asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

那須、四天王!子連れ家族におすすめは、りんどう湖?どうぶつ王国?ハイランド?サファリ?

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

小旅行の目的地として不動の人気を誇る那須は、子供のいる家族が楽しめるレジャー施設が充実したエリアです。その中でも「那須のテーマパーク四天王」といわれている!?のが、「那須りんどう湖レイクビュー」、「那須どうぶつ王国」、「那須ハイランドパーク」、そして「那須サファリパーク」。今回は那須におでかけを考えているパパママのために、子供を「大きい」、「小さい」の2つに分けておすすめをまとめてみました。

INDEX

 

 

 

全年代対応型の「那須りんどう湖レイクビュー」

ロイヤルリゾートらしく、ゆったり、優雅に。那須唯一の湖を眺めながら、のんびり過ごしましょう。
流行の「レインボーカラー」が、那須りんどう湖レイクビューにも。

 那須唯一の湖 「りんどう湖」を囲むテーマパーク「那須りんどう湖レイクビュー」は、牧場と体験施設と遊園地と広場がひとつになったような場所。

 かつては「りんどう湖ファミリー牧場」という名前で親しまれていましたが2014年に名称変更。2018年4月にはAirwheel(エアホイール)やVRなど新しいアトラクションが追加されるなど、今も進化を続けています。

 そんな「那須りんどう湖レイクビュー」は、「過ごす」という言葉がぴったりな雰囲気。アトラクションや乗り物で遊び尽くす!というよりは、家族との絆を深め、穏やかに過ごす時間を大切にしたくなる場所です

 

 

10歳以上の子におすすめ!「那須りんどう湖レイクビュー」のアトラクション

 のんびり過ごしたい那須りんどう湖レイクビューですが、せっかくだからやっておきたいアトラクションも。激しい系からほのぼの系まで幅広くそろっているので、どんな年代にも、どんな好みにも対応できるようになっています。

 

ジップライン-KAKKU-

湖上をワイヤーで滑空する「ジップライン~KAKKU~」。料金は1000円(とくとく乗り物券は利用可)。※体重25kg~90kgが対象

 片道220mもある、日本最長クラスのジップライン。湖上滑空は世界初で、ここだからこそのワクワクドキドキを体験できます。二人同時にスタートできるので、親子で一緒に滑空すればいい思い出になります。

 常に人気のアトラクションなので、連休や夏休みは長い行列ができるかも。入場したらしたらまっ先にココを目指しましょう。

 

VR Dream Match Baseball

ジップラインのそばにあるゲーム施設に加わった新しいアトラクションです。料金は1000円(とくとく乗り物券は利用不可)。

 日本球界最速165kmを体験してみませんか? 投げる人もすごければ、これを捕る人も、打つ人もすごい。まさにプロ野球選手のすごさを体感できるVRコンテンツです。

 ブースは2つあるので、親子で一緒にプレーすることも、別々に挑戦してお互いのプレーをチェックすることもできます。

 

Airwheel(エアホイール)

身長150cm以上、体重95kg以下が条件。料金は1000円(とくとく乗り物券は利用不可)。

 電動動二輪車Airwheel(エアホイール)は、航空機の姿勢制御理論を採用した乗り物。 体重をシフトすることによって前進加速、減速、ブレーキのコントロールができます。

 エアホイールで親子で湖畔をお散歩するのもいいですが、4人以上であれば同じ場所で借りられる6人乗り自転車をレンタルするのもいいかも。エアホイールとは打って変わってアナログな乗り物ですが、「家族の結束が高まる!」と大人気です。

 

9歳以下の子におすすめ!「那須りんどう湖レイクビュー」のアトラクション

 小学中学年以下の子供は、さまざまな動物とのふれあいができる牧場エリアと、そのすぐ隣にある忍者アスレチック周辺が遊び場所の中心になりそうです。

 

