初めての釣り体験!初心者が知っておくべき釣りのマナー3つのポイント

  • 323 |

これから釣りに挑戦してみたいと思っている方は、海や川での独特のルール・マナーを知っておきたいと考える方も多いのではないでしょうか。ここでは、初めて釣りに出かける前に予習しておきたいルールとマナーについてご紹介します。

自然に感謝する気持ちを持って釣りをしよう

釣りは自然を満喫できるアウトドアアクティビティ。楽しませてもらっている自然に対して、敬意を忘れないようにしましょう。
当然のことですが、釣り終わった後は、周囲をしっかりと片付けゴミを残さないようにしましょう。また、マキエがこぼれてしまった場合は、しっかりとバケツの水で流すなど現状復帰は必須です。
小さな魚や、自分が狙っていた魚以外のものなど、持ち帰らない魚は必ず海に戻しましょう。釣った魚をそのまま陸に置いておくなんてもってのほかです。

周囲の人の迷惑にならないように気をつけよう

釣り場では、いろいろな人と出会え、時にはコミュニティができることもあります。楽しい面もありますが、一方で周りの人に迷惑がかからないように配慮が必要です。
釣り場は先客優先。自分が狙ったポイントがあっても、隣の人とは十分なスペースをとって釣りを始めましょう。また、先にいる釣り人がいれば、あいさつをするようにしましょう。
ルアーを投げる時には、背後に人がいないか確認することも大切です。
当然のことながら、迷惑駐車は禁止です。また、大声や騒音は魚が逃げてしまう原因にもなりますので、注意しましょう。

釣り場特有のルールを守ろう

釣り場は釣り人だけのものではなく、地元の漁師の仕事場でもあります。釣り場によっては漁業組合によってルールが定められている場合がありますので、注意しましょう。
例えば、特定の海産物は持ち帰ってはいけないというルールがあることがあります。釣果を持って帰ってよいかどうか迷った場合は漁協に確認するか、地元の人に訊いてみるとよいでしょう。
また、ライフジャケットは身につけるようにしましょう。万が一釣り中に海に落ちてしまったら溺れてしまう可能性もあります。
最後に、天候が悪くなったら無理に釣りを続けることは避けましょう。自分の身を守るためのルール、しっかりと守るようにしましょう。

ページTOPへ

このページのTOPへ