岩手でおすすめのお土産&スイーツとは?

  • 1137 |

岩手へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、今回は各シーンに合わせた岩手のおすすめのお土産を紹介します。

色々な味が楽しめる南部せんべい

まず初めに紹介したいのが、南部せんべいです。南部せんべいは、八戸藩地域に伝承の焼成煎餅で、小麦粉を水で練って円形の型に入れて堅く焼いて作り、にゴマ、クルミ、落花生などを加えた味もあります。最近では、かぼちゃ味やりんご、ココアなど昔ながらの味わい以外に、様々な味付けが加わっており、誰でも楽しめるお菓子となっています。色々な味が入った詰め合わせセットが各お土産売り場にて販売されているので、会社へのお土産などに使うのがおすすめです。

変わった名前のお菓子、ぶすのこぶ

変わった名前である「ぶすのこぶ」は、岩手県久慈市の老舗菓子店である「沢菊」が販売しているお菓子です。このお菓子の名前の由来は、アイヌ語が語源となっており、昔この地域にブシと呼ばれるアイヌの一族が住んでおり、ブシが訛って「ブス」と変わり、アイヌの一族が好んで集まったくぼ地(こぶ)という意味で「ぶすのこぶ」という言葉が生まれました。名前自体は非常にユニークですが、全国菓子博覧会にて大賞を獲得するなど、味も評価されています。お土産で話題を作りたい人にはおすすめのお土産です。

岩手県民なら誰でも知ってる石割桜

石割桜とは、岩手県盛岡市の銘菓である丸藤の販売するお菓子です。石割桜は、煉乳と卵を豊富に使った丸い薄焼き煎餅にメロン・バニラ・チョコ3種類のクリームをサンドして作られたお菓子です。盛岡市にある観光名所である花岡岩の割れ目から育った、樹齢360年を超える桜の名前が由来のこのお菓子のCMは、岩手県民なら誰でも知っている有名なCMとなっております。

ページTOPへ

「岩手」周辺の関連記事

このページのTOPへ