秋田に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 797 |

秋田へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた秋田のおすすめのグルメを紹介します。

昔ながらのお漬物「いぶりがっこ」

いぶりがっことは、秋田県の内陸地方に伝わるお漬物のことを言います。いぶりがっことは、湯沢市雄勝地区にある漬物屋である雄勝野きむらやが売り出した名前であり、一般的にはいぶり漬けと呼びます。いぶりがっこの由来は、秋田県の方言でお漬物のことを「がっこ」と呼ぶことから来ています。いぶり漬けは、大根などの野菜を囲炉裏に吊るして燻製した後に、糠と塩につけて作られます。燻製する点を除けば、たくあんと作り方は変わりませんが、燻製することにより香りがたち、独特の風味を感じることができます。現地のグルメを食べたいという方には、おすすめの郷土料理となります。

秋田県の郷土料理である「ハタハタ寿司」

ハタハタ寿司は、秋田県の郷土料理で、魚のハタハタを使った発酵寿司のことです。ハタハタ寿司には、一匹の姿のまま、あるいは頭を切り落として漬ける「まるずし」と、切り身にして漬ける「切りずし」の2種類があり、頭を落としたまるずしが最もメジャーとして販売されています。秋田県ではお正月のひと品としてだされ、そのまま食べたり、ハタハタだけ焼いて食べるなど色々とした食べ方があります。昔ながらの郷土料理にチャレンジしたいなら、一度食べてみてはいかがでしょうか。

秋田と言えば何と言っても「きりたんぽ鍋」

秋田県のグルメと言えば、冬にみんなで囲って食べるきりたんぽ鍋を外すことはできません。きりたんぽとは、秋田県の有名な郷土料理の一つで、つぶしたお米をちくわのように杉の棒にまき、囲炉裏などで焼いて、串から外し切って食べやすくしたものを言います。このきりたんぽを鶏ガラをベースにしたスープに鍋の具材を加えて煮込んだものを、きりたんぽ鍋といいます。きりたんぽは鍋だけでなく、味噌だれをきりたんぽにつけて焼いて食べるなど様々な食べ方があり、秋田県では学校の給食でもでる有名な郷土料理となります。

ページTOPへ

「秋田」周辺の関連記事

このページのTOPへ