茨城に行くなら食べて帰りたい絶品グルメ

  • 1755 |

茨城へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、旅行期間中に何を食べるかも旅をおもしろくする重要な要素です。しかし、その地域でどんな料理が有名か以外にわからないことが多いのも事実です。そこで、今回は各シーンに合わせた茨城のおすすめのグルメを紹介します。

あんこう鍋

あんこう鍋は、茨城県の郷土料理で「西のふぐ鍋、東のあんこう鍋」と呼ばれる程有名な冬の鍋料理です。あんこうの旬の時期は、11月から2月までで、水温が低い時期に身が締まり、味が美味しくなります。耳に良くしますが意外と食べたことのないあんこう鍋、冬の季節に茨城なら間違いなく食べたほうが良い逸品です。

常陸秋そば

常陸秋そばは、茨城県常陸太田市が生産しているそばで、産地特有の気候と茨城の土壌を活かし、日本一品質とされています。常陸秋そばは、粉の力強さと風味の豊かさが魅力で、一度食べれば味の差がわかる一品です。茨城で何を食べようか悩んだらまずは、現地自慢のおそばを食べてみましょう。

龍ヶ崎コロッケ

龍ヶ崎コロッケは、茨城県が発祥したグルメによる街興しのプロジェクトにて発足した、龍ヶ崎市のコロッケ倶楽部龍ケ崎が販売しているコロッケです。龍ケ崎コロッケは、YAHOO!JAPANが行った地元グルメの人気投票で、茨城県代表に選ばれるほどの人気グルメです。龍ケ崎コロッケは、なめらかなクリームと細かく切ったレンコンを、サクサクの衣に包んでいるため、その食感が人気です。茨城県が総出で押し出しているこのコロッケを足を運んで食べてみる価値ありのグルメです。

ページTOPへ

「茨城」周辺の関連記事

このページのTOPへ