asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

[PR]

那須どうぶつ王国|新施設「ウェットランド」のインスタ映えっぷりを徹底レポート!

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

この春、「那須どうぶつ王国」がパワーアップ! 新しく加わったのは「WET LAND(ウェットランド)」というエリアに暮らす亜熱帯の動物たちです。asoview!TRIPではいち早く入国(那須どうぶつ王国では、入場ではなく"入国"といいます)。その全貌をレポートします。

那須どうぶつ王国に新エリア誕生!

WETLAND(ウェットランド)の全貌!

 

 2018年3月24日、那須どうぶつ王国にオープンした新エリア「WET LAND(ウェットランド)」。ネーミングの通り、湿地に暮らす動物たちの世界を再現した屋内施設です。

那須といえば避暑地として有名ですが、建物内は一年中「暑すぎず、寒すぎず」に維持されています。

 ドアの先に広がるのは、亜熱帯の森! 驚くほど近い距離で動物たちを観察できます。ウェットランドに限らず、どこのエリアでも動物との距離が近い(というか、ゼロ距離!)のが那須どうぶつ王国の魅力のひとつ。シャッターを切る枚数も、心なしかいつもより増えています。

一番人気のハシビロコウ。一部の動物を除いては、檻や柵のない世界を満喫しています。

 屋内施設なので、晴れでも雨でも、夏でも、冬でもOK。なので、安心してスケジュールに組み込めますね。

 

そもそも那須どうぶつ王国って? 

 20周年を迎えた那須どうぶつ王国。子供と一緒に行くおでかけ先として人気なのはもちろんですが、近ごろは動物たちが「インスタ映えする」ということで、若者人気が上がってきているのだとか。

 

右手に見えるのは「王国バザール館」(ギフトショップ)で、奥には「アニマルスタジアム」や「カピバラの森」が続きます。左手に見えるのは「ふれあいドックパーク」で、「ウェットランド」がその向こう側になります。

 那須どうぶつ王国は、大きくわけると2つのエリアに分かれます。入国ゲート(入場ゲートのことをコチラではそう呼びます)を入って目の前に広がっているのが「王国タウン」と呼ばれるエリア。今回の主役「ウェットランド」や、大人にも人気の「うさぎ王国」、「わんにゃんリビング」などの屋内動物施設がなんと8つもあります。

カピバラの森では、カピバラを撫でられます。よーく耳を澄ますと、「キュルキュルキュル」というかわいい鳴き声も。

 その他にもカピバラと触れ合える「カピバラの森」や「ふれあいドッグパーク」、「ペンギンビレッジ」など屋外型施設もあります。また、ギフトショップやレストランもこちら王国タウン内に用意されています。動物園というと(屋外というイメージがあるので)気候がいい時のお出かけ先に挙げられがちですが、こちらは屋内施設が充実しているのでどんな天候でも安心です。

人気の「レッサーハウス」やレストラン「ヤマネコテラス」が、「王国タウン」エリアの一番奥。自然の森を挟んだ向こう側には、「王国ファーム」と呼ばれる屋外の牧場タイプの施設群があります。

 王国タウンの先に広がるもうひとつのエリア「王国ファーム」は、文字通り牧場タイプの動物園。こちらのウリは、何といっても解放感! いい季節なら、ここに一日中のんびりしていたくなります。なお、こちらへは無料の「ワンニャンバス(無料)」もしくは、「王国リフト(片道300円 / 季節運行)に乗っていきますが、気候がよければ1.5㎞ほどの自然道をのんびり歩いていくのもいいかもしれません。

「ザ・キャッツ」などショーも充実

 

 那須どうぶつ王国が評判の理由は、動物たちによるパフォーマンスショーにもあります。特に人気なのは「フリーフライト バードパフォーマンスショー」と、全国的にも珍しい猫によるショー「ザ・キャッツ」です。今回は「ザ・キャッツ」を取材しましたが、3月下旬の肌寒い平日であるにも関わらず立ち見がでるほどの盛況ぶりでした。

お得なチケットを手に入れる➡

 

💖(いいね)がもらえる動物写真

 さて、ここからはインスタ映えする動物たちを。プロに聞いた素敵な写真を撮るコツも合わせてご覧ください!

 

ウエットランドで会える動物たち

ハシビロコウ

ハシビロコウはアフリカ中央部~中東部に生息していますが、数が減っており絶滅危惧種となっています。ほとんど動かないので、モデルとしては最適です!

