宮城でおすすめのお土産&スイーツとは?

  • 1229 |

宮城へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、今回は各シーンに合わせた宮城のおすすめのお土産を紹介します。

ずんだ餅

ずんだ餅は、すりつぶした枝豆を餡にして餅菓子で、南東北を中心にした郷土菓子です。家庭料理としても作られており、枝豆の餡は、味も香りも良く非常に風味が良く人気を集めています。普段食べることのない一風変わったお菓子になりますが、お茶との相性も良いため、実家へのお土産にぴったりのお菓子です。

九重(九重本舗玉澤)

九重は、仙台にある菓子屋九重本舗玉澤が販売している和菓子の飲料です。九重は柚子やぶどう、緑茶の風味の糖衣が付けられたあられ玉を器に入れ、お湯または水を注ぐと、あられ玉の糖衣が溶け、あられが浮かびあがってくる、粉末ジュースのような和菓子で、非常に珍しく見た目も味も楽しめるお菓子です。実家へのお土産や女性へのプレゼントにぴったりのお土産です。

三色最中

寿の三色最中は、宮城県の中でも銘菓と言われており、広げた3つの扇の中にそれぞれ、小豆、白餡、抹茶の餡を包み込み、丸型にして一つにまとめた最中のことを言います。北海道十勝産の小豆や白餡など食材にもこだわっており、「一つ食べても三つのおいしさ」をキャッチフレーズに販売しています。もともとは、3種類を別々の最中として販売していましたが、お客の声を参考に3つまとめてたことで、人気となった商品で、祝い事やお茶のお菓子など様々なシーンで役立ちますのでおすすめです。

ページTOPへ

「宮城」周辺の関連記事

このページのTOPへ