山形でおすすめのお土産&スイーツとは?

  • 897 |

山形へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、帰路の最後にお土産を選んで買って帰るのも楽しみの一つです。しかし、お土産といっても何種類もある中で、何を選ぶと喜ばれるかわからないということが悩みの一つです。そこで、今回は各シーンに合わせた山形のおすすめのお土産を紹介します。

山形県蔵王温泉のお土産といえば「稲花餅」

稲花餅とは、山形県にある蔵王温泉お土産として販売されている郷土料理です。稲花餅は、餡に餅を包んだものに、黄色く染めたお米の粒が飾られたお菓子となります。通常は笹の葉に2つか3つのせられた状態で販売されています。甘さ控えめのこし餡にもちもちした食感がお土産にぴったりの逸品です。

料理に合わせやすく、おいしい「玉こんにゃく」

山形県は知らない人も多いですが、こんにゃくの消費量が国内1位の県になります。その山形県では郷土料理として玉こんにゃくがあり、鍋物や煮物の中にいれたり、数個の玉こんにゃくを串に刺して醤油で味付けすることや、会席料理に使うことなど、様々な食べ方があります。山形県ではこの玉こんにゃくを袋詰にして販売しているため、誰でも気軽に持ち帰ることができます。是非、山形の店で郷土料理として食べ、家に帰ってからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

山形伝統のお菓子「のし梅」

のし梅は、山形県村山地方の代表的な銘菓で、梅をすり潰し、寒天に練り込んだものを薄くのして乾燥させ、竹皮で挟んだもののことを言います。のし梅の老舗は、山形銘菓の乃し梅本舗の「佐藤屋」が有名で、正岡子規の文献にも「山形の乃し梅」という言葉が残っています。のし梅はさっぱりとした味わいで食べやすく、日持ちが良いためお土産には最適のお菓子となります。

ページTOPへ

「山形」周辺の関連記事

このページのTOPへ