asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

[PR]

ひまわり迷路だけじゃない🌻今夏はフォトジェニックだらけの成田ゆめ牧場へ📷

WRITER:岩本和代
SHARE THIS ARTICLE

千葉県にある成田ゆめ牧場には今年も、あの「ひまわり迷路」が登場します。過去最多となる11万本のひまわりが咲き誇る今年は、過去に訪れたことのある人はもちろん、今シーズンに何度来ても楽しめるさまざまな仕掛けが施されているようです。

お得なチケットはこちら

開花時期は2カ月間!夏休み中、いつでも満開に出会えます🌻🌻🌻

太陽に向かって元気に咲き誇るひまわり。晴れた日に咲いたひまわりならば、午前中は順光で、午後は逆光で写真が撮れます。

 通常ひまわりは1週間ほどで散ってしまいますが、成田ゆめ牧場のひまわり迷路は、全部で8会場あり、会場ごとに満開の時期がずれるよう植えられています。時期によって開催会場が替わるため、7月上旬から8月下旬までの約2カ月間、いつでもひまわりを楽しむことができるのです。

 

今年はひと味違う!?  会場ごとにテーマが変わる!リピート必至!!

ひまわり迷路内は、もちろんどこでも撮影OK! 一見どれも同じに見えるひまわりも、よく見ると一つひとつ個性的な顔つきをしています。

 8会場あるひまわり迷路、何とすべての会場(期間)で異なるテーマの演出がなされます。第1会場のひまわりが咲くのが7月第1週の週末ごろ。そこから順次、第2会場、第3会場……と続いていき、8月末に第8会場のひまわりが咲き誇る、という予定になっています。

 まず第1会場はオーソドックスなひまわり迷路。入り組んだひまわり畑の中を歩き、スタンプを探します。スタンプラリーを完成させると牧場内で使えるアイスの割引券がもらえます。

 続く第2会場のテーマは「出張ふれんZOO」。牧場内にいる羊やヤギがひまわり迷路に遊びに来るという、動物好きにはたまらない企画です。おすすめのフォトスポットは、迷路内に架かった特製の「ヤギ橋」。ヤギが橋を渡る際に撮影すれば、インスタ映えしそうな写真が撮れる予感がします。

 第3会場のテーマは「コスプレ迷路」。成田ゆめ牧場では、写真撮影のために多くのコスプレイヤーが来場することから、今年はあえてコスプレをテーマにした会場を用意したそうです。迷路の奥には貸し切りで撮影できるスペース(要電話予約)も用意されているので、思う存分写真撮影が楽しめます。

 第4会場のテーマは「ガチひまわり迷路」! 昨年までは老若男女問わず楽しめるようにと、迷路はやさしいレベルに設定されていました。ですが、「迷路が簡単すぎる」、「もっと難しい迷路に挑戦したい」という声も多かったそうで、今年は難易度の高い迷路が登場します。

 第5、第6会場では、虹とシャボン玉をテーマに幻想的なひまわり迷路を演出! こちらもインスタ映えしそうな写真がたくさん撮れること間違いなしです。 

トロッコ列車に乗車しながら鑑賞できるのがこの会場の特徴。乗車時間約5分、定員は大人で20名です。(500円)

 第7会場のテーマは、ハートがいっぱいの「ラブラブひまわり迷路」。カップルや可愛いモノが大好きな女子にはたまらない会場となっています。

 そして最後の第8会場は……秘密!だそうです。ただ、会場面積は他よりも広く、1会場最多となる約2万5千本のひまわりが楽しめるとのこと。

 また、ひまわり迷路とは別に「ひまわり散歩」という企画も7月下旬から開催予定。『ムーランルージュ』など普段なかなか目にすることのできない品種のひまわりが、第5・6会場付近(迷路外)をはじめとした場内各所で見られます。ちなみに背丈3mを超える品種『コング』の「ひまわりトンネル」も登場予定!

品種名:ムーランルージュ

 ひまわり迷路は時期によって開催会場が異なります。また、ひまわりは天候や気温によって開花のタイミングが前後するので、目的の会場(演出)がある場合は、事前に成田ゆめ牧場まで問い合わせてから訪れるのがいいかもしれません。

 

お得なチケットはこちら

 

ひまわり迷路だけじゃない!たくさんのフォトジェスポット。

 可愛い動物たちが、愛嬌たっぷりにお出迎えしてくれます。







 フォトジェニックな場所はひまわり迷路だけではありません。成田ゆめ牧場では、たくさんの動物たちが、いろいろな表情を驚くほど近くで見せてくれるのです。

 注目は「手のひらハウス」に加わった、ハリネズミ、チンチラなどの小動物たち。ただし会える時間帯が決まっているので、ホームページを事前にチェックするのを忘れずに!

