釣りの前に要チェック!天気と釣りの不思議な関係とは?

  • 535 |

釣り体験に限らず、アウトドアレジャーに出かける時は天気予報を気にかけますよね。でも釣りの場合は、晴れか雨か以外にもいろいろと気にするべきポイントがあります。ここでは、釣りに行く時にチェックするべき気象関連の情報についてまとめました。

天気は魚の釣れやすさに影響する

実は、天気が悪いと魚が釣れやすくなります。
天気が悪くなる、すなわち低気圧になるということは水中の気圧が下がるということ。
水中の気圧が下がると、魚は自分の身体が軽くなったように感じ、活動が活発になります。そうなると、食欲も旺盛になるようで、普段よりもエサをたくさん食べるようになるのです。このため、悪天候時の魚は釣り針に誘惑されやすくなります。
加えて天候が悪い時は、魚の視界が暗くなるので釣り糸が見えづらくなったり、雨音で人の気配が消えたりするため、それらも魚が釣れやすくなる要因と言われています。
ただし、雨がたくさん降ると真水が大量に海に流れ込むので海面の塩分濃度が薄まります。これは水潮と呼ばれる状況で一部の魚はこの状況を嫌います。悪天候は、狙う魚の種類によっては悪い条件になってしまうことも覚えておきましょう。

天気以外に気にする気象情報

天気以外にも多くの釣り人が気にかける気象情報があります。
まずは、波の情報。波によって釣具や釣り場を変える必要がある場合があります。また波の情報は、沖釣りの場合は船が出航できるかどうかにも影響をします。
波と深い関わりがある風の情報も重要です。風によって使う釣り糸を変える必要があるためです。
また、日の出・日の入りの時刻にも注目しましょう。この時間帯は朝マズメ、夕マズメと呼ばれ魚が釣れやすい時間と呼ばれているためです。

自分の身を守るための安全に配慮を

低気圧の方が魚が釣れやすいとは言え、悪天候の中の釣りは厳禁です。荒れている海に落ちてしまったら、ほぼ助からないと考えてください。
釣りは楽しいアウトドアレジャーですが、夢中になりすぎて事故に巻き込まれることのないように、しっかりと配慮しましょう。

ページTOPへ

このページのTOPへ