ジャガー

ジャガーは、中央アメリカ~南アメリカ北部に生息。トラ、ライオンに次いで大きなネコ科の動物です。エサのニオイがついたこちらの穴が、大のお気に入りのようす。あちこち動きまわるので、1カ所で待ち構えるのがコツです。

シタツンガ

シタツンガは、アフリカ中央部~西部に生息。沼などで暮らしているため泳ぎが上手いのが特徴。舌をペロっと出した瞬間を撮影しました。動物写真は、「良い瞬間が訪れるのをじっと待つ」のがキホンです。

ワオキツネザル

ワオキツネザルはマダガスカル島に生息。「輪」の「尾」をもっていることからこの名前がつけられました。その動物の特徴的なパーツは、写真に収めたいですね。

アカカワイノシシ

アカカワイノシシは、西アフリカ~中央アフリカに生息する絶滅危惧種。イノシシとは思えない!?きれいな姿が特徴です。

 

ウエットランド以外の動物たちも少しだけ…

コモンマーモセット@熱帯の森

コモンマーモセットはブラジル東部に生息するこぶりなサルで、子育ては主にオスが担当。まるで仙人のようなたたずまい!

⽝@わんにゃんリビング

わんにゃんリビングと呼ばれるエリアでは、放し飼いになっている猫と犬を自由に触れます。人間にとても慣れているので、こんなに近寄ってもリラックス~♪

 

表情の差がすごい!ON⇔OFF写真館

ONとOFFというよりは、怒っている時と落ち込んでいる時とも見えます。
1日20時間ぐらいは寝るというナマケモノは、もはやOFFこそが日常の姿なのかも。
羽が満開なON(左)と、リラックス時。もはや同じ動物とは思えないほどの違いです。
サービス精神旺盛なレッサーパンダですが、ときどき表情に哀愁を漂わせます。
ウェットランドの人気者は基本的に眼光鋭い(左)ですが、たまーにこんな(右)ふにゃんっとした表情も。

 

カフェからバーベキューまで!

レストラン「ヤマネコテラス」の一番人気はこちらの「トチブー鉄板焼き」。1,400円なり。

 王国内のメインダイニングは王国タウンにある「ヤマネコテラス」。お子様カレーやラーメン、ステーキまで、バラエティ豊かにメニューを取り揃えています。近くにはカフェやバーベキューガーデンもあり、バーベキューは大人1,980円で食べ放題となっています。

 なお、奥に広がる王国ファームには「Bocca【牧歌】」というレストランがあります。一番人気のアルパカレーは880円で、ランチボックスも880円。スペアリブは980円です。 

アクセス方法

電車とバスの組み合わせ

右手に見えるバスが駅からのシャトルバス。要予約ですが、無料で利用できます。那須ガーデンアウトレットやホテルエピナール那須なども経由します。

 那須どうぶつ王国へのもっともベーシックなアクセスは電車とシャトルバスの組み合わせ。那須塩原駅、黒磯駅を経由するシャトルバスが運行してます。完全予約制なので、ホームページもしくは電話(☎0287-77-1110)にて前日17時までに申し込みが必要です。

お得なチケット、あります!➡

 

はとバスのツアーを利⽤する

実際に使用するバスも、こちらのラッピングバスとなるようです。

 那須どうぶつ王国に日帰り旅行をするなら、「はとバス」のツアーを利用するという手も。こちらは、「はとバス」と「ロッテ」と「タカラトミー」が3社コラボで実現したツアーで、参加者(子供)にはロッテのチョコパイと「アニア」動物シリーズがもれなくもらえます! なお、旅行代金は9,980~10,680円です。

■コース >>詳細はこちら
池袋駅東口 (8:00発 ※4/28~30、5/3~5は7:30発)  ➡(バス / 東北道)➡  「那須の恵み“Mekke!”」 (ブッフェの昼食) ➡(徒歩移動)➡「那須りんどう湖LAKEVIEW」 (入園。遊覧船片道乗船又はロードトレイン利用券付き)➡(バス移動)「那須どうぶつ王国」 (入園)➡(バス移動)➡「チーズガーデン那須本店 」(ショッピング・試食)  ➡(バス移動)➡池袋駅 (19:30着予定)

 

おわりに

 いかがでしたか? 那須どうぶつ王国に新しく登場した「ウェットランド」は、まったく新しい展示を体感できる全天候型施設です。那須旅行の際はもちろん、日帰り旅の目的地として、ぜひ訪れてみてください。

ウェットランドでまってるニャン♪