3歳からできる!子どもと一緒に舞妓体験をする時に知っておきたい3つのポイント

  • 1052 |

家族旅行の特別な記念に、舞妓体験の写真を残すのはいかがですか?舞妓体験は大人の女性だけのもののように感じるかもしれませんが、実は家族全員で楽しむことができるのです。ここでは、子どもと一緒に舞妓体験をする時に知っておくとよい3つのポイントをまとめました。

家族で和装に変身できる

舞妓体験を提供している主催者の中には、家族で和装を楽しむことができるプランが準備されていることもあります。
お母さんと娘さんは舞妓さんに、お父さんと息子さんは侍姿や袴姿に、などという変身が可能です。お母さんが芸姑さん、娘さんが舞妓さんなんていう組み合わせもステキですね。
家族で和装に着替えて花街を散歩するのは、ステキな思い出になること間違いなしです。

記念撮影をして、おじいちゃんおばあちゃんにプレゼント

舞妓体験には、プロのカメラマンによる記念撮影がついているプランがほとんど。最近だと、家族で写真館に出向くことなど滅多にないですよね。舞妓体験で和装した姿を記念に撮っておけば、家族写真としてもインパクト大です。
この写真を普段なかなか会うことができないおじいちゃんやおばあちゃんに送れば、喜ばれること間違いなしです。
普通とはちょっと違った家族写真で、家族の思い出を記録してみてはいかがでしょうか。

いつも持っているおもちゃを持っていこう

舞妓体験のスタッフは、子どもにメイクをしたり、着物を着付けたりすることに非常に慣れています。安心して参加することができるでしょう。メイクや着付けの間にお子さんが落ち着いていることができるか不安な場合は、いつも遊んでいるおもちゃやぬいぐるみなどを一緒に持って行くとよいでしょう。
いつも遊んでいるおもちゃを持参すると、記念撮影で一緒に映ることができるので、よい記念にもなるのでオススメです。

ページTOPへ

このページのTOPへ