 もうひとつ、ゼヒおすすめしたいのが、牧場内のレトロ空間です。

牧場のスタッフさんも気づいていないような、レトロでフォトジェニックな場所があちこちに。

  成田ゆめ牧場は創業約130年! あえて牧場内のレトロな部分に注目し、フォトジェニックな写真を撮るのは、フォトグラファーとしての腕の見せ所です。

 他にも、各所に咲く手入れの行き届いた花々や、趣向が凝らされたレストランのメニューも、撮影しがいのあるポイント。写真好きな人なら、夏休みのレジャー計画に「成田ゆめ牧場」はハズせませんね。

キャンプ場も併設してるから!?「飯盒パスタ」なんていうメニューもあります。

  そうそう、成田ゆめ牧場といえば欠かせない名物があります。それは、テレビでも多く取り上げられているソフトクリーム。

濃厚な味わいのソフトクリームは食べなきゃもったいない!

  明治20年から酪農を続けている成田ゆめ牧場は乳製品も評判。ソフトクリームはこれだけのために訪れる価値があるほどのおいしさですし、お土産として人気のパンやチーズも絶品です。ひまわり迷路の開催期間中は各レストランで特別メニューも用意されるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ひまわり迷路の開催時期だけ味わえる限定メニュー「ひまわりカレーライス」。


取材班おすすめの時間帯


●本命
 少しだけ早起きして午前中に成田ゆめ牧場を訪れれば、太陽に向かって咲き誇るひまわりを順光で撮影できます。夏休み期間中でも午前中は比較的空いているので、その点でも魅力です。ひまわり迷路を楽しんだ後は牧場内で撮影をしたり、ソフトクリームを食べたり。ランチをとって、次の目的地(近くに酒々井のアウトレットもあります)に向かいましょう。

●対抗
 海やショッピングモールなど、別の場所で遊んだ帰り道に立ち寄るパターン。閉園は17時なので、15時ぐらいには到着しましょう。ひまわりは逆光になりがちですが、撮り方によっては印象的な写真にできるので、写真上手には持ってこいかもしれません。

●大穴
 大穴はお昼ごろ。大穴といいつつ実は最も一般的な来場タイミングで、人が多めです。晴れた日は気温もかなり上がるので、熱中症対策を忘れずに!

左上:成田ゆめ牧場の入場ゲート。右上:入って左手にあるインフォメーションセンターとギフトショップ。中:入口の先に広がるエントランススペース。左下:「COWCOW」というショップには、おしゃれでかわいい雑貨が並びます。右下:入口近くには2つのレストラン「ピザタイム」と「チーズフォレスト」があります。

お得なチケットはこちら

施設情報

  • 成田ゆめ牧場
  • 千葉県成田市名木730
  • 公共交通機関でお越しの方:JR「滑河駅」から無料シャトルバス利用可 車でお越しの方:圏央道「下総IC」から約2分
  • 9:00~17:00(最終受付16:00)※12~2月は冬季営業時間(詳細は公式ホームページを参照)
  • なし
  • 駐車料金:600円(普通車)・1,100円(大型車) ・300円(二輪車)※土日祝および夏休み等は、駐車場入り口での現金支払いのみ
  • 0476-96-1001
  • http://www.yumebokujo.com/

INFORMATION

クレジットカード
クレジットカード
利用可(一部利用不可)
レストラン
レストラン
あり
飲食物持込
飲食物持込
可(一部制限あり)
売店
売店
あり
ベビーカー貸出
ベビーカー貸出
あり
授乳室
授乳室
あり
おむつ台
おむつ台
あり

ENTRANCE FEE

大人
大人
¥1,400
大学生
大学生
¥1,400
高校生
高校生
¥1,400
中学生
中学生
¥1,400
小学生
小学生
¥700
未就学児
未就学児
3歳以上:¥700 3歳未満:無料
その他
その他
大型犬:¥1,500 中・小型犬:¥1,000