忍者アスレチック 忍者の里

小学生以上は1000円。親子セット(小学生未満1名+保護者1名)は1300円。

 二つの巨大なジャングルジムに加え、木製のアスレチックも多数用意されたエリア。「忍者修行」というコンセプトの遊具で、子供たちが開放的に遊びます。

 部分的に狭かったり、暗かったりとやや難易度が高いところもあり、一人で楽しめるのは小学生以上。小学生以下は保護者同伴が必須です。

 

牧場おしごと体験

体験料は1000円。定員は20名で、開催日前日までに電話での申し込みが必須です。

 動物たちにエサをあげたり、ブラッシングをしたり、ショーの準備をしたりと、牧場のお仕事を体験できるプログラム。エサあげ体験や乳搾り体験は一般的ですが、それよりももっと実際の牧場スタッフさんに近い作業を体験させてもらえます。

 1時間じっくりお仕事をするので、終わったころにはひと回り成長したお子さんの姿が見られるかも。一人ひとり修了証をもらえるのもうれしいポイントです。

 

Cloudy Cream(クラウディクリーム)

牧場といえば、忘れちゃいけないソフトクリーム!1個500円。

 夏の入道雲のようにモクモクとしたソフトクリーム。取材したライターが「これまで食べたソフトクリームの中で一番おいしい!」と叫んだその味をぜひ親子で楽しんでください。

 牧場にいるジャージー牛のミルクをつかったソフトクリームはもちろん、まっ白なコーンにもこだわりが。少し塩をきかせた味にすることで、濃厚なクリームの甘さがさらに引き立つようになっています。

 

 

那須りんどう湖レイクビューのランチは「Mekke!」

 那須りんどう湖レイクビューで、ランチといえば、「Mekke!(メッケ)」。那須りんどう湖レイクビュー入り口の隣にあり、那須りんどう湖レイクビューに入場しない人でも利用できるようになっています。

 

ステーキとデザートは食べなきゃもったいない!

できたばかりの店内はピカピカ! ファミリーからデートまで、幅広い世代に愛されています。
例えばこんな感じで。ブッフェなので、好きなものを好きなだけどうぞ。


  ランチブッフェの営業時間は、11:00~15:00(最終受付13:30)まで。制限時間は90分で、平日は大人2,700円、小学生は1,890円、3歳~未就学児は1,350円です。土日は同じく税別で大人3,000円、小学生が2,100円、3歳~未就学児が1,500円(すべて税別)となります。夏休みの営業は那須りんどう湖レイクビュー公式HPから確認してください。


 ステーキだけでなく、他の料理も絶品!特に牧場の乳製品を使ったスイーツは、甘党ならずとも食べておきたい逸品です。

一口サイズで食べやすいデザートが揃います。もちろんお味も♡

 

那須りんどう湖レイクビューの基本情報

10歳以上の子と一緒!那須りんどう湖レイクビューを【2000円以下】で楽しむには?

https://asoview-trip.com/article/12719/

0~9歳|那須りんどう湖レイクビューを【1000円以下】で楽しむには?

https://asoview-trip.com/article/12718/

 

 

のんびり派&動物好きには「那須どうぶつ王国」

ニュージーランドやオーストラリアにでも来たかのようなランドスケープ。
と思ったら、舗装され、屋内動物園が並ぶ都会的なエリアも。

 驚かされるのは、圧倒的な空の広さとヌケのよさ。那須高原の中でも標高が高めの場所にあるため、晴れた日には素晴らしい景観が目の前に広がります。

 「那須どうぶつ王国」は、そんな絶好のロケーションを生かした「王国ファーム」と、雨でも冬でも楽しめる屋内エリアを中心とした「王国タウン」で構成される動物のテーマパーク。2018年3月に新設された「ウェットランド」には、ハシビロコウやジャガーなどの人気動物が仲間入りしました。

 そんな「那須どうぶつ王国」は、「かわいい動物が大好き!」というファミリーでのお出かけに最適。動物との距離の近さはきっと予想以上! パパママも童心にかえって楽しんでしまうことでしょう。

 

 

10歳以上の子におすすめ!那須どうぶつ王国のマストはココ!!

