asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

[PR]

お台場で日本初のVR体験ができるMRシアター「ティフォニウム」を徹底大解剖!

WRITER:きたがわさおり
SHARE THIS ARTICLE

VR体験をしたいけれど、どこに行けばいいの? 何がおすすめ?人数は限られるの? そんなときは、とりあえず東京・お台場「ダイバーシティ東京 プラザ」にオープンしたMRシアター「TYFFONIUM」(ティフォニウム)に行けばOK!今回は編集きたがわが実際に「CORRIDOR(コリドール)」と「FLUCTUS(フラクタス)」を体験して感じた、おすすめポイントと感想を徹底解説します~!

VR体験なら「TYFFONIUM(ティフォニウム)」がおすすめの理由とは?

 

仮想世界の中に同伴者の姿が!?

同伴者のリアクションを間近で見られる!

 「TYFFONIUM(ティフォニウム)」とは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)技術を融合させた最先端の「Magic-Reality(マジックリアリティ)」が体験できる世界で唯一の没入体験型エンターテインメント施設。

 今回体験してみて一番感動したのが、ヘッドセットのカメラで仮想世界の中に自分の手や同伴者の姿が見えたり、ヘッドセットのマイクで同伴者と会話できるということ。より「その世界に入り込んでいる感覚」が味わえます。

 

1人、グループどちらでもOK!

ダイバーシティ東京 プラザ内にある「ティフォニウム」に行ってきました!

 施設内のアトラクションには最大5人で体験できる「FLUCTUS(フラクタス)」と最大2人で体験できる「CORRIDOR(コリドール)」の2種類があるので、1人でもグループでも、どちらでも楽しめます。

 

いつでも快適! 遊びやすい!

あいにくお台場は大雨…

 

でも全天候型施設なので、関係ありませ~ん!

 ゆりかもめ台場駅・南出口から徒歩5分、りんかい線東京テレポート駅・B出口から徒歩3分のところにある「ダイバーシティ東京 プラザ」内にあるので、お天気に関係なく快適に過ごすことができます。夏は涼しく冬は暖かい、いつ訪れてもベストシーズン!な施設です。 

 さらに「ダイバーシティ東京 プラザ」はショッピングモールもあるので、お台場観光の途中に非日常体験とショッピングを合わせて楽しめるというのもポイントです♪

 

「TYFFONIUM(ティフォニウム)」で最新VR体験してきました!

 ここでは「TYFFONIUM(ティフォニウム)」の最新VR体験を編集きたがわが徹底リポートします♪

ここの中には何が…!? 謎めいた空気が流れるエントランス。

 

ミステリアスな雰囲気の受付。

 まずは入り口で受付をします。施設内にはミステリアスなオブジェや仮面、人形などが飾られていて、これから何が起きるのかな!? とドキドキしてくる!

店内に飾られているインテリアは、すべて販売しているとのこと!

 

 
受付を済ませたら、待合室へ。簡単な体験内容と注意事項が書かれた映像を見て待ちます。

 

 

 待合室に流れる映像を見ていると「もしもリタイアしたい場合は…」と、注意事項が書かれていました。リタイアって、そんなに怖いの!? 実はホラーが苦手な私(編集きたがわ)、大丈夫かしら…(汗)。なんでも、ホラーアトラクション「コリドール」の亡者が怖すぎて動けなくなってリタイアする方もいるとか…(汗)ひえー!

 しばらくすると、「お待ちの方はこちらへどうぞ…」と静かな雰囲気のスタッフさんが奥へ案内してくれました。

奥には紫の部屋がたくさん並びます。

  部屋は体験内容によって分かれています。中へ入って、早速体験スタート!

まずは2人で遊べる「CORRIDOR(コリドール)」を体験♡

 最初に体験したのは最大2人で遊べる「CORRIDOR(コリドール)」。体験時間は準備時間を含めて約25分、対象年齢は13歳以上です。内容は廃墟になった恐怖の洋館コリドールの中を歩いて巡り、亡者に立ち向かうというストーリー。

体験にはこちらの最新機器を使います。

 体験中は頭にVR映像と音声を再現するヘッドセットを装着し、リュックのようにバックパックPCを背負い、手にはキーアイテムとなるランタンを持ちます。

 

なんか、未来から来た戦士みたい!?

 準備ができたら、スタッフさんの注意事項と体験の進め方を教えてもらいます。扉を開けるときやエレベーターに乗る際にランタンをかざす場所があること、足元に現れる光の道を目印に進んでいくことなど、ポイントがたくさん! ちなみにリタイアしたい場合は、手を上げ声を出してアピールしましょう。

ランタンの使い具合で進むコースも変化するそうです!

