岩手に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1227 |

岩手へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた岩手のおすすめのグルメを紹介します。

盛岡じゃじゃ麺

盛岡じゃじゃ麺とは、岩手県盛岡市でわんこそばや冷麺と並んで「盛岡三大麺」と呼ばれる麺料理の一つで、満州時代に味わった「ジャージアンミエン」を元に、盛岡民の舌にあうようにアレンジを繰り返して作られたものです。じゃじゃ麺は、中華麺とは異なり、じゃじゃ麺用にきしめんのような麺を使い、肉味噌とネギときゅうりをかけて食べられる料理となります。ここでしか食べられないB級グルメを楽しみたい方にはおすすめのグルメとなります。

わんこそば

わんこそばは、岩手県盛岡市に伝わるそばの一つで、一口大のおそばを客のお椀に入れ、食べ終わるとそのお椀に次々とそばを入れていく料理となります。わんこそばを食べる風景はテレビの大食い選手権などで見たことがある方もいると思いますが、岩手県では実際のお店でわんこそばの体験をすることができます。

盛岡冷麺

盛岡冷麺は、岩手県盛岡市で食べれる名物料理で、主に焼肉店で食べることができます。盛岡冷麺の特徴は、スパゲッティのパスタ同様、強いコシがでる製法で作られており、冷麺の辛味としては大根のキムチであるカクテキが使われる場合が多いです。また、口直しとしてりんご、梨、パイナップルなど季節にあわせた果物が載っていることも特徴の一つです。暑い夏に岩手に旅行をするなら、是非盛岡冷麺を食べてみてください。

ページTOPへ

「岩手」周辺の関連記事

このページのTOPへ