 とても動物との距離が近いのが那須どうぶつ王国の最大の特徴。動物好きな人にとっては最高の環境です。

 

ハシビロコウ

恐竜の時代? と思ってしまうぐらいの大きな鳥。

 ”動かない鳥”とも呼ばれるハシビロコウ。ウェットランドで1、2を争う人気者です。

 背丈は1メートルを超えるほど大きいので、子供のみならず大人でさえもちょっと怖がってしまうかも。ですが、とても穏やかでゆったりした鳥なので、至近距離まで近寄れます。

 

ジャガー

大きく、凛々しく、美しいオスのジャガー。二回りぐらい小さいメスもいます。

 ハシビロコウと並ぶウェットランドの人気者。ジャガーの動けるスペースを奥行きではなく横幅で広く確保したことで、常に近くでジャガーを見られるようになっています。

 ちなみにこちらで暮らしているのは、大きくて立派なオスと、ちょっと小柄なメス。時間は不定ですが、ガラスに空いた穴からエサをあげるタイミングがあるので、その時は必見! 肉食獣らしい姿を垣間見られます。

 

バードパフォーマンスショー

那須どうぶつ王国のショーは、動物が動物らしくあるために、トレーニングも兼ねているのです。

 鳥たちが大空を舞う大迫力の「バードパフォーマンスショー」。大型のハクトウワシや、美しいコンゴウインコなど、さまざまな鳥が特技を披露してくれます。

 「バードパフォーマンスショー」で鳥たちは客席を縦横無尽に飛び交うので、どの席に座っても迫力のある姿を見られます。

 

9歳以下の子におすすめ!那須どうぶつ王国のマストはココ!

 小さい子供のいるファミリーには牧場エリア「王国ファーム」がおすすめ! お散歩しているだけでも気持ちよく、動物たちものんびりとくつろいでいます。

 

アルパカ

アルパカといえば白のイメージですが、いろいろな色の子たちがいます。

 0歳から9歳ぐらいまでの子におすすめなのは、広大な敷地を生かした牧場エリアの「王国ファーム」。羊や馬、ラクダなど、さまざまな動物たちがのびのびと暮らしていますが、必見は「アルパカの丘」にいるアルパカたち。

 ふわふわモコモコの毛が特徴のアルパカ。毛の重量だけで5〜10kg以上もあるといわれています。臆病な性格で、いきなり触って驚かせると唾を撒き散らしたりするので注意! 触るときは首や背中をゆっくり撫でるようにするが仲良くなれるポイントです。

 

カピバラ

安心してください、生きてますよ。撫でられ、ゆるみたい放題のカピバラちゃん。かわいすぎる!!

 王国タウンでは珍しい屋外施設のカピバラの森で、ぼんやり&のんびりした仕草や表情で人気のカピバラを触れ合いませんか?

 もちろん撫でてあげても大丈夫! コツはいきなり頭を触ろうとせずに、お尻の方から優しく撫でてあげること。心を許してくれたのかゴローンと寝転んでリラックスモードになってくれます。

 

猫のショー「ザ・キャッツ」

綱渡りをしたり、障害物を乗り越えたり、息の合ったコンビネーションを見せてくれたり。猫のポテンシャルに驚かされる30分です。

 猫好きならずとも、那須どうぶつ王国を訪れたらぜひ観ておきたいのが世界的にも珍しい猫のショー「ザ・キャッツ」。いろいろな種類の猫が、遊びながら特技を披露してくれます。

 大人気のショーなので、平日でも開場前に行列ができるほど。席は、「最前列の猫マークのある席」、「一般的な最前列」、「中央のスロープ際」、「上に張られたロープの真下」が狙い目です!

