近ハマっているのが、ホッピー! オヤジくさいって思われるかもしれませんが、せっかく汗をかいたのだから、少しでも糖質制限したいですよね。ここ「ごちそう屋」には新鮮なお刺身や〆料理など、私のような飲んべえにも刺さる、粋な絶品料理が沢山ありました。

 

必ず〆で食べたい、名物の「カレーうどん」は絶品です。

 

満腹で、ウトウトしたい!

 温泉も最高に気持ちよいのですが、合わせて注目してほしいのがこのお休み処。

 お腹いっぱいで食べすぎ…ほろ酔いだ…、ちょっとゆっくり座って寛ぎたい。願わくは静かな場所でウトウトなんてする時間が過ごせたら最高なのに…! なんて思っていたら、「ごちそう屋」の横や館内奥にお休み処を発見。これは! と、早速ゆっくり寛いでみることに。

左:雑誌や本を読みながら、ゆっくり過ごせます。
右上:フカフカのリクライニングシートも新登場!
右中:大人気の飲むヨーグルトもオススメ♥
右下:雑誌などもフリーで読むことができます。

 

女性の必須アイテムであるブランケットも発見!

 

さらに癒やしを求めるならば…。

ボディケア・フットケアと多彩なコースが楽しめる「和心」へ。

 お腹も落ち着いてきたら、癒やしの締めくくりとして大好きなマッサージを堪能します! ここ「和心」では手軽な10分肩もみから120分の全身フルコースまで、多彩なメニューを堪能できます。入館招待券がもらえるお得なコースなど、ここでしか受けられない特典が満載。

清潔感のあるきれいな店内。いい香りも漂います。

癒やしの余韻に浸りながら。

秋は色づいた紅葉、夏は青々と生い茂った木々に囲まれます。

 

帰り道の景色さえも、美しく演出されています。

 

 「溝口温泉 喜楽里」で過ごした半日のおかげて、すっかり心も体もリラックスできました。モヤモヤと悩んでいたことも、考えなければいけないこともなくなってスッキリ。

 おひとりさまだけでなく、今度は友人や家族を誘っても喜ばれそう! これから、時々この場所で過ごす癒やしのひとときが、私の生活の中でなくてはならない存在になりそうです。

 他にも、2018年春に茨城県つくば市に「喜楽里 別邸」がオープン予定!

お得なチケットはコチラ!

 

 

おまけ:いろいろな「喜楽里」

ひたちなか温泉 喜楽里 別邸

竹林の合間から田園を見下ろす『一望の湯』が名物。

住所:茨城県ひたちなか市大字市毛640番地2
電話番号:029-229-2641

詳細はコチラ!

 

宮沢湖温泉 喜楽里 別邸

宮沢湖、秩父山を眺める露天風呂は見事。

住所:埼玉県飯能市大字宮沢27-49
電話番号:042-983-4126

お得なチケットはコチラ!