 ちなみに「CORRIDOR(コリドール)」は特にカップルに人気だそう。なぜならば、仮想現実の中で相手が見えるというだけではなく、実際に輪を持ちながら寄り添って移動しなければいけないので、二人きりの世界を楽しめるから! 羨ましい!

カップルは輪の代わりに手を繋いでも良いそうですよ♡ (今日の相棒はカレではなくカメラマンKさんなので輪を選択!笑)

 

▼実際に体験した様子はコチラ▼

 まさかこんなにグルグル回っていたとは!(笑)

 

 

▼見ている映像はこんな感じ!▼

 最後に出てくる亡霊が強烈!(涙)

 

KITAGAWA'S COMMENT(感想)
上記の映像を見てわかる通り、とにかくめちゃくちゃ怖い‼ 全身火傷したゾンビに襲われるし、髪の長い女性が前から全力疾走で噛み付いてくるし、全身から虫が出ている怪物の胃の中に入るし…(涙)。
 でも、半泣きながらに一つだけわかったことは、どんなに怖くても同伴者の存在を視覚的に認識できると、かなり心強く、楽しいということ! 仮想世界で「先に行ってよ‼」と会話ができるし、今まで聞いたことない相手の悲鳴を聞くことができるし、腰が抜けたおもしろい姿も見ることができるので、怖いよりもなんだか最後は笑えてくるのです。約25分の体験時間(準備含む)ですが、ものすごく長い時間を過ごしたような充実した非日常を体験できました。そして気になる子と距離を縮めたいな…な~んて気持ちが少しでもある人は、絶対おすすめ! ここならイヤでも距離が縮まります…(笑)

 

CORRIDOR(コリドール)の予約はコチラ👉

次は大人数でワイワイできる「FLUCTUS(フラクタス)」! 

 次に体験したのは、最大5人で楽しめる「FLUCTUS(フラクタス)」。船上を舞台に、海中を冒険していくというストーリーで、体験時間は準備時間を含めて約30分。先程の「CORRIDOR(コリドール)」とは違い、キレイなクラゲなども出てくるのでホラーが苦手な人でも楽しめます。また、対象年齢が7歳以上なので、家族でワイワイ体験できるアトラクションとしても人気とのこと!

 「FLUCTUS(フラクタス)」は船に乗って海の中を冒険するので、部屋の中も船仕様!

 

舵を使って、船の操縦を体験できます。

 

最新のVRゴーグル(VIVE Pro)を使用していて映像がキレイ! 

 このアトラクションでは、実際に代表1人が船の舵をきることができます。船が海の中に入ってから舵を回すと、船の周りの世界が回転する仕掛け。

 また、他の人は“手を振る”(大きくバイバイする感じ)ことで、霧を晴らしたり亡霊を振り払うことができます。亡霊をうまく振り払うと元(生)の世界に戻れて、亡霊をうまく振り払わないとそのまま死の世界に連れて行かれてしまうので、皆でチカラを合わせて協力し合う楽しさを味わえます!

私は船長…! みんなついてきて~っ!

▼実際に体験した様子はコチラ▼

虫ではなく、亡霊を振り払っています(笑)

 

▼見ている映像はこんな感じ!▼

美しい景色にうっとりします♡

 

 

KITAGAWA'S COMMENT(感想)
 「FLUCTUS(フラクタス)」の一番おもしろかったポイントは“喋りながら作戦会議ができる”という点でした。船が進むに連れて、巨大クラゲや亡霊が現れたりするのですが、それを一生懸命追い払ったり、「亡霊だーっ」と仲間に知らせたり。ワイワイ話しながら一体感のある冒険を楽しむことができます。さらに、海の中でキラキラと光る美しいクラゲや星が散りばめられた夜空など、うっとりする景色も登場するので、美しい景色の中にいる“映画の主人公”のような気分も味わえます♡ 
「CORRIDOR(コリドール)」よりも「FLUCTUS(フラクタス)」のほうが、VR体験が初めてという人でも気軽にチャレンジできる内容です。例えば男女4人で「TYFFONIUM(ティフォニウム)」に遊びに行って、最初に「FLUCTUS(フラクタス)」を体験して皆でワイワイ和んでから、「CORRIDOR(コリドール)」で2:2に分かれてドキドキ急接近…! なんていう使い方もアリだな…なんて思います(笑)

FLUCTUS(フラクタス)の予約はコチラ👉

 いかがでしたでしょうか? 次のお休みはお台場の「TYFFONIUM(ティフォニウム)」で非日常の体験を味わってみてください~!