 

那須どうぶつ王国の基本情報

那須どうぶつ王国に行く前に!ジャガーやハシビロコウ、猫のショーなど!!割引券もあります

https://asoview-trip.com/article/10171/

 

 

ハシャぎたいなら「那須ハイランドパーク」

那須ハイランドパークは、乗って、乗って、乗りまくる! 迷わずフリーパスを買いましょう。

 「那須ハイランドパーク」は、50種類近い数の乗り物やアクティビティが楽しめる遊園地です。10大コースターをはじめとし、ハイクオリティな乗り物がたくさんそろいます。。 

 また、2018年3月にオープンした、屋内複合施設「NOBORUNGMA(ノボランマ)」は、日本初の「デジタルボルダリング」と「クリッピンクライム」、「エクストリームラン」を楽しめる施設。

 そんな「那須ハイランドパーク」は、やはり乗り物系アトラクションを思う存分楽しめる小学生以上の子供がいるファミリーにおすすめ。もちろん未就学児が遊べるアトラクションもあるので、弟妹ちゃんがいてもOKです。

 

 

10歳以上の子におすすめ!那須ハイランドパークのアトラクション

 コースター系は身長制限があるものがほとんど。F2でも130㎝あれば乗れるので、小学中学年ぐらいになればほとんどのマシンにはチャレンジできそうです。

 

ビッグバーンコースター

景色のよさもウリ!ではありますが……。身長制限は120㎝以上。

 大きなループと青いレールが目印の「ビッグバーンコースター」。「ファーストドロップ」と呼ばれるはじめの落下は最大傾斜角75度あり、ジェットコースター好きの人々からも高い評価を受けています。

 コースターが高いところにのぼった時に見える風景は息をのむほどの絶景ですが、果たしてそれを楽しむ余裕があるかどうか……。

 

F2

写真を上下逆に張ってしまっているわけではありません。身長制限は130㎝以上。

 うねうねした紫色のレールが目印の「F2」。こちらは足のつかないシート(スキー場のリフトのように宙吊りになった状態)に座るパターンのコースターです。

 走行中は足がぶらぶらした状態なので、普通のジェットコースターとはまったく違う感覚。坂を下りるというより、まるで飛んでいるように感じられますが、それを爽快と感じるか、恐怖と感じるかはあなた次第です!笑。

 

スピンターンコースター

クルクル回る座席。うしろのカートに乗る人たちと、ひょっこりはん的な感じになることも。身長制限は110㎝以上。

 黄色のレールが目印の「スピンターンコースター」。可愛らしいコロンとしたフォルムからは、絶叫マシンの雰囲気はあまり出ていません。

 実際、走行ルート自体は上の二つに比べると緩やかなのですが、こちらはクルクルと回転しながら進むため、また違った怖さがあります。

 

9歳以下の子におすすめ!那須ハイランドパークのアトラクション

 未就学児でも遊べる場所たくさんあるのが那須ハイランドパークのいいところ。新しく仲間入りをした屋内施設「ノボランマ」のほか、一番人気の「リバーアドベンチャー」などもOKです。

 

ノボランマ

今春にオープンしたばかりの新施設。雨の日でも楽しめる屋内型です。

 2018年3月21日にオープンした、屋内複合施設「NOBORUNGMA(ノボランマ)」。日本初の「デジタルボルダリング」と「クリッピンクライム」、「エクストリームラン」を楽しめます。

 デジタルボルダリングとクリッピンクライムは100㎝以上の身長制限がありますが、エクストリームランは3歳以上ならOK! 兄弟で一緒に楽しめるアトラクションです。

 

リバーアドベンチャー

一番人気のアトラクションは、小さな子供でも一緒に乗れます。

 那須ハイランドパークの種類豊富なコースターの中でも一番人気は「リバーアドベンチャー」。秘境を思わせる摩訶不思議な外観が目印です。

 時には緩やかに、時には激流に揉まれながら、予想もつかない動きで下ります。決まった向きやコースがないので、何度乗っても新鮮な気分で楽しめます。

 

