初めての釣り体験!釣りの道具について予習しておこう

  • 511 |

釣りに必要な道具といえば、釣り竿と釣り糸のイメージが強いのではないでしょうか。釣り竿と釣り糸の他にもいろいろと専門的な道具をつかって、魚を釣るための「仕掛け」を作ります。
ここでは釣りに必要な道具について、簡単に解説をします。

魚を釣る「仕掛け」を作っているパーツについて

「仕掛け」とは、釣り竿に様々な道具をセットして魚を釣る道具の形にしたもの。
釣り竿に、釣り糸を巻くリールと釣り糸をつけたものをこう呼びます。
釣り糸には、竿で糸を操作しやすいようにウキやオモリがついています。その先にはエサがついた釣り針がついています。
仕掛けを作るそれぞれのパーツにはバリエーションがあり、さまざまな大きさや特徴をもつ種類があります。
狙う獲物によってパーツの組み合わせを考えて仕掛けを作るのも、釣りの楽しみのひとつです。

意外と複雑な釣り糸の仕組み

釣り糸は、ただの1本の糸ではないということは、意外と知られていないのではないでしょうか。
基本的な仕掛けに使う糸は、「道糸」というリールにぐるぐる巻いてある糸と「ハリス」という魚から見えないような細い糸の2本から成ります。
道糸とハリスは「ウキ」と呼ばれる道具で接続されています。ウキはハリスの先端が沈みすぎないようにする役目と、ハリに魚がかかった時にすぐに気付けるようにする役目があります。
ハリスには、糸を適正な深度に保つためのオモリと、魚をひっかけるためのハリがついています。
一口に釣り糸と言っても、なかなか複雑な作りになっています。それぞれのパーツにしっかりと意味があるので、理解をしておくとよいでしょう。

仕掛け以外に釣りに必要なもの

仕掛けの他には釣った魚を入れるクーラーボックスか袋、バケツ、エサなどが道具として必要です。これらのものを一気に全て準備するのは大変ですよね。釣り体験に参加すれば、釣りに必要な道具は全てレンタルできます。また仕掛けの準備も、手慣れたスタッフが対応してくれるので安心して釣りに挑戦することができオススメです。

ページTOPへ

このページのTOPへ