初めての釣り体験!知っておきたい釣りファッションのポイント

  • 2281 |

釣りというと、ポケットがいっぱいついたベストを身につけたおじさんのイメージが強いのではないでしょうか。最近はおしゃれをしながら釣りを楽しんでる人たちもたくさんいます。ここでは、釣りファッションを楽しむために知っておきたいポイントをまとめました。

夏は紫外線、冬は寒さ対策が重要

釣りはほぼ日陰のない空の元で楽しむアウトドアレジャーです。夏は紫外線対策が必須です。夏は紫外線を避ける事ができる長袖を着用しましょう。足は全体を覆うことができるように長ズボンを着用するか、ショートパンツにスパッツを合わせるのもオススメです。
冬は、寒さを防ぐことを意識した服装を選びましょう。夜釣りに参加する釣り人の中には、スキーウェアを活用している人もいますが、日中の釣り体験に参加する場合であれば、多少汚れても気にならず、外にいて寒くない服装であれば問題ないでしょう。

動きやすさ重視の服装で

釣りは激しい運動をすることはありませんが、動きやすい服装を意識しましょう。魚が釣れた時に素早く反応できるように、動きを制限しないような服装を意識するとよいでしょう。具体的には、夏フェスに行くようなアウトドアファッションであれば問題ないです。また、全身109で揃えたファッションで釣りに出かける釣りガールもいるそうなので、手持ちの服を工夫して活用することも検討してみてください。
釣りファッションは、動きやすく、汚れてもすぐに洗濯できるような服であれば大丈夫。普段着もどんどん活用できます。

足元はおしゃれな長靴に挑戦してみよう

足元はスニーカーであれば問題ありません。ぬかるんでいる場所に行く場合や、船に乗る場合は、足元が濡れてしまうのを予防するために長靴で参加するとよいでしょう。最近では、おしゃれな長靴がたくさんあるので、釣りファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。おしゃれな長靴は釣りだけではなく、雨の日の通勤通学に普段使いもできるのでオススメです。

ページTOPへ

このページのTOPへ