観覧車

遊園地のシンボルといえばやっぱり観覧車。パステルカラーで彩られています。

 那須ハイランドパークに来たらフリーパスを手に入れてとことん遊び尽くすのがおすすめですが、ゆったりとするひと時も忘れずに。

 最高点は標高634mもあり、眺望抜群です。絶叫ライドに疲れた時に、ちょっとひと息つくのにも良さそうです。

 

那須ハイランドパークの基本情報

那須ハイランドパークは日帰りでここまで楽しめる!必ずおさえたいスポットや回り方を完全紹介

https://asoview-trip.com/article/12073/

 

 

初体験が目白押しの「那須サファリパーク」

自由に過ごす動物たちの暮らしの中に入っていきます。
動物たちに取り囲まれるという非日常体験を!

 那須サファリパークでは、ホワイトライオン、キリン、カバなど、約70種700頭羽の世界の動物が暮らしています。マイカーかライオンバスかを選んだら、いざサファリゾーンへ!

 もうひとつの注目は、昨夏に誕生した「ワイルドライド」。金網で囲われた特製バスに乗ってサファリゾーンを探検し、ライオンや草食動物に餌付け体験ができる新感覚のバスツアーです。

 そんな「那須サファリパーク」は、ライオンやキリンが大好きな子供のいる家族が特に楽しめそう。いつもの動物園で見るライオンとは、ちょっと違った角度から観察ができるハズです。

 

 

10歳以上の子におすすめ!那須サファリパークの楽しみ方

 昨夏に登場したばかりの「ワイルドライド」と根強い人気の「ナイトサファリ」は、普段はなかなか目にすることのできない貴重なシーンを見られるかも。

 

ワイルドライド

ライオンが肉食獣であることを改めて思い出させてくれる。それぐらいの迫力があるスペシャルバスツアーです。

 2017年の夏、「那須サファリパーク」に誕生した「WILD RIDE(ワイルドライド)」は、金網で囲われたバスに乗ってサファリゾーンを探検し、ライオンや草食動物に餌付け体験ができる新感覚のバスツアー。

 うなり声や息づかいまでがワイルドに体感できる(言い換えれば、かなり迫力がある)ので、参加者は小学生以上に限定されているサファリバスです。

小学生以上限定!大迫力すぎるライオンと出会える「ワイルドライド」をレポート

https://asoview-trip.com/article/12398/

 

ナイトサファリ

那須の夜は日中に比べると涼しくなるので、おでかけもしやすいです。

 動物の暮らすエリアに車で入るという体験は、普通の動物園ではなかなかできないことですが、「夜に動物と会う」というナイトサファリはもっと貴重な体験。

 ライオンやトラなど夜行性動物の生態をナイトバスで探検! 暗闇の中から現れる野生動物たちに子供から大人までわくわくドキドキの連続です。

 

9歳以下の子におすすめ!那須サファリパークの楽しみ方

 マイカーでまわるのもいいですが、せっかくならライオンバスにのって家族時間を楽しみませんか?

 

ライオンバス

ライオンバスはライオンの他、ホワイトタイガーなどのデザインもあります。

 子供ならずとも乗りたくなってしまうルックスの専用サファリバス。マイカーやレンタカーでの入園と異なるメリットは、音声ガイドではカバーできない旬の情報やなどをガイドさんが案内してくれる点です。

 キリンやゾウへのエサやりもしやすく、大人も子供も一緒になって楽しめるので、親子での参加はやはりライオンバスがおすすめです。
 

 

 

那須サファリパークの基本情報

 

 いかがでしたか? 那須テーマパーク四天王にもそれぞれの良さがあり、それぞれの楽しみ方があります。子供の好みや年齢に合わせて、ベストな目的地を選んでくださいね!